<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『夏休み子供達と一緒につくるおやつ♪』第2弾011.gif
『懐かしい味056.gifみかんゼリー』
f0208017_15502149.jpg


=レシピ=
(材料)
オレンジジュース 1缶
みかんの缶詰 1缶
粉ゼラチン 1袋(5g)

(作り方)
1 オレンジジュース50ccに粉ゼラチンをふり入れてしとらせます。
2 残りのジュースにみかんの缶詰のジュースを足して250ccにします。
3 1を電子レンジ(500W)で30秒温めます。
4 3に2のジュースを足します。
5 缶詰のみかんをプリンカップに入れて、4のゼリー液を流し入れます。
6 冷蔵庫で冷やし固めてできあがり♪
f0208017_15505646.jpg




今日も混ぜるだけ♪の簡単レシピ。
さすがに簡単すぎて、娘はちょっと物足りなさそうでしたけど。

これは、ガスもオーブンも使わないので、子供だけで挑戦するにはいいかも。

ジュースはお中元でいただいたセットから。
まだまだいろいろな種類のジュースがあるよ。
こんどは、子供達にまかせてみようかな。


f0208017_1518134.jpg

娘のサマーキャンプが終わり、いよいよ本格的にはじまった我が家の夏休み058.gif

この夏はできるだけ、子供達とおやつ作りを楽しみたい056.gif
『夏休み子供達と一緒につくるおやつ♪』第一弾003.gif

〜リコッタチーズケーキ〜
=レシピ=
材料
リコッタチーズ 250g
砂糖 120g
卵 3個
薄力粉 40g
牛乳 200cc
レモン汁 小さじ2
バニラエクストラ 少々

作り方
材料をリストの上から順番に混ぜていき、180℃に予熱したオーブンで50分ほど焼いて出来上がり。


f0208017_15181758.jpg

(ちょっと焼き色つきすぎました002.gif
リコッタチーズ100%のチーズケーキを一度作ってみたかったんです♪

水分の多いケーキなので、高さはありませんが、
し〜っとりと、とろける食感。
さっぱりと軽いチーズケーキです。
「ひとりでホール食べれるかも♪」by娘

どんどん混ぜて焼くだけ。簡単です♪

混ぜるところと、卵を割るところを、子供達にやってもらいました。
息子が卵を割った瞬間に、顔に卵白が飛び散ったりと、
どんなに簡単なレシピでもハプニングが起こってしまう、子供達とのおやつ作り。

夏休みだからこそ、できること072.gif


by casalingaa | 2011-07-27 15:46 | 焼き菓子
先日、5歳になった息子のためのBirthday Cake067.gif
f0208017_1461043.jpg

生クリームが苦手な息子。
昨年までは、バナナケーキをアレンジしたものでした。
昨年のケーキはコチラをご覧ください。
 http://casalingaa.exblog.jp/14220643/

そんな息子からのリクエストはまさかのショートケーキ。
どうやら、キャンドルがささった丸い型のものが希望のようです。

というわけで、生クリーム少なめの、ケーキをつくってみました。
フルーツをたくさん飾って、ゴージャスに♪

f0208017_1453041.jpg


ケーキ土台は、粉の配合をすこし多めにわざと硬めに焼き上げたジェノワーズです。
型は、21cmラウンドタルト型を使用しました。
この型は、型の底部が1cmほど上げ底になっていて、ひっくり返すと、くぼみのあるケーキが焼き上がります。このくぼみのおかげで、フルーツを山の様にのせても、滑り落ちません。

桃をカットしたときにでたジュースは、シロップとナパージュに、
形のくずれた桃はピュレにして生クリームとあわせました。
そう!全体的には、息子の大好きな『桃』風味のケーキです。

これでもか、とのせたフルーツは、
桃、キウイフルーツ、レーニアチェリー、ブルーベリー。
初夏のくだものがいっぱい。

食用バラで特別な日のデザートに♪

この日は、主人の両親&私の母も出席してくれての、お誕生日会。
久しぶりに、テーブルもキレイにセッティングしてみました。
f0208017_1453564.jpg

今回のテーマは『海』
f0208017_1462762.jpg


f0208017_1462491.jpg

娘が折った折り紙をネームプレートに。
お箸置きは珊瑚です。

f0208017_147817.jpg

「Sillybandz」(マリンパック)をグラスマーカーのかわりに。

f0208017_1412952.jpg

この日の乾杯は、『海』のイメージで選んだ
"Blanc de Bleu"(ブランドブルー)という名の、青いスパークリングワイン。

ボトルが青いのではないですよ。
スパークリングワインそのものがとても綺麗なブルーなのです♪

f0208017_1464826.jpg

お料理の方は、キッチンのカウンターに大皿を並べて、各自で取っていただくバイキング形式にしました。
メニューは、
丹波産黒豆の枝豆
豆腐とトマトのカプレーゼ風サラダ
こぶじめサラダ
人参しりしり
唐揚げ
ひとくちおにぎり
でした。

