<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0208017_12344175.jpg

いちご大福をつくりました♪

いちご大福の季節がすぎてしまう!
とおもったら、夕食後に大福?と思いつつもつくっちゃいました。

夕食準備の前につくったので、西日で色合いのおかしい写真です。
ほんとうは、まっ白な大福にいちごの赤が透けて見えてて、われながら可愛い出来だったんですよ。

レシピは、いつもお世話になっているcuocaさんのレシピで。
電子レンジで作るので、とってもお手軽。

中の白あんもcuocaさん♪
こちらの白あんは、本当に美味しいので、かなりオススメです。
興味のあるかたは、コチラ(cuocaさんのページ)を→
極上白練りあん

4/26現在、1kgのほうは、入荷待ちだそうです。
250gのみあるみたい。

この白あん。それだけでも美味しいので、1kgでもすぐですよぉ〜011.gif
私は、封をきったら、小分け(200gずつ)にして冷凍しちゃってます。

いちごは、先週末行ったCOSTCOで買った『あまおう』
ちょうどよい酸味でいちご大福にはぴったり♪

いちごがちょっと大きめなので、大きな大きな大福になりました。
子供の握りこぶしくらいはあります。

花をめでながら和菓子を・・・。
というよりは、ガッツリおにぎりを食べているような感じ037.gif

春スイーツが楽しめるのもあと少しかな?
もう桜もすっかり散ってしまったけれど、まだ桜スイーツも食べたいなぁ。

週末に軽井沢に行く予定なのですが、軽井沢あたりだと、まだ咲いてるかしら?
持参する?

こちら↓は、我が家のお庭のハナミズキ。
息子君が生まれたときに、誕生木として、市からいただきました。

なんと!今年はじめて花が咲いたんです!!!
f0208017_12358100.jpg

大好きなお花のひとつなので、すごくうれしいです。
いつも間にか、息子よりも大きくなっちゃいました。
f0208017_12345030.jpg

ハナミズキを植えたときに、実は桜も植えたんです。
日米の友好のシンボルをということで。

『自宅の庭に桜を植えるのは良くない。』
という言い伝え?らしいものがあるらしく(by私の実家)その桜は別の場所に移しちゃったんです。
その桜も、今年花をつけました。

なんだかいろいろ振り返ってみたりして。

いろいろなことが起こった春だけに、なんだかちょっと感慨深いこのごろです。


by casalingaa | 2011-04-26 13:01
去年より1ヶ月ほど早い遠足となった、息子のプリスクール。
くもりでしたが、暑くもなく寒くもなく、遠足日和。

5月は、暑かったり、梅雨入りを思わせる雨が続いたり、何かと心配が多いので、
4月中の遠足は、とっても良かったと思います。

親子遠足ですので、お弁当は、息子と私の2人分。

息子のリクエストは、カツサンド。
作ったのは、メンチカツサンドでしたが。
(どうも、お家で作るカツサンドは固くなってしまう気がして。)
f0208017_13272365.jpg

フライドポテトと、マイクロトマトも一緒に。
f0208017_13272896.jpg

前日に作ったカリフラワーのピクルスと、
朝食用に作ったアスパラガス入りのオムレツも持っていくことに。
(ちっちゃい容器にはトリュフ塩が入っています。)

デザートは、ナタデココとパインアップル入りのエルダーフラワージュースのゼリーです。
ミントをいれてさっぱりと。

おやつは、
f0208017_1327349.jpg

『ポップコーン』
家を出るまでに、いつもよりも時間があったので息子と一緒に、フライパンでつくりました♪
味付けは、塩だけのシンプルなポップコーンです。

かつては、おべんとうや、おやつの準備にいろいろと気合いをいれて準備していたのですが、
最近は、ちょっと考え方変わってきました。

ピクニックや遠足のように、外で食べるおべんとうは、シンプルに♪
食べきれないってことがないようにつくって、
容器もそのまま捨てて、身軽になっていっぱい遊ぶ!
が、コンセプト。

