【実家(富山)で迎えるお正月♪】

あけましておめでとうございます。
元旦に実家のある富山に家族みんなで帰省してきました。

大変でした007.gif
雪と強風の影響で,電車のダイヤが大幅に狂い,さむいさむいホームで2時間たちっぱなし。
もう,途中で何度引き返そうかと思ったことか。
それでも,子供たちの「富山に絶対に行くの~!!」という強い強い気持ちに応えるために,がんばり続けて8時間。ようやく,たどりつきました。
そう,8時間。
普段4時間あればたどりつくのに・・・。

あたりの景色は,いつも見ている景色からは想像もつかない,雪景色005.gif
さ,さむい・・・。

それでもお正月の雰囲気が暖かい気持ちにしてくれます。

富山のお雑煮は,というか,実家のお雑煮は,
にんじん,レンコン,大根,しいたけなどの山の幸をお煮しめにしたものと,
甘エビなどを煮たもの,いくらなどの海の幸,
そして,昆布をしいたなべに水をいれ,そこで水煮にした角もち
をあわせた豪華なもの。
f0208017_956146.jpg

食べ応えがあります011.gif

実家のおせちのメニューには,ほかには,
f0208017_9571914.jpg

まこの煮付けなども並びます。

『まこ』とは,魚卵のこと。
これは,真鱈のまこ。
これを,甘すぎず,辛すぎずの鰹節たっぷりのおしょうゆベースのおだしで煮たものです。
独特のプチプチ感がたまりません♪

そして,大好物のもうひと品。
f0208017_1035817.jpg

かぶらずし。
かぶ(一晩塩漬け)の間にさば(しおさばをお酢につけたもの)をはさみ,米こうじとごはんで発酵させたもの
,にんじん,ひじき,たかのつめ,ゆずと一緒に漬け込んだものです。
市販品もたくさんありますが,わがやのものは,母が漬けるホームメード。

数年前,母が,親戚のかぶら寿司名人のおばあさんのもとに,作り方を教わりにいってきました。
そして,おばあさんからレシピをゆずりうけるとともに,道具(漬物用の樽)も教えてもらったところから取り寄せ,実家のかぶらずしつくりが始まりました。

いまでは,すっかり評判の母のかぶらずし。
父と,弟も手伝い,年末にたくさん仕込みます。
どの市販品にも負けない絶品の母のかぶらずし。

本当は,私も受け継ぎたいところなのですが,こればかりは,富山の寒さや湿度あってこそのもの。
レシピだけでは,完成しない一品です。

だからこそ,わたしにとっては,本当に贅沢なごちそうです。
by casalingaa | 2010-01-03 10:32