<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

PLAZAにふらっと。
ここに入ると、絶対手ぶらでは帰れない場所。
最近は、娘ともよくくる場所と、なりました。

今日も、息子の幼稚園の間に、ふらっと二人で、
というより、吸い込まれるように?二人で。

で、買ったもの1
迷いなく、カゴにいれてました。
迷ったのは2つにするか4つにするかぐらい037.gif
結局4つ買いましたけど。
f0208017_11312822.jpg

これ、お弁当箱なんですよ。

あ、ちなみにBPAってみえるBPAとはですね、ビスフェノールA (bisphenol A) の略です。
いわゆる環境ホルモン(正式には「内分泌攪乱化学物質」)とよばれるもので、人体に害があると言われています。
が、真偽は現在も研究中のようです。
ただ、EUでは、哺乳瓶の材料にBPAを使用することは禁止されていたりして、注意したいものであることには、間違いないようです。
それが、斜線でけされたマーク。つまりは、BPA不使用ということ。
こういうのって安心ですね。

と、同時に、こういうマークをみかけると、意識の高さみたいなのを感じますね。
欧米社会というか、企業の。

ふたがねじ式なので、汁物もいれられます。
さらに、それほど完璧ではないようですが、保冷&保温効果もあるみたい。

ひゃ〜。

つぼにはいりました。

アメリカでクレヨンといえばコレ「Crayola」
それが、モチーフなんて072.gif
幼稚園&学校のランチにピッタリ!

ねじの部分が比較的浅いので、5歳の息子でも開けたり閉めたりが簡単です。
そこもポイントでした。

あと、これ、重ねられるんですよ。
容器の底がクレヨンの先の部分とうまく重なるようになってます。

これで、どんなお弁当つくろう♪なんて、考えてます。

お買い物2
f0208017_11313125.jpg

一緒にメラミン製のフォークとスプーンも購入。
2学期は運動会もあることだし。

しっかりしたつくりで、しかもカラフル♪
長さもお弁当にはちょうどいい感じです。

お買い物3は、WAXペーパー。
f0208017_11313491.jpg

このクマは!そう、ミセス・グロスマンスのステッカーのクマさんです。

なに包もう♪

お買い物4
f0208017_11313693.jpg

娘のおやつリクエストのドライキウイ。
甘酸っぱい。フレッシュなキウイのおいしさとはまた別の美味しさです。
毎日のおやつにするには、ちょっとお値段が。
おねだりされて買うには、安心のおやつです。

お買い物5
f0208017_11314048.jpg

爪をきれいにするアイテム。

すご〜くきれいになります。
ピッカピカです。

楽しくなるほど。

ネイルをしない私ですが、手先が放置された状態は、どうかと。
これだと、ちょうどいいかも。

娘も使っています。

でも、一番つかってあげたい人は、実は主人だったり006.gif
爪とか手肌がきれいなひとは、仕事できそうでしょ?

さてさて、で、お店を移動。
次は、「私の部屋」

これ↓「前から欲しいなぁって、思ってるんだけどね」
f0208017_11314433.jpg

と、娘に言ってみたら、「カワイイ!買いなよ〜♪」
と言ってくれたので、購入。

ちょっと背中を押してもらいたかったんです♪
お月見の頃に、和菓子と一緒に登場させたいなぁ。

あとは、手ぬぐい
f0208017_11314870.jpg

秋デザインのものを。

お洋服だけじゃなく、雑貨も秋を感じさせるものがメインでした。
大好きなショップのディスプレイを参考に、そろそろ我が家も模様替え。
by casalingaA | 2011-08-31 12:09
赤ワインの原材料にもなるベリーAとキャンベルを使って、贅沢なぶどうシロップを作ってみました。

