<   2010年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

COSTCOで、まるまるとした大きな真イワシを買いました。
(参考までに。ひとパック9匹いりで、764円でした。)

「イワシをそんなに、たくさんどうするの〜」
という、家族の声が・・・。

やってみたかったことに、挑戦なのです♪
おうちでつくる、『オイルサーディン』

イワシの頭をとって、内蔵をきれいにとり、
水洗いして、水気をキレイに拭き取ります。

鍋に重ならないように並べて、
水300ccと、オリーブオイル300ccといれ、
イワシが液体に浸るくらいになるように、水をいれて、調整します。

ドライのオレガノを小さじ1、指ですりあわせるように、もみながらいれます。
(こうすると、香りがより強くでます。)

f0208017_11472728.jpg

こんな↑感じです。
(ルクルーゼのビュッフェ・キャセロールで作りました。)

そして、オーブンペーパーでつくった落としぶたをしてから、蓋をし、
25〜30分煮ます。

出来上がりです!

あら熱がとれたら、お皿にもって、まだ少し温かいところをいただきました。
f0208017_1205961.jpg

上からレモンをぎゅっとしぼって、お醤油をちょっとたらしていただくんですけど、
お供は、バゲットです。

美味しいですよ〜。
コレからの季節、冷酒や白ワインなんかのお供にもばっちりだと思います。

もちろんごはんでも良いと思いますよ♪
薬味をたくさんのせて、丼にしてもいいかも。

このオイルサーディン、煮汁と一緒に冷蔵庫で4〜5日保存がききます。
冷蔵庫にキープして、しばらくバリエーションを楽しむつもりだったのに、
あまりの人気に、残ったのは、2匹だけ011.gif

というわけで、後日、サラダにしてみましたよ。
f0208017_1262390.jpg

サニーレタス、赤タマネギ、トマト、ゆで卵、グリーンオリーブと一緒にもりつけて、
ニース風サラダをイメージしてみました。

↑は、大人ひとり分。
メインコースになる、サラダです♪
by casalingaa | 2010-06-17 12:11
蒸し蒸し&暑い!

スタミナつけなくちゃ066.gif

でも、こってりは、気分じゃない、この気温058.gif

ナムルの代わりに、
大根と、人参を細く切ったもの、

お肉は、
しゃぶしゃぶ用の豚肉を、テンメンジャンとお醤油でさっといためたもの、

薬味に、
みょうがと、バジルを切ったものを、

組み合わせて、ビビンバ風さっぱり丼に♪
f0208017_1151874.jpg

コチジャンではなく、テンメンジャンを使ったのは、子供達も一緒のランチだったから。

大人仕様には、スイートチリソースをかけていただきました。

韓国より、タイ?な感じ??

ポイントは、しゃぶしゃぶ用のお肉を使ったところでしょうか。
ささっと、短時間で火が通り、
スプーンでも、切れる柔らかさなので、ごはんと混ぜやすいです。

さぁ、しっかり食べて、バテ知らず♪
by casalingaa | 2010-06-17 11:11
f0208017_115138100.jpg

具がたくさん乗っかった、お食事系サラダが大好きです♪

ひとつひとつ、具材を準備するのは、手間のかかる作業ですが、
丁寧に仕込んだからこそ、のサラダはやっぱり美味しい!

日曜日のあさ。
予定のない週末の朝は、
『ゆっくり焼くパンケーキ作り』が定番でしたが、
これからは、
『丁寧につくる具だくさんサラダ作り』が定番となりそう。

この日は、

ミックスベビーリーフに、
赤タマネギのスライス
(牛乳でさらして、水洗いすると、辛みが抜けます)
スライスしたハム
アンチョビ
ドライトマトのオイル漬け
グリーンオリーブ
レモン

をのせてみました♪

COSTCOで買ったスナックパイン↓は、ばりばりと、手で剥いてお皿にもりつけ、
f0208017_1243574.jpg

ロールパンと一緒にテーブルへ。
f0208017_1242259.jpg

食事のお供も、コーヒーからアイスティーへ。
ESSE webで以前、かないようこさんが紹介されていたティーバッグの紅茶。
f0208017_12125359.jpg