思いっきりアウトドアを楽しみした♪
f0208017_1327365.jpg



f0208017_23111095.jpg

子供達のそら豆克服メニュー第2弾は、
蒸したそら豆と、ジャガイモを荒くつぶし、
その上に、牛肉と香味野菜の自家製トマトソースをかけ、
最後にグリュイエールチーズをのせてオーブンで焼いたもの。
f0208017_23111753.jpg


そら豆と、じゃがいもは、一緒に蒸してつぶしてしまうと、うまくまぎれてしまます。
色をみて、『ジャガイモだけじゃない!』とちょっと怪訝な子供達でしたが、
ぱくぱくと、食べてくれました。

牛肉と香味野菜のトマトソースは、先日たくさん作って冷凍してあったものを利用しました。
牛肉は、ひき肉ではなく、カレーやシチュー用の脂身の少ない塊肉を半冷凍し、フードプロセッサーで粗めのひき肉にしました。
市販のひき肉は、脂が多く、炒めると水分がでてしまい、味がぼやけるうえに、脂っぽくなるので、ひと手間ではありますが、こちらの方がオススメです。

そして、続けてニンニク、タマネギ、人参、セロリをいれてフードプロセッサーにかけます。
様子をみながら、細かくなりすぎない様に注意します。

これらのほかには、フレッシュバジルを茎ごとみじん切りにしたものもいれました。

付け合わせは、ホワイトアスパラガスと、カリフラワーの簡単ピクルスです。

カリフラワー1株は小房にわけて、熱湯で2分ほどゆでます。
お酢1/2カップに、砂糖大さじ2〜3、粒こしょう10粒ほどを混ぜたものに、茹で上がったカリフラワーを漬け込んだら完成です。

お砂糖は、使うお酢の種類によって量を加減します。
ホワイトバルサミコ酢などの場合は、少なめに。
日本のお酢の場合には、甘めにすると、いいみたい。

今回は、シャンパンビネガーを使いました。
上品な香りと、すっきりした甘みがカリフラワーの繊細な風味にあっていると思います。

実は、カリフラワーが苦手だった主人。
このピクルスで苦手を克服です

by casalingaa | 2011-04-22 23:27
3月のレッスンがお休みになったので、2ヶ月ぶりのレッスンでした。

4月のレッスン・メニューは、
『ガトーブルトン』
『リヨン風マロンクリーム入りクレープ』
『日向夏の皮の砂糖煮』
でした。

『ガトーブルトン』は、フランス ブルターニュ地方の郷土菓子。
「ブルトンヌ」はブルターニュ風のという意味です。
f0208017_20545066.jpg


ブルターニュと言えばお塩。「ゲランドの塩」などが有名です。
ということで、このお菓子、お塩がたくさん入ります。

でも、しょっぱいお菓子ではありません。

本来は、お菓子にしてはめずらしく有塩バターで作るそうなのですが、
すご〜い量のバターを使うので、それではさすがに塩が多すぎてしまう。
ということで、
先生のレシピは、無塩バターに塩をいれて塩味を調整したレシピです。