お水で割ってジュースにしたり、
ヨーグルトにかけて食べたり、
かき氷のシロップにしたり、
などなど、便利です♪

あ、お料理にもいけますよ。

チーズと一緒に食べたり、
赤ワイン、バルサミコ酢と一緒に火にかけてお肉のソースにもなります。

今日は、カルピスで割ってみました。
f0208017_16554088.jpg

ん〜なんだかゴージャスな?カルピスです。
実も入っているので、食べ応えもあります。

作り方は、少々手間のかかるお仕事ですが、一度この味を知ってしまうと、またつくろう!という気になりますよ♪


=レシピ(約1リットル分)=
(材料)
ベリーA(種無し) 2房
キャンベル 2房
グラニュー糖 100g
レモン汁 大さじ2

(作り方)

1 ベリーAの皮を剥きます。ボールの上で作業し、皮を剥くときにでたジュースを受け止めてください。
2 鍋に、キャンベルとグラニュー糖、レモン汁、1ででたジュースをいれて火にかけます。
3 ふつふつしてきたら火をとめ、ざるでこします。
4 シロップが濁ってしまうので、ぎゅうぎゅう押さないように。
5 ざるに残った実から、皮と種を取り除き、皮をむいたベリーAとともに保存瓶にいれ、シロップをそそぎ、完成です。

シロップだけだと、こんな感じ↓
f0208017_16554348.jpg

ここに、炭酸水をいれて、
f0208017_16554614.jpg

贅沢グレープソーダの出来上がり♪

キャンベルもベリーAも色が濃く、甘みの強い品種です。
だからこその、シロップ。
香りがつよく、とてもきれいな濃い紫色。

あ〜秋がちかいなぁ。と感じるお味です。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪

どうぞよろしくお願いします072.gif

by casalingaA | 2011-08-29 17:18
f0208017_10112222.jpg

なんだかまだまだバケーション気分の抜けない毎日です♪
というよりも、抜けたくない?気持ちが強いのかも037.gif

でも、そうもいっていられない、8月最後の日曜日。
夏休み最後の日曜日072.gif

もう、終わっちゃうのね。
と、子供たち以上に残念がっているのは、私だけだったりして006.gif

そろそろ目覚ましの時間を早めに戻さなくては。

そんな今朝の朝ごはん。

DEAN & DELUCAの全粒粉パンケーキミックスを使って、
『マンゴーヨーグルトパンケーキ』

パンケーキミックス 1と1/2カップに対して、
プレーンヨーグルト 1カップ
お湯で戻して細かく切った ドライマンゴー1/2カップほど
と、溶かしバター 大さじ1

を混ぜてつくったパンケーキ生地。

粉糖のみをふって、シンプルにいただきます♪
f0208017_10112695.jpg

焼きたては、ヨーグルトの爽やかな酸味が漂います。
ヨーグルトの甘酸っぱい感じと相性GOOD049.gif

フレッシュフルーツ(黄桃とスイカ)も一緒にお皿にのせてみました。
アイスティーをお供に。

ほかにも、梨にぶどうに、キウイフルーツ。
どっさりのフレッシュフルーツをテーブルに並べたら、とってもカラフル♪
朝から元気いっぱい♪な感じです。

主人がひとこと。

『リゾートホテルの朝ごはんみたい。』

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪

よろしくお願いします056.gif

f0208017_128113.jpg

今日は、父のお誕生日067.gif

今夏は、一緒にバケーションを過ごしたので、帰省しませんでした。
というわけで、焼き菓子をクロネコさんに託した次第です♪

『トロピカルパウンドケーキ』
は、トロピカルフルーツをたくさん混ぜ込んだパウンドケーキ。
マンゴー、ココナッツ、パイナップルがはいっています011.gif

バターではなく、植物油をつかったケーキなので、とっても素朴な風味に仕上がりました。
甘さもかなり控えめです。

切り分けるときに、マンゴーやココナッツの繊維がでてきてちょっと面白いですよ。
お好みで、水切りしたヨーグルトで作るヨーグルトクリームなどを添えても049.gifです。

それでは、レシピを。


=材料=
(アルミケース8cm×15cm3個分)