ミルクでいただくのも美味しいのですが、アイスティーでいただくのもGOOD049.gif
何しろティーバッグなので、手軽♪
一緒に映っているのは、ティーバッグ用のトング。
その昔、アメリカにて購入。
とりたててスゴイ便利!という品ではないのですが、
キッチン雑貨好きのツボは、押されてる感じ037.gif

お庭で満開を迎えつつある、あじさい『アナベル』
f0208017_124771.jpg

ピッチャーにいれて、飾ってみました♪

この蒸し暑い季節、具だくさんサラダのブームはまだまだ続きそう。
最近は、朝に夕にとサラダを食べるので、1日1玉レタスが消費されていく、我が家です011.gif
by casalingaa | 2010-06-16 12:20
お誕生日ディナーのメニューは、私の好きなもの♪
(Myバースデーだったので)

ということで、こちら↓から。
f0208017_1138371.jpg

モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2003

大好きなメゾンの、娘の生まれ年のシャンパン。

実は、違う銘柄のシャンパンを買う予定でしたが、こちらをチョイス。
娘の生まれ年ヴィンテージのシャンパンは、他のメゾンでは作ってないらしいんですよね。
やっぱり、特別な年なので、迷わず、予定変更です。

モエ・エ・シャンドン醸造最高責任者ブノワ・ゴエズは、
「グラン ヴィンテージ 2003を、女性に例えると?」という質問に
「2003は芯が強くて、でもやわらかい包容力があって、そしてどこかスパイシー。そうですね、モニカ・ベルッチなんてどうでしょう(笑)」
と答えています。

う〜ん、私もそういう女性になりたいなぁ。
モニカ・ベルッチは、大好きな女優さんのひとりだし。

というわけで、今回は、コレにあわせてメニューを決定。
f0208017_11494051.jpg

こんなテーブルになりました。

メニューは、先日ブログでご紹介済みの、
『ルクエ スチームケースでつくるアスパラガス』
f0208017_11545585.jpg


『グリーンサラダ』
f0208017_12272798.jpg

大好きな松の実やアボカド、アンチョビなどを乗せました。
ちなみに、このアンチョビですが、
f0208017_11581418.jpg

コチラ↑の国産のものを使っています。
ものすご〜いフレッシュなんですよ。
塩味もきつすぎず、身も柔らかいんです。
だからサラダのように、生でいただくときには、オススメです。

そして、タイミングよく実家(富山)から届いた、白海老。
f0208017_11595554.jpg

左が、お刺身、右が、こぶじめです。

これですが、
f0208017_121315.jpg

このように、バゲットの上にのせて、オリーブオイルをかけていただくと、
ほんとうに、美味しい011.gif

ごはんよりも相性があっていると、密かに確信しています。

その、オリーブオイルは、
f0208017_1262628.jpg

『フレスコバルディ・ラウデミオ』
オリーブオイルというよりも、オリーブの果汁というふうに、表現したくなる、
クセのない、さっぱりとした、さわやかな風味のオリーブオイルです。
後味に、ピリっとすこし辛みも。
そのせいか、白海老の甘さをより強く感じることができ、生臭さはまったく感じませんでした。

ところで、白海老ですが、
『富山湾の宝石』とも呼ばれております。
f0208017_1212386.jpg

この季節にしかいただけない、ごちそう♪
お取り寄せできるので、よろしかったら、ぜひお試しください。

そして、
『お赤飯』
は、いつもお誕生日に、義理の母が炊いてくださるもの。
感謝♪です。

ケーキのように見えるお花は、
f0208017_12173394.jpg

フラワーケーキ。

アメリカにいる友人が、現地から手配してくれて、お誕生日当日に届きました♪
ほんとに、サプライズ!
(Grazie mmille!)

こんどは、私が驚かす番なので、いろいろリサーチ中です。

というわけで、今年もまたひとつ、歳をとりました。
まだまだお誕生日がうれしい、人生まだまだ日々成長の36歳です003.gif
(体重だけは成長しないようにがんばらないと・・・。)

気持ちをあらたに、がんばろうっと。

f0208017_12213716.jpg

↑は、母からの電報。
(電報って、なんか響きがレトロ!?)

