<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


『鶏ゴーヤ水菜の塩麹パスタ』
f0208017_9204846.jpg

子供達もゴーヤが(我慢しなくても)食べられるように、
と、苦み抜きをいろいろ工夫してみた結果、
♪スライスして冷凍♪
が一番効果あり!

子供達が大好きな塩麹味のパスタにしてみたら、
完食011.gifしてくれました。

<材料(4人分)>
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク ひとかけ

鶏胸肉(ひとくち大そぎ切り) 1枚
白ワイン(日本酒でも代用可) 1/4カップ

ゴーヤ(スライスしたもの) 1/2本分
万能ネギ(小口切り) 1/2束
水菜(ざく切り) 1/2袋分

塩麹 大さじ2

パスタ(スパゲッティーニ) 320g

<作り方>
フライパンにオリーブオイルをいれて、火にかけます。
粗く刻んだニンニクをいれて、香りがでてきたら、
一口大に切った鶏胸肉を入れて炒めます。
鶏肉の表面が白くなったところで、白ワインを入れます。
アルコールが飛んだところで、
ゴーヤ(スライス)、万能ねぎ(小口切り)をいれ、
鶏肉に火が通ったところで、
水菜、ゆであがったパスタ、塩麹をいれて
火を止め全体になじませるように混ぜます。

出来上がり♪
そうです、味付けは塩麹のみ。

数ある調味料のブームはあれど、
これほど定番化した調味料はないほど、
我が家でもいまだに大活躍中の塩麹。

いろんな塩麹を試してみたけれど、
塩分や、うまみの具合はメーカーによってまちまちです。

なので、お使いの塩麹によっては、使う分量を増減してくださいね。

我が家は、ニンニク+オリーブオイル+塩麹は、鉄板コンビネーション。
つけこんだり、炒めたり、かけたり、いろいろ。

みなさんは、どんな風にお使いでしょうか?
今度、イタリアに住む親友に会いにいくときは、
絶対、塩麹かついでく!と心に決めています006.gif

もう8月も残りわずかなのに、この暑さ。
簡単で涼しく調理ができるものが、多い我が家の献立。

『お豆腐とアボカドのサラダ』
f0208017_9205199.jpg

は、絹ごし豆腐と、アボカドを並べたら、
黒こしょうをぱらぱら散らし、

バルサミコ酢を軽く煮詰め、
お醤油をいれて作ったソースをかけます。

さっぱり♪
この時期しっかり冷えた白ワインにピッタリです。

『とうもろこしご飯』
f0208017_9205686.jpg

トウモロコシから実をそいで
残った芯も一緒にお米と炊き上げただけ。
味付けは塩少々のみ。

ほっこりと、甘く美味しいご飯です。

デザートもなるべく涼しく作っていただけるものを。
『いろいろぶどうのゼリー』
f0208017_9205416.jpg

子供達のお手伝いは、デラウエアの皮と実をわけること。
デラウエア、巨峰、マスカットなどをいれて
ブドウジュースと白ワイン、板ゼラチンで作ったゼリー液とあわせて
固めただけです。
お砂糖なし。

シンプルに美味しい。
旬のお野菜&フルーツに感謝です☆

☆☆☆ところで、鍋フライパンを見直し中です☆☆☆

テフロン加工のフライパンって、
2年に一度くらいどうしても買い替えの時期がきますよね。

それが、どうにも納得がいかない。

道具は長く手を入れて使いたい性分なので。

だって、その他の
鉄や、ステンレス、鋳物ホーローのものは、
結婚したときに買ったもの達がまだまだ使えるのに、

テフロン加工のフライパンはいったいどれだけ買い替えたことか。

もともと、テフロン加工のものは、
加工がはげていくものなのだけれども、
そのはげた部分は知らないうちに食べてるわけで、
と、考えると、さらに複雑な気が。

というわけで、現在、テフロン加工のフライパンを封印。
もともと買い替えの時期にきていたのですが、
今回は、テフロン加工のものではなく、
鉄製または、ステンレス製のものに買い替えようと思っています。

ステンレス製のものは、
いよいよ!
満を持して!
ALL-Clad社製のものを少しずつ揃えていこうと、思っています。

今年の年末は西海岸で過ごす予定なので、
いい出会いがあるといいなぁ。
(円高状態続いてるかしら)

そして、鉄製のものは、南部鉄器が欲しい☆
鉄瓶とかも。

というわけで、いろいろ検討中です。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




by casalingaA | 2012-08-28 10:03

軽井沢からお取り寄せした
新鮮で、
美しく、
パワフルな野菜たち。
f0208017_1593732.jpg


ルバーブは早速タルトとコンポートに。

タルトは、
cuocaの「cuocaらくらくクッキータルト台18cm」

「カスタードクリーム(アッシュカスター・プレーン)300g」
を使って、簡単に。

f0208017_1594088.jpg

ルバーブは小口切りしたあと、
お砂糖をまぶして10分ほど。

タルト台にカスタードを敷き込み水分を切ったルバーブをのせて
200℃のオーブンで焼き上げます。
f0208017_1594332.jpg

表面にうっすら焼き色がついたら出来上がり。

f0208017_1594566.jpg

ルバーブの甘酸っぱさと、カスタードのミルキーな甘さはとっても相性がいいですよ。

旬なタルトです♪

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



by casalingaA | 2012-08-21 15:16

あまりの暑さと、
節電もあって、
すっかりご無沙汰の、焼き菓子作り。

でも、美味しく美しいフレッシュブルーベリーを
お取り寄せしたので、
久しぶりにオーブン使いました。

レシピは、ローズベーカリーのレシピ本から。
『Breakfast, Lunch, Tea: The Many Little Meals of Rose Bakery』
f0208017_15294959.jpg

(イメージはAmazonより)

丸の内に行くたびに、
お店をのぞくんですけど、
いつもいっぱいで・・・。
まだ本物というか、
どういうお味なのか知らないんですけど。
とりあえず、作ってみました。

ローズ・ベーカリーのコンセプトであろう、
「シンプルでナチュラルで家庭的」
という言葉がピッタリのレシピ。

私のは、洋書版の本なので、
日本語訳版のレシピには
どう書かれているのかわかりませんが、

大さじ大盛りで1、とか、
ひとつかみ、とか、
分量の表示も家庭的な感じ。

海外のレシピですが、
お砂糖とか、バターの量とかを気にせずにそのまま作れました。

レシピ通りに、丸型。
f0208017_15252742.jpg

f0208017_15252359.jpg

f0208017_15253584.jpg



私は、スコーンは三角形が好きなので、
f0208017_15253250.jpg

f0208017_15252158.jpg


コーンミールが入った生地なので、
ザクざくっとした食感が美味しい!
好き011.gif

温かいうちは、メイプルシロップと一緒に。

翌朝は、生クリームと一緒に♪
f0208017_15252578.jpg

朝から?

はい、朝ごはんです。

暑い日の朝って、もう、朝から甘いものが食べたくて。

そういえば、南イタリアに住む友人が、
夏の暑い日の朝は、ブリオッシュにジェラートはさんで食べるって言ってたなぁ。

ということで、
f0208017_15252955.jpg

こういうのを朝から頂く日も。
寒天にオレンジ。
寒天はただ固めただけのものなので、
好みで、黒蜜や、梅シロップをかけます。

私の勝手なルールですが、
フレッシュフルーツだけは、
どういう形であれ、
毎朝食べる!

これだけ決めて朝ごはん作るこのごろです。



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



by casalingaA | 2012-08-02 15:55 | 焼き菓子