ドライマンゴー 100g
フレッシュマンゴー 1個

(粉類)
薄力粉 330g
砂糖 100g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
塩 小さじ3/4
ベーキングソーダ 小さじ1/2

(液体類)
サラダ油 1/4カップ
卵 2個
パイナップルダイス 100g

ココナッツロング(加糖されてないもの) 100g


※フレッシュマンゴーはアップルマンゴーなどの大きい方の種類です。黄色いペリカンマンゴーを使うときは、2個使ってください。
※パイナップルダイスは、cuocaさんで購入したものです。パイナップル缶でも代用できますが、その際は水気をしっかりきって使ってください。

=作り方=

(下準備)
オーブンを190度に予熱しておきます。
ドライマンゴーは、熱湯に30分つけて戻します。
フレッシュマンゴーはピュレにしておきます。
(フードプロセッサーが便利ですが、包丁でたたいても大丈夫です。)

1 粉類をすべてあわせてふるっておきます。
2 フレッシュマンゴーのピュレ、パイナップルダイス、オイル、卵を混ぜ合わせておきます。
3 1を2にいれてまぜます。
4 3に、戻したドライマンゴーを細かくきったものと、ココナッツロングを加えます。
5 30分ほど焼きます。
出来上がり♪
f0208017_1275714.jpg


今回は、プレゼント用にアルミケースで焼きましたが、もともとは22cmくらいの大きめのパウンドケーキ型で1つ分のレシピです。
大きく焼くと、中がとってもジューシー。
なので、大きく焼く方がオススメなんです、実は。

f0208017_128644.jpg

プレゼント用にラッピングして、クロネコさんに。
まだまだ暑いので、クール便でお願いしました。

喜んでくれるかな?

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪

よろしくお願いします053.gif

by casalingaA | 2011-08-27 12:36 | 焼き菓子
f0208017_1485814.jpg

夏の日の夜ごはん。

具沢山パスタサラダ
f0208017_149244.jpg

と、

レモンチキン
f0208017_149694.jpg



そして、
ゴーヤのピクルス
f0208017_1485289.jpg


パスタサラダは、
なす、オクラ、トマト、モッツアレラチーズ、バジルを、
オリーブオイル、ホワイトバルサミコ酢、塩、コショウであえた
シンプルなサラダ。

なすは、揚げずに、片栗粉をまぶしてゆでました。
手間と、カロリーをオフ♪

パスタは、その形の可愛さに思わず買ってしまったかぼちゃのショートパスタ。
ここのパスタはほんとうに大好きで、つい買ってしまいます。
(わたしは、いつもは、DEAN & DELUCAか、そごう大宮で買っています。)

レモンチキンは、
ささみを開いて平らにしたものを、オリーブオイルと塩こしょうでソテー。
7割くらい火が通ったところで、白ワインを多めにいれて、おろしニンニクとパセリを入れて蒸し焼きに。

最後にレモン汁をまわしかけて、できあがり。

ほんとうは、チキンに軽く小麦粉をはたくことによって、ソースにとろみがつくのですが、
面倒だったので、仕上がったチキンをお皿に移した後に、
「とろみちゃん」(顆粒片栗粉)を直接いれて、とろみつけちゃいました。

レモンの酸味で、さっぱり♪

気づいてないとおもうわ。
私以外の家族は。
小麦粉と片栗粉の違いに037.gif

お供は白ワインで。
ゴーヤのピクルスが、おつまみ。ヘルシーですね。

お酒は、最近、毎晩グラスでいただくことになってます。
ワインもそうですが、最近おうちカクテルに凝っていて、ついに、シェーカー買ってしまいました。
使えるのかな、わたし。

