<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今月のはじめに、
新学期がはじまってから、初!
の子どもたち2人ともがお休みの土曜日がありました。

いままで、何気なく過ごしていた週末ですが、
土&日曜日両方とも予定がないって、本当に
貴重072.gif
なこの頃です。

せっかくだから、
頑張って、金曜日の夜から
軽井沢に行ってきました。

いついっても、
何度いっても、
飽きない場所。

イチゴ狩りができました011.gif
f0208017_10551914.jpg

小粒だけど、
酸味と甘味のバランスがよくって、
本当に濃厚な美味しいイチゴでした。

お約束のツルヤでの買い出しでは、もうルバーブを買うことができました。

さっそく、ジャムにしたりいろいろ。
たくさん買ってきたので、
小口切りにして、冷凍。
使いたいときに使いたいだけ小出しに使っています。

初夏の味。

たくさん野菜も買い込んできたけど、
そうはいっても生鮮品。

名残は惜しいけど、
美味しいうちにどんどん消費011.gif

なくなってしまったら?
いつものお取り寄せ。
f0208017_10551430.jpg

今シーズンは既に2回頼んじゃいました。
↑は初回。

だんだん季節のうつろいとともに、
セットに入ってくる野菜も変わって
毎回、届いた箱を開けるの楽しみ♪

さて、
昨日、金曜日の夜。
ルバーブにささっと、お砂糖をまぶして、
市販のタルト台とカスタードクリームを使って、
「ルバーブのタルト」
焼きました。

↓焼成前
f0208017_1055397.jpg


↓焼成後
f0208017_1055748.jpg


以前の
『ルバーブのタルト♪』(http://casalingaa.exblog.jp/17887043/)
より、
ルバーブは細いものをえらび
量も少なめにしてみました。
f0208017_10575594.jpg


子どもたちにはカスタードが多めのバランスの方が、
美味しいみたい。

この爽やかな酸味を舌で感じると、
今年も夏がやってきたなぁと、
思います。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪





トマトのおいしい季節到来♪

取り寄せても取り寄せても
あっという間になくなってしまいます011.gif

f0208017_1134189.jpg

お気に入りは「アイコ」
朝昼夕の食事のおともに、
お弁当に、
おやつに、

ついついつまんでしまいます♪

ところで、
最近、我が家ではまっている食材といえば、
「イカ」
f0208017_1171746.jpg

これは、実家(富山)のお世話になっているお魚屋さんが送ってくれたイカ。
すでに皮がむいてある003.gif

包丁をいれると、
いつも買ってくるものとの違いがよくわかる。
切れる、というよりは、
はじける。
そんなぷりぷり具合。

そこで、
大好きなトマトと、
イカを一緒にご飯の上にのせていただく簡単料理
『いかとま・どん』
が、生まれました。
f0208017_114157.jpg

主人が仕事でいないある日の夕食。
ちょっと手抜きに簡単にすまそうと、
作った思いつき料理でしたが、
みんなのお気に入りに♪

というわけで
レギュラーメニューに格上げ037.gif

そんな、『いかとま・どん』

=レシピ(4人分)=
ニンニク 2かけ
オリーブオイル 大さじ2ほど

いか 2はい
白ワイン(または日本酒) 大さじ2

トマト(ミディトマト) 10個
バジル 4枝ほど

醤油 大さじ1
バルサミコ酢 大さじ1

塩 適宜
おさとう 適宜

片栗粉 大さじ1
水 大さじ1

ー作り方ー

1 イカを切ります。
(今回は、魚屋さんが丁寧に皮をむいてくれたのですが、そうでないときは、皮付きで作っています。)胴部分は輪切りに、ゲソは食べやすい様に切ります。

2 フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクをいため、1のイカをいれて、いためます。(皮をむかないイカを炒めるときは、油はねにご注意を!)

3 少しイカの色がかわったところで、白ワインをいれます。

4 3の白ワインがほぼ蒸発したところで、横半分に切ったトマトをいれます。

5 トマトが柔らかくなってきたら、枝からとって、ざくざくと切ったバジルをいれます。

6 ひとまぜし、全体がなじんだところで、お醤油とバルサミコ酢で味付けします。

7 味をみて、塩やお砂糖で味を整えます。

8 水でといた片栗粉をいれて、とろみがついたら出来上がり♪

f0208017_114595.jpg

これを、どんぶりによそった玄米の上にのせていただきます。

今回は、はじめて玄米を圧力鍋で炊きました!
f0208017_1113325.jpg

想像以上に簡単で、短時間でできました。
上手くできたしるし「カニの穴」もちゃんとできましたよ♪

こうなると、「おひつ」欲しくなりますね072.gif
最近は陶器のものとかいろいろありますが、
やっぱり木で出来たの欲しいです。

お値段もそれなりだから、
ちょっと迷うなぁ。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



by casalingaA | 2013-06-14 11:34

ようやく梅雨らしいお天気057.gif
毎日晴れてくれるのは嬉しいんだけど、
やっぱり梅雨に雨降らないと、いろいろ心配しちゃいます056.gif

じめっと空気が重たいときは、
ひんやりつるりとしたジュレでおやつタイム♪

『枇杷のジュレ』
f0208017_954508.jpg


繊細な枇杷の香りと甘味を損なうことのない様に、
ギリギリまで押さえたお砂糖。

結果、とってもフレッシュで爽やかなジュレができあがりました♪

<レシピ(4人分)>
枇杷 2パック(12〜14個分)
レモン汁 1個分
グランマニエ 大さじ1

アガーパウダー 15g
グラニュー糖 50g

水 500cc


=作り方=
1 枇杷を縦半分にカットし、皮をむき、中の種と渋皮を取り除きます。
そして、すぐにレモン汁とグランマニエをまぶしておきます。
(すぐに茶色く変色してしまいますので)

このジュレの最大のポイントがココ。
とにかく手早く!
皮を剥き、レモン汁をまぶすことです。

2 鍋に、水をいれ火にかけ、よく混ぜ合わせたアガーパウダーとグラニュー糖をいれて溶かします。
ふつふつしてきたら、1の枇杷を全部(出てきた汁も)いれてかき混ぜます。

ぐらぐら煮立たせると、灰汁がでたり、ゼリー液が濁ってしまいます。

3 火をとめて、あら熱がとれるまでそのままにしておきます。
あら熱がとれたら、器にいれて、冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

f0208017_9544886.jpg

さっぱり072.gif美味しい

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