とってもよい時間を過ごすことが出来ました。
やっぱりホームパーティーって(準備も含めて)楽しいな。
と、再確認。

f0208017_1601768.jpg

梅シロップと、
ジンジャーシロップを、作りました♪

あぁ、シロップの綴りが違う002.gif
正しくは、syrupです。

これも、きっと暑さ058.gifのせいに違いない。
(ということにしておいてください。)

どちらも、なかなかの出来映え♪
(なのに、ラベルがお粗末なことに)
しかも、簡単。

梅ジュースの方は、南高梅をいったん凍らせてから、
保存瓶に氷砂糖と交互にいれて、放置。

1週間で完成。

毎年、きび糖でやっていたんですけど、きび糖でやると、梅がしわしわで、食べることができない状態になります。(多分、梅のエキスが出やすいからだと思うんですけど。その分、シロップは濃厚な梅味ですが。)
でも、氷砂糖だと、適度にしわしわで、食べられる!

非加熱なので、多少アクというか、渋みはありますが、美味しい♪

朝起きたら1個。
外から帰ったら1個。
と、いただいています。元気でます!

氷砂糖でつくるシロップは、きび糖でつくるものよりも、スッキリ072.gifしたお味。
こちらのほうが、子ども達には好評でした。

ところで、この暑い058.gifなか、球技大会ということで、炎天下でドッチボールをするという娘。お友達は、水筒の中身をスポーツドリンクにするらしいのですが、娘はスポーツドリンクが飲めない007.gif(嫌いなんですよね)

麦茶ばかりじゃ、バテるかな?
と思って、2本持っていく水筒のうち、1本は、麦茶。1本は梅ジュースにしてあげました。

氷をたくさんいれた保冷のきく水筒にいれていったので、ちょっと薄めに調整。
濃いと、また喉かわきますものね。

これで、パワーチャージしてもらいましょう。
クエン酸効果期待してます!

そして、ジンジャーシロップの方は、新ショウガだからこそのほどよい辛みの大人のシロップ。

皮をむいた新ショウガを、フードプロセッサーで細かくし、
グラニュー糖と、水を加えて、一煮立ち。
蜂蜜を加えて、少し煮ます。
最後にレモン汁を加えて、一煮立ちしたら、ざるで濾して完成です♪

レモン汁を加えると、シロップがさぁ〜っとピンク色になるんですよ。
科学の実験のようです。

残ったショウガも、もう一度お鍋にもどして、好みの量の砂糖を加えて煮ます。
ジンジャージャムの出来上がりです。

あ、ところで、今回、こういうの↓使ってみましたよ。
f0208017_16293156.jpg

OXOのジンジャーピーラー。

これ、すごく、良かった!
OXOシリーズはわたし的には、はずれがないし、デザインも好きなので自然と集まるんですけど、新しい仲間が増えました♪

きれ〜いにショウガの皮がこそげます。
そう、こそぐんです。むくんじゃなくって。

オススメです。

ジンジャーシロップに、ライム果汁と、炭酸水を加えて作る、
自家製ジンジャーエール
f0208017_1603746.jpg

汗をたくさんかいた後に、程よい辛みがスッキリした気分にしてくれます。

ほんとうは、ミントいれたいんですけどね、最近スーパーマーケットで見当たらないんです。
仕方がないので、先ほどお取り寄せしちゃいました。

ハワイのファーマ−ズマーケットで売ってるような、ジンジャーエール作りたい!んです。

そして、ジンジャージャムと、便利つゆ、お醤油、おろし生姜を混ぜてつくるたれをからめて焼いた鶏肉とズッキーニのスタミナ焼き。
f0208017_160259.jpg

今日のお弁当のおかずです。
ジンジャージャムに蜂蜜がはいっているからか、お肉がさめても固くならず、とってもお弁当むき。

そして、先日つくったパンナコッタは、甘さを思いっきり控え、いただくときにジンジャーシロップをかけたんです。
すごく美味しく出来ました♪夏向きデザートです。

冷蔵庫にはいっていると、何かと活用できる便利049.gifシロップたち。

こんどは何作ろう。

パルシルテムの箱にはいっていたドライアイスで遊ぶ子ども達。
ひんやり。ひとときですけど。
f0208017_1603265.jpg

f0208017_1604057.jpg



by casalingaa | 2011-07-12 16:48
娘が登校日なのと、主人が仕事のため、平日と変わらない土曜日。

娘は、3日間続いた期末テストの最終日でもあります。
娘の小学校は、3年生から期末テストがあります。
1、2年生のときは、ふりかえりテストというテストなのでした。

違いは、
2週間前に、テスト範囲が発表されて、テスト勉強の計画をたて、計画表を先生に提出する。
テスト当日は、先生が指定した席に着席する。
問題用紙と、解答用紙が別々になっているタイプのテストである。
といったところが、大きな違いなようです。