バターがとにかくたっぷりと、
そして、アーモンドパウダーが入ったとってもリッチな生地。
f0208017_2055697.jpg

それをセルクルにしぼり、

中に、
f0208017_2055989.jpg

プラムのコンポートをピュレにしたものを詰めて焼き上げます。

f0208017_20545937.jpg

こちらが試食。

とにかく、さくさく、ほろほろの生地と、
赤ワインとスパイスがきいたプラムの風味と酸味が、とてもとても贅沢なお菓子です。

『リヨン風マロンクリーム入りクレープ』
クレープ生地の作り方、正しい生地の状態、焼き方を教わりました。
f0208017_2055098.jpg

↑こんな風にちりめん状にこんがりしているのが、うまく焼けたサイン。
f0208017_20545484.jpg

マロンペーストが入ったクレームパティシエールをクレープで巻き、
耐熱皿に並べ、バターと粉砂糖をのせてオーブンで焼きます。

マロン風味と、チョコレート風味の2種類のアングレーズソースを添えていただきます。

ラム酒のきいた、濃厚で香り高い大人のクレープです。

そして、『日向夏の皮の砂糖煮』
f0208017_20545729.jpg

もともとは、オレンジの皮を使うレシピですが、
旬の国産の柑橘をオレンジの代わり使おうと、いろいろな種類を試されたそう。
結果、日向夏になったそうです。

すごくさっぱりした酸味と、香り。
オレンジとはひと味違う出来上がり。
これだと、日本茶のお茶うけにもあいそうです。

先日マイヤーレモンを使って、同じようなコンフィを作っていたのですが、
より本格的なレシピを知ることができて、うれしかったです。

今回もとっても良いお勉強をさせていただきました♪
さっそく復習しよう!

まずは、クレープからかな?

子供達に、マロンクリームは難しそうなので、
クレープシュゼットあたりに、挑戦してみようかしら。


3月4月は、歓送迎会で、主人の帰りが遅い日が多い月。
のはずですが、今年は、送る会はすべてキャンセル&歓迎会も今日のみ。
の主人の職場。

世の中の自粛ムードと、
この間までの計画停電のしわ寄せ?
お仕事が忙しいみたいです。

子供達と私だけの今日の晩ごはん。
ちょっと、ラクさせていただきました♪

何パターンかある我が家のスパム丼ですが、最近は、生野菜多めにヘルシーに!がお気に入り。
f0208017_2283188.jpg

スパム1缶を15枚ほどにスライスした(5ミリ弱ほどの厚さです)ものを、
こんが〜りとフライパンで焼きます。

玄米と、粟&ひえをブレンドして炊いたごはんの上に、
トマトをうす〜くスライスしたものをたっぷりのせ(一人1個分くらい)
焼いたスパム(一人3〜4枚ほど)をならべます。

黄身がゆるゆるな状態の目玉焼きをのせ、
ブロッコリースプラウトをちらして、
出来上がり♪

調味料はいっさい無し!です。

トマトをどっさりとのせるのが、ポイントかな。
さっぱりといただけます。

そして、そんな今日のスパム丼のお供は、
COSTCOに行くと必ず購入する『もずくスープ』
f0208017_2281118.jpg

子供達も私も大好きです♪
なんでだろう。子供達は、わかめスープは苦手なのに、これは好きなんですよね。

あ〜今日はラクしちゃったし、手抜きで、ごめんと、思っているのに、
子供達に、『すご〜くおいし〜』と、大喜びされると、
なんだか複雑な気持ちになってしまう母なのでした。

そういうわけで、いつもより、ちょっと時間のある子供達との食後の時間。
いつもより本を読んであげることにしました。

なんとなく、手抜きの晩ごはん分は、これで、相殺された気分です♪

by casalingaa | 2011-04-14 22:32
お家ブランチのために焼いたマフィンは、こちら↓
f0208017_11121388.jpg

『フレッシュストロベリーとリコッタチーズのマフィン』

バターを使わずに、
粉は、全粒粉をブレンドして、
お砂糖は控えめに、
旬のイチゴをたっぷりいれて、

焼き上げました。

=レシピ(マフィン15個分)=
(粉類)
小麦粉(ドルチェ) 200g
全粒粉 100g
ベーキングパウダー 大さじ1
さとう 70g
塩 小さじ1/2
(液体類)
リコッタチーズ 250g
ひまわり油(ハイオレイック種) 50ml
牛乳 150ml
卵黄 2個分
(メレンゲ)
卵白 2個分
さとう 30g

イチゴ 250g

1 オーブンを185℃に予熱しておきます。
2 粉類はあわせてふるっておきます。液体類はよく混ぜ合わせておきます。メレンゲはしっかりたてておきます。
3 粉類、液体類、メレンゲ、イチゴを混ぜて、マフィン型にいれて18分ほど焼いて出来上がり。

イチゴは、ジャム用の小さいものをそのまま切らないで使いました。
(大きいものは、半分にカットしていますが)

