2010年 10月 19日 ( 1 )

f0208017_1531498.jpg

リンゴのタルトに使用した、リンゴのシロップ煮が、こちら↑
黒いつぶつぶは、バニラビーンズです♪

今回は、紅玉10個分を仕込みました♪

=レシピ=
1 お鍋に、お水1リットル、お砂糖120グラム、そして、バニラビーンズ1本を入れて沸騰させます。
2 半分にわり、芯と、皮をのぞいたリンゴを、レモン水(または、塩水)につけ、色止めします。
3 重ならないように、1の鍋にいれ、「まだ少し固いかな?」と思うくらいのところで、別の容器(タッパーなど)に移します。
4 3を繰りかえし、最後にシロップ(バニラビーンズのさやはとりのぞきます)のあら熱がとれたら、リンゴの入った容器(背の高いタッパーが便利)に注ぎます。
5 オーブンペーパーなどで、落としぶたをして冷蔵庫で保管します。

こんな感じ↓
f0208017_15315452.jpg

ちょっと甘めですが、焼き菓子にいれても、風味が飛ばず、リンゴの味もしっかり味わえるので、気に入っています。

いままで、リンゴのシロップ煮というと、大きなお鍋で一度に作っていたんですけど、
どうも、柔らかすぎたり、固すぎたり。

この方法だと、しゃりしゃりの食感が残るうえに、
果肉をカットしても、エッジがキレイなので、使える範囲がひろがります。

この方法、コチラ↓のレシピ本を参考にしました。
f0208017_1532062.jpg


リセ(フランスの高校)の職業訓練コースで使われているレシピだとか。
この本、読んでいると、フランスの食文化なども勉強になり、とても楽しい♪
サイズも手頃なので、最近、お出かけのときは、いつも鞄にしのばせています。


by casalingaa | 2010-10-19 16:43