<   2010年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

f0208017_1214545.jpg

いつものワッフルレシピを、ちょっとアレンジ。
全粒粉を加えて作業手順もちょっと変えてみました。

=レシピ(ワッフル8枚分)=
卵 3個
牛乳 200cc
無塩バター 90g
薄力粉 100g
全粒粉 100g
塩 小さじ1/2
ベーキングパウダー 大さじ1
砂糖 小さじ2

1 卵が白くもったりとするまで、泡立て器で混ぜます。
 (ボールを温めながらやると簡単です。)

2 牛乳とバターを小鍋にいれ、バターが溶けるまで温めます。
 (牛乳が沸騰する前にバターを溶かしたいので、バターは細かく切っていれます。)

3 残りの材料を全部あわせてふるいにかけます。
  1のボールに2の液体を入れて混ぜ、そして粉類を加え混ぜていきます。
  ワッフルメーカーで焼きます。

フルーツと一緒にお皿にのせて、粉糖をかけてできあがり♪
f0208017_12162593.jpg

今日はクロテッドクリームとイチゴジャムを乗せて食べました。

全粒粉を加えたことで、カリッと香ばしく、風味豊かなワッフルに仕上がりました011.gif
「いつものワッフル」より好評なので、これからは、「コチラがいつものワッフル」と、なりそうです。

今朝は肌寒いくらいでしたが、「高原の朝みたいだね〜」と言いつつ、テラスドアを開けて朝ごはんをいただきました。
f0208017_121673.jpg

BGMは、大好きなBette Midler。
by casalingaa | 2010-05-30 12:29
子供たちが、寝静まったあと、ひとり、カスタードクリームをつくる私。
目の離せない作業が多いので、この静かなひとときが、ベストタイム。

最近、何かとばたばたすることの多い毎日。
それでも、おやつ&デザートは手作りにこだわりたい。

そんなとき、カスタードクリームが冷凍庫にストックされていると、何かと便利。

今回は、いつものレシピの2倍量をつくったので、腕が痛いです066.gif

早速、デザートに。
カスタードクリームを裏ごしし、牛乳を加えてゆるめ、
バナナの上にかけただけ。
f0208017_2137216.jpg

藤野真紀子先生に教わったレシピでつくるカスタードは、
とっても濃厚で、クリームだけでも、じゅうぶん満足できるもの。
(お教室では、『シュークリーム』を習ってきたのですが、いっこうにシューを焼くところまでたどり着きません008.gif

フルーツの上にかければ、デザートの一皿へとあっという間に変身です♪

バナナといえば、最近のお気に入りアイテムはこれ↓
f0208017_21415411.jpg

『バナナスライサー』

バナナの上にのせて、
f0208017_21424348.jpg


押し下げると、
f0208017_2143658.jpg

バナナがスライスされます♪

今回は、熟れ熟れのバナナだったので、エッジがぼそぼそしちゃってますが、
硬めのバナナだと、とってもきれいに切れます。

バナナをスライスすると、まな板の上転がりませんか?
それから、解放されます006.gif

ま、それだけのことなんですけどね。
欲を言えば、スライスの感覚はもうちょっと狭くても良いと思うんですけどね。

シリアルとか、ヨーグルトのためにちょっと使える、私のお気に入りです053.gif
by casalingaa | 2010-05-29 21:51
息子くん、初めての遠足は、057.gifあめ。
雨天決行でした。
(一度延期になったのに、予備日も雨って・・・。)

おべんとうを、作っているころから、怪しい空模様・・・。
『どこで食べることになっても、上手く食べられるように』
と、今回は、個別のボックスランチにしてみました。

f0208017_16372742.jpg

ささっと、いただけるように、中身も軽め。
あとでいっぱいお菓子を食べるしね011.gif

メニューは、カツサンドに、ミニトマト、揚げポテト、
そして、トライフル風簡単デザート。
冷凍してあったカスタードを、イチゴ&キウイといっしょにカップにいれるだけの簡単デザートです。

そして、同じく、冷凍してあった、ショートブレッド・クッキーの生地を使って、
f0208017_1643643.jpg

スマイリークッキーを焼きました♪

その他のおやつは、子供同士で交換できるように、小分けになった、グミとミニサイズのハーシーチョコ。

どちらも、持ち手のついた箱にいれていきました。
(この箱をみると、チャイニーズのケータリングを思い出します。)

息子くんの先生の出身地は、スコットランド。
ショートブレッドを、お弁当timeに試食してもらいましたよ♪
お褒めの言葉いただいちゃいました。
故郷を思い出していただけたようです。
お世辞でもうれしーです。

先生が大好きな息子くん♪
f0208017_1644527.jpg

遠足の間はずっと、先生の隣をキープ。
ありったけの知識をもって、英語でコミュニケーションする後ろ姿をみて、ここ2ヶ月の成長を感じます。

ちなみに、息子くんの幼稚園の遠足は、
先生が子供たちと一緒に動物をみてまわり、
親たちは、その後ろをついていくという、
屋外授業参観のようなスタイルです。

さて、何しろ雨降り。
ときどき、どしゃぶり。
f0208017_1646890.jpg

キリンは、なんだか黄昏てるみたい?
「キリンのおうちのドアはやっぱり大きいね。」

そういえば、雨降りだから?
いつもより、動きが活発な動物も。
f0208017_16475858.jpg

じゃれあう?2頭のサイ。
"They are kissing!"と大きな声で教えてくれた上級生。
なんて、かわいいコメント053.gifなんでしょう。

でも、実際は柵を越えて泥がとんでくるほど、激しいぶつかり合いでした。
実はケンカしてた???