この歳になっても、母の前では娘です。
by casalingaa | 2010-06-15 12:32
大好きなアスパラガスの季節です♪

最近知ったこと。
アスパラガスの調理に『スチームケース』がとっても便利だということ。

しかも美味しい!!

アスパラガスの根元の方の皮をすこしむき、洗ったときについた水気もそのままに、
スチームケースへ。
f0208017_1745288.jpg

我が家の子供達は、アスパラガス特有の香りが苦手なので、スライスレモンも一緒にいれて、チン!

これだけです。

この日は、生ハムをそえて、ビネガーソースでいただくドイツ風の一皿にしてみました。
f0208017_179156.jpg

ルクエのスチームケースだと、開いた蓋の裏側が、お皿になるので、そのままテーブルへ。

アスパラガスは大好きなので、アスパラガス専用鍋もある我が家ですが、
この方法、簡単なうえに、ほんとうに美味しい。

アスパラガスの甘みが濃い!

ビネガーソースを準備したものの、そのままで十分。
生ハムとの相性も(やっぱり)抜群♪

今度は、ホワイトアスパラガスでも試してみたいと思います。

そして、アスパラガスの季節には、必ず作る『アスパラガスのキッシュ』
f0208017_17132599.jpg

長方形のタルト型で、アスパラガスを丸ごとそのまま使ってみました。
ちょっと前に作った生地が冷凍庫にあったので、思い立ったらすぐ!

アスパラガスを生のまま並べて、卵液とチーズをのせて、オーブンへ。
f0208017_17141446.jpg

断面にならぶ、みどりのマルがキュート♪

f0208017_1714284.jpg

娘が大好きなキッシュ。
この型だと、半分くらい彼女がぺろり011.gif

また作ろうっと。
by casalingaa | 2010-06-14 17:22
f0208017_1211989.jpg

ハッピーバースデー♪わたし♪♪

f0208017_122157.jpg

Make a Wish♪ならぬ、Make many many wishes♪です。

f0208017_1225779.jpg

ニューヨークのレストラン『Taste』のExecutive Chef Scott Bieberさんのレシピを、ちょっとアレンジして使っています。

アメリカの有名なレストラン『Cheesecake Factory』のチーズケーキよりも軽く、日本で食べるニューヨークスタイル・チーズケーキよりも濃厚。
しっかりとたてた卵白をつかうので、ちょっとスフレっぽい軽さもあります。

いろいろ試してきたチーズケーキレシピの中では、わたしてきには、コレが一番♪
f0208017_124183.jpg

数えきれないくらい作ったなかでは、いっぱいアレンジも試みてきました。

そのなかでも毎回これだけは!のポイントは、
=その1=
クリームチーズは、KRAFT社の「フィラデルフィア クリームチーズ」を使うこと。
いろいろ試しましたが、やはり、コクとかキメとか、一番好きな状態で仕上がるのは、コレ。
=その2=
レモンをしっかり効かせること。
がんばって、キレイにたくさんレモン皮をすりおろします。
(このためにも、メイヤーレモンは皮だけを冷凍してストックです!)
今回は、あらたな試みとして、砂糖の量を減らし、「うめはら レモンスライス」を加えてみました。
レモンの優しい風味が全体に行き渡る感じです。
個人的には、やっぱりフレッシュなものがいいな。
=その3=
生地は、フードプロセッサーを使って、滑らかに滑らかに♪

f0208017_124249.jpg

型ですが、9インチ(約23cm)のテフロン加工のスプリングフォームパンを使用。
大きく焼きます。

底をセットするときに、オーブンシートをかませると、ケーキを移動させたり、カットしたりするときに、とっても便利です。

f0208017_1244126.jpg

焼き上がりは、もこもこと、盛り上がっていますが、クールダウンしていうるちに、しぼんでいきます。

レシピでは、このヒビを隠すように、creme fraicheをトッピングするのですが、私は焼きっぱなしが好き053.gif

ふふふ、実はここ15年かけて、食べれるチーズが増えましたが、基本的にチーズ嫌いなわたし。
クリームチーズもそのままでは、ダメ×
いわゆるチーズ嫌いのチーズケーキ好きです011.gif

