<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0208017_13432556.jpg



実家のリビングにある薪ストーブ。
週末は一日中
平日は日没から
火が入ります。

夏場に父や弟が準備した薪を燃やします。薪割りももうおてのもの、な二
人。

そして、楽しい火おこし。

実家で一番上手なのは、なんと89歳になるおばあちゃん。
幼少期のかまど焚きで培った経験がものをいっているらしいです。

私も滞在している間は、やりますよ〜。
火ってなんだかとっても癒されます。

自然に火の周りには家族が集まります。
そんな団欒も至福の時間。

うちにも欲しいな〜と思ってしまいますが、埼玉の冬にはいらない?
by casalingaA | 2010-12-29 13:43
石川県発祥の郷土料理『かぶら寿司』
それが,富山県にも伝わり,今では,北陸のこのあたりでは定番のお正月料理メニューのひとつです。

その土地土地で,何をカブにはさむかがいろいろですが,
基本的には,
塩漬けにしたカブに、
塩漬けにしたブリの薄切りを挟み、
細く切った人参や昆布などと、米麹(糀)で漬け込んで醗酵させてつくります。

我が家の『かぶら寿司』は,
塩漬けにしたカブに、
塩漬けにした薄切りをサバを酢につけて挟み、
細く切った人参とゆず,ひじきを、米麹(糀)で漬け込んで醗酵させてつくります。
こちら↓昨年の我が家の『かぶら寿し』
f0208017_10422718.jpg


こちら材料
f0208017_10284769.jpg

カブにサバをはさみます。
カブの皮のむき具合や,厚みの具合,切り込みの入れ方などがポイントだそうです。
f0208017_10302242.jpg

あとは,重ねて漬けて
f0208017_1033291.jpg

重しをのせてさむ~いところでゆっくり発酵。
f0208017_10351715.jpg

富山の気候と風土がつくるお味です。
そうそう,いつも懇意にさせていただいている,お魚屋さんと,八百屋さんの協力なくしてもできないお味でもあります。
プロの目利きによってとりよせていただいたサバとカブあってのものですから。

どんな料亭のものよりも,自分のおうちでつくった『かぶら寿司』が一番072.gif
自慢の味です。
今年も出来上がりガ楽しみです。
by casalingaa | 2010-12-28 10:46 | TOYAMA
f0208017_5292953.jpg


スケートに挑戦してみました。

エコリンクという特殊な樹脂でできたリンクがこの時期だけ百貨店前に登
場します。

そう!
氷じゃないんです。

だから冷たくない。
転んでも濡れない。

入場料はスケート靴のレンタル代込みで小学生以下は100円!
(大人は500円)
気軽にやってみようと思える価格。

時間制限も原則なし。

といっても、立ってるのがやっとの子供達。
15分でおしまい。

その夜フィギュアスケートをテレビで観たのですが、子供達のフィギュア
を見る目が変わりました。
観るのと、やってみるのとでは大違い!と。

雪遊びをしたり、薪ストーブに薪をくべたり、スケートしたり。
ただいま雪国満喫中です。
by casalingaA | 2010-12-28 05:29
f0208017_165596.jpg


ただいま帰省中でございます。
着いたら早速雪遊び?
と思ったら、おじいちゃんがくれたのは『スコップ』
雪が珍しい子供達にとっては「雪かき」も立派な雪遊び。
by casalingaA | 2010-12-26 16:05
f0208017_16452345.jpg

メニューは、
鶏もも肉のロースト
ミントとクランベリーのソースを添えて

冬野菜のグラタン
 レンコン、かぶ、カリフラワーのミルク煮にチーズをトッピングしてオーブンで焼き上げました。

カラフルローストポテト
 ピンクと、紫色のポテトのローストです。ローズマリーで香りをつけました。

でした。

シャンパーニュは、大好きなモエ・エ・シャンドン アンペリアルをチョイス。

ん〜、おなかいっぱい。
by casalingaa | 2010-12-26 10:45
メリークリスマス072.gif
みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしですか?

今年は、家族だけで過ごしている我が家です。

こちらは、今年のクリスマスケーキ
f0208017_16292263.jpg

定番のショートケーキですが、
『アメーラ ルビンズ』という、糖度の高いミニトマトも混ぜてみました♪

クリスマスに自分でケーキを焼く様になって、10年目の今年。
ようやく、理想に近いジェノワーズを作ることが出来た気がします。
f0208017_16292898.jpg

まだ、「もう少し、こうしたい!」というキリのない思いは、ありますが、
ひとまず、自信をもって、作れるようになったかな?

さて、3年前から、クリスマスケーキは、
私と、娘とで、2台作っています。

こちらは、娘によるデコレーション。
f0208017_16293584.jpg

なかなか、いえ、かなり上手にできてると思います。
去年よりもずいぶん大人になった気が。

手前のアラザンは、星空をイメージしているそうです。
将来の夢が、宇宙飛行士という、彼女らしいデコレーションです。

『ぼくも手伝う!』とはりきっていた息子ですが、
クリームを、ぺろぺろ。
こぼれたアラザンや、イチゴのきれはしを、ぱくぱく。
f0208017_16294172.jpg


Merry Christmas!
f0208017_16293112.jpg

やっぱり師走は忙しい。
ゆえに食べたい甘いもの011.gif

というわけで、簡単な焼き菓子は、出番が多い今日この頃。
先日スーパーで「アルプス乙女」を購入♪したので、ぜひ使いたい!