あ、炭水化物控えめの夜ごはんがコンセプトなんですよ。
というわけでパスタサラダのパスタもちょっと少なめにしてみましたよ。
バゲットもなしです。


by casalingaA | 2011-08-26 14:23 | ITALIAN
f0208017_16231590.jpg

シンガポールで毎日毎食飽きることなく、トロピカルフルーツを食べ続けた私011.gif
あ〜、はやくも禁断症状。

見かけるとつい、買ってしまいます。
今日も、COSTCOでマンゴー買ってきました♪

ところで、ライチ味のデザートは、本当にはずれがなかったシンガポール。
ライチのソルベ、キャンディー、ジュース、クッキー、などなど。
こんなにバリエーションがあるんだぁと、新しい発見でもありました。

お家でもつくってみよう♪
そう思ったのは、cuocaさんのサイトで、ライチシロップと、ライチピューレを発見したから。

さっそくムース仕立ての、『ライチプリン』作ってみました。


=レシピ(カップ6個分くらい)=
ライチピューレ 120g
グラニュー糖 40g
板ゼラチン 6g(マルハニチロのゼラチンリーフ4枚使用)
生クリーム 200cc(35%のもの)
牛乳 200cc
ライチシロップ 少々

(飾り用)ライチのシロップ漬け(缶詰のもの) 少々
ライチシロップ、または、ライチリキュール(DITA使いました)


作り方
1 板ゼラチンをたっぷりの水でふやかしておきます。
2 3分の1量のライチピューレと、グラニュー糖、1のゼラチンを小鍋にいれ、火にかけゼラチンとグラニュー糖を溶かします。
3 2のあら熱をとってから、残りのライチピューレと、牛乳を加え混ぜます。
4 生クリームを8分だてにし、3と混ぜ合わせます。あればライチシロップも少々加えます。
5 氷水をあてて、とろみがついたら、器に流し冷蔵庫にいれます。
6 固まったら、ライチの実をのせ、ライチシロップまたは、リキュールをかけて出来上がりです。

ライチは、乳製品とも相性がいいんだなぁ、てちょっと発見でした。
ババロアとかムースのようなんですけど、とっても爽やかな味&香り。
暑いとき058.gifにはぴったりです049.gif

上品な香りと甘さは、お持たせにも向いているかも。
フレッシュなライチはつかってないので(残念ながら)、いつでも思いついたら作れるし♪

f0208017_16231159.jpg

ちなみにこちら↓は、シンガポールで食べた杏仁豆腐。
ライチが入っていてすご〜く爽やかな上品なお味。
スパイシーなもの(チリクラブ)をたべた後だったので、さっぱり♪
f0208017_16504647.jpg



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪

よろしくお願いいたします053.gif

f0208017_138376.jpg

またイチジクを2パック買ってきました♪

なんだか例年より安くて実も大きな気がするんですけど、気のせいかな?

今回は白ワインをベースに紅茶の風味をつけたシロップでコンポートにしてみました。

シロップが薄い色なので、イチジクも湯通ししてアクでシロップが濁らないようにひと手前かけて(^^)

=レシピ=
イチジクの上のへたを切り落とし、さっと湯通しし、縦に4つ割にします。

白ワイン200ccと水200cc、紅茶のティーバッグ1つ、レモン汁大さじ1、グラニュー糖100gを鍋に入れて火にかけます。

沸騰したらイチジクをいれ、2分ほど火にかけたら、火を止めて落し蓋をし、そのまま室温で冷まします。

その後は冷蔵庫へ。

赤ワイン煮よりも、よりイチジクの風味を感じることができます。

なのでそのまま食べたり、ジュレ仕立てでいただこうと思います♪



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪

ヨロシクお願いします♪

スーパーマーケットにフレッシュなイチジクが並ぶ季節になりましたね。
大好きなフルーツのひとつです。

どちらかというと、そのまま食べるよりは、赤ワイン煮のように加工して食べることが多いです。
さっそく、ささっと作れる赤ワイン煮を。
f0208017_16465136.jpg

赤ワイン250ccとブラウンシュガー80g、シナモンスティック1本に、ホールクローブを4〜5個、そして、イチジク8個(2パック)を縦に四つ割りにしたものを小鍋にいれて、汁気が半分くらいになるまで、ことこと煮詰めてできあがりです。