優しいお味のマフィンです。
全粒粉を使っているせいか、粉の風味が強く感じられました。
また、バターをつかっていないので、さっぱりとしています。

リコッタチーズがたっぷり入っているので、冷めてもしっとりと、やさしいお味です。



by casalingaa | 2011-04-10 11:35 | 焼き菓子
f0208017_10453461.jpg

我が家のサンデーブランチ056.gif
ひさしぶりだなぁ。

薄曇りなのが、ちょっと残念ですが。

大好きなひととき。

朝、ちょっと早起きしてマフィンを焼き、
アスパラガスを準備。

いつもよりもちょっと丁寧な朝ごはん。

最近国産のホワイトアスパラガスもスーパーマーケットに並ぶようになりましたね♪
f0208017_1045375.jpg

大好きな大好きなアスパラガス。
シンプルにいただくのが一番好きです053.gif
だからこそ、こだわって火を通します。詳しくは、以前のブログに。

この春、とうとう、娘がホワイトアスパラガスの美味しさに気づいてしまった037.gif
ん〜分け前が・・・。
なんて、いうのは、冗談で、ホワイトアスパラガスLOVE016.gifな私としては、とってもうれしい♪

ことしは、去年以上にお取り寄せすることになりそう?

15年ほど前、ゴールデンウィークに旅したドイツで出会ってから、とりこになったホワイトアスパラガス。
いつかあの季節にあの場所に連れていこう。

今朝焼いたマフィンは、
『フレッシュストロベリーとリコッタチーズのマフィン』です。
バターを使わず、薄力粉と全粒粉をブレンドして作った生地でヘルシーに。

f0208017_10454168.jpg



f0208017_16424443.jpg

そら豆を、グロサリーのバスケットに入れているところを見つけて大ブーイングだった子供達021.gif
「パパとママだけで食べるから。」と、その場をおさめましたが、
心の中では、『なんとしてでも美味しく食べてもらいましょう!』とスイッチの入った私017.gif

子供達の好きなクリームベースのパスタにしてみました♪

そら豆ひとパック分(さやから出して皮をむく)と、
ジャガイモ1個(小さめのさいの目切り)を塩ゆでして、
豆乳400ccほどと一緒にフードプロセッサーで、
つぶつぶ感を残しながら、ピュレ状に。

海老は小さめに切って、
エシャロット1個分のみじん切りと一緒に炒め、
白ワインを大さじ1ほどと、フュメドポワソンをいれ、
先ほどのピュレとあわせて、
塩で味を整えて、ソースの完成です。

パスタと合わせるときに、少しパスタのゆで汁を足すとあわせやすいです。

今日は、ディチェコNo.10 フェデリーニを使いました。
とっても優しいお味のソースなので、細めのパスタがあうと思って。

そら豆の黄緑と、海老のピンクがなんとも春らしい感じでしょ?

子供達はとっても美味しく食べてくれました037.gif
ママの作戦勝ちですね!

そして、懲りずにまたそら豆買ってきました。
今度は何を作りましょうか。


by casalingaa | 2011-04-07 16:53 | ITALIAN
f0208017_17133327.jpg

桜マドレーヌ試作してみました♪

初回からかなりイメージに近いものが出来上がり、かなり満足049.gif
f0208017_17132883.jpg


シェル型と、ブリオッシュ型で作ったんですけど、
f0208017_17133745.jpg

どっちも好き〜011.gif

いよいよ桜は満開へ。
今年のお花見のお供は、これかしら♪


by casalingaa | 2011-04-06 17:16 | 焼き菓子
f0208017_22543249.jpg

春休みのお昼ごはんは、あっという間にやってくる。

というわけで、たまには簡単にすませましょう♪

ごはんは、玄米に、粟・ヒエ・古代米をブレンドしたものです。
それぞれを別々に買ってきて、気分によって自分でブレンドしています。
これにしてから、ごはんだけでもごちそうに♪

上にのっているのは、
茹でたほうれん草を細かく切って、麺つゆをかけ、
揚げ玉と干しえびと一緒に混ぜたもの。

そう、それだけの丼。

意外と好評。

これ、雑穀ごはんが何よりのポイントなんだと思う。

明日から息子の、
あさってから娘の、
新学期スタート。

またお弁当作りの毎日がやってきます♪