ハイ!できあがり!!
f0208017_1018889.jpg


焼き上がりはコチラ↓
f0208017_10175763.jpg

だんだんリンゴが沈んでいくの。

f0208017_1018137.jpg

おっきな型でやいたので、ケーキドームにもぎりぎり納まった感じ。
f0208017_1018550.jpg

アルプス乙女がはいることで、香りが増しました053.gif
f0208017_10181279.jpg

ちっちゃいりんご♪なんて愛らしい056.gif

たくさんできたので、主人の実家と、おともだちにお裾分け。
f0208017_10181537.jpg

まだちょっと早い?クリスマス仕様で。
f0208017_10181856.jpg

ラッピングも楽しい♪

以前にクリームチーズパウンドケーキはレシピをのせています。
よろしかったら参考にしてみてください。
http://casalingaa.exblog.jp/13406157/

今回は、シフォン型に生地を流してから、
楊枝で穴をあけたアルプス乙女を並べ、
溶かしバターを塗り、
生地の表面に砂糖をふってから、オーブンに入れました。


by casalingaa | 2010-12-12 10:33 | 焼き菓子
現在発売中の、エッセ1月号に掲載されている
「Cook Do®」干焼蝦仁用を使ったアイディアメニュー
『エビチリソースでかりかりピッツァ』

残念ながら、掲載はされませんでしたが、もう1案レシピを考えていました。
コチラ↓
f0208017_1075672.jpg

『海老と野菜の具だくさんゼリー寄せ』

海老、ブロッコリー、椎茸、カボチャ、ウズラのタマゴの入ったエビチリ味の具沢山ゼリーです。
海老、ブロッコリー、椎茸、カボチャは、ひとくち大に切って、一度に全部をスチームケース(ルクエ)にいれて電子レンジでチン♪

具を、大きめのココットにいれ、水を加えて温めた海老チリソースにゼラチンをとかしたものを流し入れて固めています。
ソースは、マヨネーズを牛乳で溶いたマヨネーズソースです。

おもてなしの機会が増えるこれからの季節の前菜に、というイメージで考えました。

上の写真では、ゼラチンでなく、アガーを使っているためすこしゆるいゼリーの仕上りになってしまいましたが、
ゼラチンを使えば、もっと、ツルン&プルンとしそうです。

海老チリソースの味がしっかりしているので、冷やしても美味しいのと、
使っている海老&お野菜はすべて蒸したものなので、さっぱりと、いただけます。

そして、やっぱり手軽♪
(調味料を混ぜる手間が省かれるだけでもずいぶん違うもんだなぁ〜とあらたな発見072.gif
お家飲みが気軽に、そして、ますます楽しくなりますね069.gif
by casalingaa | 2010-12-12 10:16
f0208017_1044642.jpg

冬でも食べたいカペッリーニ♪
お野菜もたくさん食べたいので、

白菜、
大根、
セロリ、
長ネギ、
をたっぷりつかって、

豚バラと、ベーコンで出汁をとり、

コンソメベースのスープスパゲティーにしてみました。

仕上げに、ちょっぴり豆乳を加えます。
ほんとにすこしだけ。

まろやかになって、こども達にも好評でした♪

大人バージョンには、柚子をトッピング。

実は、パスタよりもお野菜の方が多い、ヘルシー料理だったりします056.gif


by casalingaa | 2010-12-10 10:50 | ITALIAN
f0208017_10285719.jpg

バルサミコ酢は我が家の万能調味料♪
ちょっと物足りないとき。
シンプルにお野菜やお肉をいただくとき。
バゲットのおともに。
たいていバルサミコ酢が登場します。

そして、白いバルサミコ酢。
かれこれ使い始めて2年ほど。
黒よりも使い勝手が良い気がします。

黒いバルサミコ酢よりも、
香りも、酸っぱさも、甘みも控えめ。
だから、かな?

12月にはいって、忙しい毎日が続きます。
そんなときは、ちょこっとつまめるお昼を、お弁当の分と一緒に朝のうちにつくっちゃいます。
『おいなりさん』なんて、いい感じ♪でしょ?

すし酢のかわりに、ホワイトバルサミコを炊きたてごはんと、混ぜ合わせます。
香りも、お味も、おあげとの相性も、GOODですよ。

すし酢を作る手間もはぶけて、なにより。

そして、日本のお酢を、置いていない我が家にとっては、一石二鳥。
なのでした。

もうひとつ、オススメの使い方。
それは、フルーツをマリネする使い方。

お砂糖に、ホワイトバルサミコをちょっとプラスするだけで、
パンチの効いた、風味豊かな、美味しいフルーツマリネのできあがり。

パンケーキのおともや、アイスクリームのおともにぴったりですよ072.gif


by casalingaa | 2010-12-10 10:40