この状態で冷蔵庫にいれておけば、そのまま食べてもいいですし、マフィンなどの焼き菓子にも入れられます。

使い方いろいろにしたいので、お砂糖は控えめです。
甘いのがお好きな方は、もしかしたら、上の分量だと物足りないかも。

夕食後の後片付けをしながら作って、冷蔵庫へ。
翌朝は、ブランフレーク&グラノーラの上に、自家製のヨーグルトをのせて、そのうえにトッピング。
f0208017_16464636.jpg


ヘルシーな朝ご飯があっと言う間に出来上がります♪


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪
よろしくお願いいたします♪

f0208017_16261897.jpg

今日のおやつは、KALDIで見つけた『ヨーテボリー ABCビスケット』。
スウェーデンのお菓子のようです。

原材料は、こんな感じ↓
f0208017_16261740.jpg

原材料名から想像できるように、お味はとっても素朴。

パッケージの可愛さもさることながら、我が子たち好みだな。と思ったので購入♪
KALDIで。

思った通り、子供たち、喜んでくれました。
食べ物で遊んじゃいけません、ってい言い難いおやつですね006.gif

まずは、自分の名前、それからお友達の名前、知っている単語と、お皿に入ったビスケットで遊びながら食べてました。

その他にも、今日は久しぶりにKALDIでお買い物。
f0208017_1636148.jpg

キューバのマンゴージュース
南アフリカのライチジュース
イタリアのシュガーパイ
を買いましたよ。

いろんな国のものがみられて楽しい場所です♪
by casalingaA | 2011-08-22 16:40
夏のバケーションから帰ってきました004.gif
f0208017_12514999.jpg

今年も昨年と同じ、シンガポールへ行って参りました♪

帰ってきたらまず、お洗濯006.gif
ですが、この暑い058.gif暑い058.gifお天気に大量のお洗濯もあっという間に完了です。このときばかりは、ありがたいお日様パワー058.gif

しかしながら、暑い042.gif日本。

シンガポールの方が赤道に近いはずなのに、日本の方が断然暑い058.gif
どうして?

現地で見ていた天気番組では、日本はジャカルタよりも暑く、アジアいち暑い国でしたよ。

さて、お洗濯の次は、お土産の整理056.gif
というわけで、旅のおはなしの前に、今回の買ったもの(お土産)をご紹介。

どこへ、旅しても必ず我が家が訪れる場所『スーパーマーケット』
シンガポールでは、Cold Strageというスーパーマーケットによく行きました。
f0208017_1249064.jpg

タイ米、サテーKit、ラクサKit。
お家で簡単に現地の味が楽しめるKitはとっても便利。
子供たちはサテーが大好き011.gif
そして、私は、ラクサが大好き011.gif

f0208017_1249544.jpg

スパイスいろいろ。シンガポールものではないですけど、ここのブランドのものは在アメリカ時代(WholeFoodsで売ってました)から気に入って使っているので、買い足しです。

日本でも手に入るnutellaですが、使い切りのサイズは未発売のよう。
これ、娘のお気に入りのお弁当アイテムなんですよね。

ココアパウダーはUSS(ユニバーサルスタジオシンガポール)前にあったHERSYESショップで。
f0208017_1249442.jpg

これは、同じくHERSYESショップで買ったエコバッグ。
f0208017_1249290.jpg

カヤジャムは、ラッフルズホテルのものと、ローカルブランドのものを味比べ。
クッキーは、いかにも!なお土産に。
f0208017_12494155.jpg

日本のお菓子のハイチューは、ライチ味と、マンゴー味を。
今回、いろいろなところで、ライチ味のデザートやお菓子をいただきましたが、ライチ味のお菓子ははずれが少ない気がします。

あと、スーパーマーケットで買ったものには、食器洗浄機用の乾燥仕上剤があります。
日本ではとっても割高なので、こればかりは、海外にいったときにほぼ1年分まとめて購入してきます。液体なので、重いし扱いも注意が必要なんですけど、これがない生活はちょっと。