そう!だからこそのこだわりとしては、サワークリームは使わない!
ことだったりするのです。

ちゃんとしっかり冷やしてから、カットすると、すご〜くキレイなんですけど、
今回は、時間がなく、完全には冷えてなかったので、ぼそぼその断面になってしまいました。

大きく焼いて、食べきれない分は、冷凍です。
暑いときに、半解凍でいただくのも美味しいんです049.gif
ようやく、ちかい!と思えるレシピに巡りあえた!!ので、さっそく試作。
『リコッタチーズケーキ』
f0208017_1144615.jpg

なかなかいい具合に焼けました♪
f0208017_11442622.jpg

でも、ちょっと水分が多いかなぁ。
リコッタチーズパンケーキを焼いたときにも感じたんだけど、
海外のリコッタチーズレシピをそのまま試すと、どうも、水分が多め。
チーズの違いなのだろうか・・・。
f0208017_11444384.jpg

今回は、試作なので、15cmの型で焼きました。
なので、一切れがちいさ〜い。
f0208017_11445866.jpg

ん〜、味は求めているものに近いぞ!
あとは、食感かな〜。

実は、この『リコッタチーズケーキ』は、私の思い出のつまったスイーツのひとつ。
かつて、2ヶ月だけ、マンハッタンでインターンシップを経験したことがありました。
(あ〜もう、10年以上前の話になってしまうのね・・・。)

そのとき、ホームステイしていたところが、
フラッシングという場所。
ニューヨークのクイーンズと呼ばれる地区にあります。

マンハッタンから地下鉄で、約30分ほどでしょうか。
メッツの本拠地シェアスタジアムのすぐ近く。

さて、そのフラッシングですが、駅周辺は、『ここは、アメリカ?』というような感じの場所で、
中華系のお店が多い多い。

でも、そこから車で10分ほどのホストファミリー宅周辺は、もともとイタリア移民の人たちが多く住んでいた所なのだとか。
そのなごりなのか、歩いていけるところにある食料品店は、イタリアンなものが多かったです。

そして、『リコッタチーズケーキ』に出会ったというわけです♪
ニューヨークスタイルでもなく、スフレタイプとも違う、このケーキにびっくり。

ここでの2ヶ月は、インターンシップで得た経験よりも、
ホストファミリーと過ごした生活そのものが、私の人生に大きく影響したと、つくづく思うことがたくさん♪
(ケーキだけじゃなくってね006.gif

というわけで、あの頃のいろいろを家族に伝えるべく、現在試作中というわけです。
by casalingaa | 2010-06-08 12:05
陽が沈んで暗くなるのがずいぶん遅くなりました。
まだ明るいうちに、家族がそろったら、夕ごはんの前にちょっと、アペリティフ(食前酒)などいかがでしょうか?
f0208017_11313186.jpg

「梅酒にしませんか。」
は、とっても飲みやすい、さわやかで、優しい口あたりの梅酒。

甘ったるいところがなく、
また、アルコール分も控えめなので、食前には、ぴったり♪

お供は、ささっと混ぜるだけのひと皿は、こちら

=フルーツのおろしあえ=
f0208017_11314462.jpg

(材料 2人分)
キウイ(ひとくち大にカット) 1/2個
グレープフルーツ(ひとくち大にカット) 1/3個
ミニトマト(半分にカット) 5個
大根おろし(水気を絞って) 大さじ3
E.V.オリーブオイル 大さじ1
ホワイトバルサミコ酢 大さじ1
塩 適宜
いくらのしょうゆ漬け 適宜

作り方は、いくら以外をすべて混ぜ、器に盛りつけていくらをトッピング。

というお手軽さ。

あつかった一日もこれで、クールダウン!


f0208017_11324583.gif

昨年に引き続き、今年もESSEプラチナレポーターズのひとりとしてESSEwebに参加させていただいています♪
by casalingaa | 2010-06-08 11:33
f0208017_1120385.jpg