3年生の国語理科社会算数英語に、はからずも、一緒に取り組むことになった2週間でした。

そんな、今朝の朝ごはん。
f0208017_14322366.jpg

暑くなりそうな予感もあり、しっかり食べて!最後までがんばってもらわなくては。
という思いでつくった朝ごはん。

娘の好きなポーチドエッグで応援!です。

↓最近活躍している、ヨーグルトメーカー。
f0208017_14323110.jpg

乳製品は、ヨーグルトしか食べない息子のため、ヨーグルトが食卓に上ることがとても増えました。
もともとは、既製品のものを買っていたのですが、既製品のヨーグルトって、使っている牛乳の産地を明記しているものが少ないんですよね。

とても気になってしまって、自分でつくることにしたという訳です。
産地限定している牛乳は、割合と手に入りやすいですから。

ヨーグルトを作るには、牛乳と、菌が必要です。
市販のヨーグルトを種菌にすることもできるようですが、プロバイオティクス機能を持ったヨーグルトを作るため、専用のヨーグルト菌をお取り寄せしています。

お家で作るヨーグルトの面白いところは、発酵時間によって、出来上がりの酸味や固さが違うというところ。
いろいろ試してみています。

そうなると、ヨーグルトのトッピングもホームメードで。
というわけで、先日は、梅ジャムを。
昨日は、杏ジャムを作りました。

なんでもそうですが、旬のもの&新鮮なものは、美味しいですよね♪

『シンプルだけど贅沢。』

最近のわたしの食のテーマだったりします。


f0208017_17131263.jpg

6月最後の週末に、大学時代の友人達と京都にいってきました♪
暑い暑い058.gif週末でしたが、楽しかった!
初夏の京都も、いいですね〜。

宿のほかは、何も決めずにふらりふらりと。
予定はその都度、ホテルのコンシェルジュと相談して、決めるみたいな、ゆる〜い旅。

気心の知れた女友達との旅だからこそですね。

大好きなお店、『京野菜 かね松』では、旬の京野菜を買いました。
帰宅にあわせて配送をお願いしました。

帰宅後、さっそく、「伏見とうがらし」を使ってパスタを作ってみました。
f0208017_17131797.jpg


「伏見とうがらし」は、とうがらしと、いう名前がついていますが、全く辛みはありません。
ししとうや、ピーマンと同じ仲間らしいのですが、ししとうのような辛みはなく、ピーマンのような青臭さもありません。

美味しい夏野菜です。

といっても、子供達は、苦手なようなので、大人用に。

サーモンと、小ネギを使ったペペロンチーノを作り、
その上から強火でさっと焼いた伏見とうがらしをトッピングしました。

そして、丹波産黒豆の枝豆。
贅沢な枝豆です。

こちらは、私が帰宅する前に、主人が茹でておいてくれました。
(はじめて枝豆をゆでることになった主人はインターネットで茹で方を調べたみたいです006.gif

味の濃い、ほんとうに美味しい枝豆でした。
(写真取り忘れちゃいました。みかけは普通の枝豆です。)

ビールが美味しかったです068.gif

今回かね松で購入した「伏見とうがらし」や「万願寺唐辛子」は、最近は関東のスーパーマーケットでも見かける様になりました。

でも、ちょっと違うんですよね。

味が薄く感じます。

やっぱり京都で買わないと?

あと、「かね松」の店員さん達はみなさんほんとうに、お野菜についての知識が豊富で、お話させていただくだけで、訪れたかいがあったと、毎回思います。

「かね松」のお野菜が、普通の八百屋さんで買うよりも高いのは確か。
でも、野菜についての知識をわけていただく分と思って、私は、それでも「かね松」に行ってしまいます。

今回は、着物で訪ねたからか、お店の方々に、京都のひとと間違われてて、なんだかうれしかったです。

ところで「かね松」のある京都の錦市場は、食いしん坊の私にとってはパラダイス♪

必ず訪れるお店は、「かね松」と「有次」。

「有次」は、刃物のお店です。
今回は包丁は買わなかったのですが、前回こちらで出刃包丁を購入したときには、その場で名前を入れてもらうことができました。
包丁だけでなく、いろいろな抜き型や、お鍋、調理小物が売っていて、とても楽しい場所です。
こちらも、店員さんがとても豊富な知識をお持ちで、話をするのもとても楽しいです。

子供達の期末スケジュールで、ばたばたしていて、ゆっくり振り返ることすらままなってない今回の京都旅行でしたが、京都ってほんとうに、いつ訪れても良い場所ですね♪

日本人で良かった012.gifとつくづく思いました。

来年もまた、どこか旅した〜ぁい。
友よ、来年もよろしくおつきあいくださいませ♪
by casalingaa | 2011-07-06 17:44 | ITALIAN