それから、それから、
f0208017_12485671.jpg

日本でも手に入るようになったTWGのお茶ですが、お店でお茶した時に、焼き菓子と便利なティーバッグを買ってきました。
飛行機の中で子供たちが眠った後に、ゆっくりティーブレイクする予定でしたが、私たちも爆睡してしまったので、お家で。

現地では感じなかったのですが、日本に帰ってきてから味わうシンガポールのお菓子は、甘みが強い気がしました。気候の差ですね、きっと。

f0208017_12492340.jpg

ぬいぐるみが大好きな子供たち。
どこかに出かける度に増えていく・・・。

ナイトサファリのショップで、今回ちゃんと見ることのできた動物のなかからセレクト。
というわけで、トラと、ぞう。
ちなみに、トラが娘セレクト、で、ぞうが息子セレクト。

トラ(タイガー)といえば、
f0208017_12493668.jpg

今回はタイガーバームも買ってきました。
白と赤の2種類あるのご存知でした?

赤い方は、効能がパワーアップしたタイガーバームです。
日本で売られているタイガーバームは日本人向けに処方されたものらしいですよ。
なんだか、ものすごく効き目のありそうな感じしません?
においもすごいですけど。

f0208017_1249277.jpg

あ、ナイトサファリでは、こちらの↑プラスチックカップも買いました。
子供たちの歯磨き&うがい用コップに。

f0208017_12495938.jpg

クロックスショップにて、子供たちのネームタグ購入。
子供たちはかつての事故をいまだに怖がっていて、サンダルは嫌がるんですよね。
なので、我が家、子供たちは1足もクロックス持ってないんです。
でも、そんな子供たちも、あの、たくさん種類のあるチャームは大好き。
ふと、みたら、クロックスって、サンダルだけじゃないんですね。
小物なら楽しめる!というわけで、今回はネームタグを購入。
3つまで、好きなチャームを選んでよし!としたら、子供たち、ずいぶん時間をかけて、選んでました。
結局、娘は暗くなったら光るタイプのチャームで自分の名前を。
息子は、衝撃を与えるとピカピカ光るタイプのチャームですきなキャラクターを。
選んできました。

スーパーマーケットと並んで、外せない我が家のお買い物プレイスは、『ブックストア』
今回はあまり時間がなくて残念でしたが、こちら↓を購入。
f0208017_12494813.jpg

左は、シンガポールのローカル雑誌。
教育ネタ満載です。教育熱心な国の雑誌らしく、すごく読み応えがあります。
右は、子供用の英語の教材本。
やはり、教材の本も、とてもとても充実していました。
うらやましい限り。
f0208017_12495388.jpg

そして、ジェイミーオリバーの雑誌。
こういうのだしてるんだぁ〜。と思って購入。
全般にいえることですが、シンガポールで西洋のものというと、アメリカではなく、英国や、オーストラリアのものをさすようです。
料理関係も、イギリスやオーストラリア出身のシェフたちのものが多くみられました。
f0208017_12485671.jpg


f0208017_1249999.jpg

これ、買ったものじゃないんですけどね、番外編で。
スパイシーなものが多いシンガポール。
バーガーショップなどでは、ケチャップのほかにも、チリソースもおいてあるのが一般的みたいです。
そうそう、ケチャップは、トマトソースと表示されていることがほとんどでした。

以上、我が家のシンガポールでのお買い物でした。

今回は、セントーサ島のリゾートホテルに滞在していました。
毎日毎日、大量の汗をかきながら遊び、プールではしゃぎまくる、毎日。
ときには、子供たちよりも遊ぶことに真剣になってたりして037.gif

そうした時間をすごしていくうちに、ちゃんとした格好をして、お買い物に出かけるのがめんどくさくなっちゃって。
だったらもっと、あそぼう!ってことに。

というわけで、おもに、スーパーマーケットばかりのお買い物なのでした♪
by casalingaA | 2011-08-18 15:06 | travel