梅酒は大好き♪
毎夏、いろいろな種類の梅酒を飲み比べるのですが、今回ご縁があり、サントリー「梅酒にしませんか。」をモニターさせていただくことに。

まずは、ストレート(ロック)で、ひとくち。

フルーティー♪
そして、さっぱり♪
甘ったるい感じなし。

切れ味がよく、飲み込んだ後にアルコールっぽさも、甘さも口に残らない。

飲みやすい♪

さっぱり優しい飲みごこちなので、同じくさっぱりしたメニューとあわせてみました。

「梅酒にしませんか。」をフルーティーな白ワインとみたてて、イタリアンメニューとマリアージュ。
f0208017_11205611.jpg

メニューは、
トマトとエビの冷製パスタ
野沢菜のナンピザ
です。

=トマトとエビの冷製パスタ=
f0208017_1121621.jpg

(材料 4人分)
海老(大きめのもの)10尾
アスパラガス 5本
トマト(大きめのもの)1個
トマトジュース(缶入り・無塩のストレートジュース・195g)2缶
砂糖 適宜(大さじ1/2くらい)
塩 適宜(小さじ1/4くらい)
E.V.オリーブオイル 大さじ3
アンチョビフィレ 1枚
おろしニンニク 小さじ1/2
塩こしょう 適宜

カペッリーニ 280g

(作り方)
1 海老とアスパラガスを茹でます。茹で上がったら海老は手でひとくち大にちぎり、アスパラガスは小口切りにします。トマトはさいの目に切っておきます。
2 E.V.オリーブオイル、刻んだアンチョビフィレ、おろしニンニクをよくまぜ、1を加え、塩こしょうで味を整えます。
3 トマトジュースに砂糖と塩をいれて、よく混ぜます。
(ジュースによって、甘みにばらつきがあるので、分量は目安です。)
4 茹であがったカペッリーニを冷水で絞め水気をきって、2と絡めます。
5 お皿に3を注ぎ、4を盛りつけ、完成です。

今回は、トマトジュースを、クールアガーを使ってすこしジェル状にかためています。
キラキラしてキレイですよ。

また、茹でた海老うち2尾分は、バジルペースト(市販品)とあえて上に乗せてみました。

梅酒のさっぱり感と、フルーティーさがトマトのさわやかな酸味と甘みにぴったり♪
暑い季節にぴったりのコンビネーションかも。

=野沢菜のナンピザ=
f0208017_11212127.jpg

(材料 4人分)
市販のナン生地(ミニサイズ) 4枚
野沢菜 適宜
ピザ用チーズ 適宜
食べるラー油 適宜

(作り方)
1 野沢菜を細かく切り、水気を絞ります。
2 ナン生地の上に、1を乗せ、食べるラー油、ピザ用チーズを乗せて、オーブンで焼きます。
チーズが溶けたら出来上がり♪

クリスピータイプの生地よりも、もちもちタイプの生地の方が相性がいいです。
サイズといい、食感といい、ミニサイズのナンはぴったり♪

食べるラー油は普通のラー油でも美味しくできると思いますよ。

ちょっと辛くしても、梅酒のフルーティーな甘さがすぐにお口を元に戻してくれます。

そして、デザートも梅酒を使って。
=ババ・オ・梅酒=
f0208017_11213542.jpg

ラム酒のシロップを梅酒に置き換えてみました。
ブリオッシュにたっぷりと「梅酒にしませんか。」をしみ込ませ、
刻んだ梅酒の梅(市販のもの)を混ぜた生クリームをのせました。

大人のデザートです♪

「梅酒にしませんか。」は、
アルコール分控えめ、カロリーも控えめなので、安心ですね。

安心と言えば、梅は国産梅100%使用。
そういうところ、結構大切です。

f0208017_11262650.gif

昨年に引き続き、今年もESSEプラチナレポーターズのひとりとしてESSEwebに参加させていただいています♪
by casalingaa | 2010-06-08 11:29
f0208017_9593750.jpg


息子くんを送った後のひととき。
読みかけの本を終えるぞ!

好きな画家のひとり、
藤田嗣治の絵画作品だけでなく、
インテリアやファッション、クラフトなども紹介している本です。
多才な人だったんだなぁ

最近朝食どき以外は、ミルクなしでいただくコーヒー。
今日はお店のオススメでオレンジシロップをプラスしてカスタマイズ。

ん〜オレンジピール入りのチョコな味わい。
好き嫌いは別れそう。
私には甘い。香りはいいのに。
マカロン買ったけど、一緒には無理。
お持ち帰りです。
by casalingaA | 2010-06-07 09:59