そして、息子にとってのメインイベントは、コチラ↓
f0208017_16512372.jpg

ウサギを抱っこ。
大好きなウサギを存分に抱っこできて、かなりご満悦です。

夢の中でもウサギと一緒?
f0208017_1654576.jpg

山の中の直売所で買った山菜『こしあぶら』
とりあえず、天ぷらで食べたあくる日は、お店の人に教えていただいたレシピで、混ぜご飯に挑戦!
『こしあぶら』天ぷら編は、コチラ→http://casalingaA.exblog.jp/13792148/

タラ〜ン♪
コチラ↓できあがり。
f0208017_15353912.jpg

香りをお届けできないのが、本当に残念002.gifな一品です。
すご〜くいい香りです。

春の野山を存分に感じられる香りと、お味に大満足!
日本に生まれてよかったなぁ〜と思う瞬間です。

ちなみに、つくりかたは、
ごま油で『こしあぶら』と、油揚げをいためて、お醤油とお砂糖で味付け。
それを、炊きたてのご飯に混ぜる。
という、とっても簡単なもの。

山菜といえば、『天ぷら』のイメージでしたが、
『混ぜご飯』も、かなりグッド049.gif

この日のお供は、
f0208017_1539577.jpg

お蕎麦のサラダ。

中途半端に残ったお蕎麦と、生野菜を混ぜ、信州産蓼科牛を茹でたものを、のせてみました。
そばつゆでいただきます。

お蕎麦好きな我が家の子供たちは、お蕎麦が入っているからか、今日ももりもりお野菜を食べてくれました♪

やっぱり、信州のお蕎麦は美味しいです。
お蕎麦はやっぱり黒くなくっちゃ〜。
と、常々思う、わたしです。
by casalingaa | 2010-05-28 15:47
雨がふったかと思うと、
太陽がぎらぎらと、

そんなお天気にちょっと疲れ気味のわたくしですが、

だからこそ、ここぞとばかりに、
勢いを増す庭の植物たち。

そろそろ手を入れないと、ジャングルだー。

と、思っていたら!

おおっ!ようやくつぼみが〜。
f0208017_13111237.jpg

これ↑何だかわかりますか〜?

アーティチョークのつぼみです。

食べられます。
アーティチョーク好きな私のために、去年夫が植えてくれました。

ようやく!です。

さて、どうしましょうか。

食べる?

でも、どんな花が咲くのか見てみたいかも。
by casalingaa | 2010-05-27 13:15
f0208017_1237395.jpg

暑くても食べたい(作りたい)焼き菓子。
さっぱり&フルーティーなパウンドケーキを作ってみました072.gif

パイナップルの水分で、しっとり♪ジューシー♪
南国気分で〜す。

暑い058.gifので、冷やしていただいてます011.gif

=材料=
ココナッツファイン(無糖のもの) 120g

無塩バター 120g
グラニュー糖 150g

卵 3個

小麦粉 150g
ベーキングソーダ 小さじ1/2
塩 小さじ1/2

ヨーグルト(無糖) 130g(約1/2カップ)
(1カップ=200cc)

パイナップル缶(明治屋さんの総量565gのサイズ) 1缶

=作り方=
1 オーブンを170℃に予熱。
2 ココナッツファインを天板に広げて軽く色付くまでオーブンで焼く。(10分弱)
3 粉類はあわせてふるっておく。
4 バターに砂糖をいれてまぜ、卵をいれてさらに混ぜる。
5 粉類→ヨーグルト→粉類→ヨーグルト→粉類と、4に混ぜていく。
6 パイナップル缶から実だけを取り出し、細かくきって、水気を軽く絞る。
7 ココナッツファインの2/3量と、パイナップルを5に加えて混ぜ、パウンド型に流し、残りのココナッツファインをのせて、オーブンへ。
8 65〜70分ほど焼く。
9 焼き上がったら15分ほど型にいれたまま冷まし、その後、クーラーにのせて、冷ます。



by casalingaa | 2010-05-25 12:50
軽井沢からの帰り道。
ちょっと、道を間違えた。

た、大変。
あっという間に山の中。

ひきかえすことも、迂回することもできず、覚悟をきめてつきすすむ。

たどった道は、軽井沢下仁田線。
そう、峠をくだり、ネギで有名な下仁田にでる道です。

道は舗装されていましたが、すご〜いカーブの連続で、運転する主人の緊張が伝わってきます。
でも、隣に座る私にとっては、このうえない、素敵なドライブでした〜。

その道すがら、ちょっと寄り道した山の中の直売所。
並んでいるのは、山菜。
名前も、値段も置いてない。

こんなに知らないものばかりがならぶお店は、はじめてだ・・・。

お店の人に教わって、買ってきたのは、こちら、
f0208017_12345475.jpg

『こしあぶら』
f0208017_12352855.jpg

いまが旬なんですって。
今朝採ってきたばかりというものを、わけてもらいました。

食べ方もいろいろ教わったんですけど、とりあえず、天ぷらにしてみました。
f0208017_1236131.jpg

一緒に揚げたのは、すべて信州産の朝どれ野菜たち。
ズッキーニ、アスパラガス、インゲン(海老と一緒にかき揚げ風に)

f0208017_12383814.jpg

塩でいただきました。
味も、香りもすごく濃い!

こしあぶらは、食感といい香りといい、たらの芽によく似ている気がしました。
あと、山菜特有の苦みは、ふきのとうの苦みに似ているかも。

子供達には、NGでしたけど、大人にとっては、贅沢な山里の春の味わい♪

いちごもまだ売ってました。
信州産のイチゴです。

お味噌汁の中には、キノコをたくさん♪

山のごちそう、でした。

まだ残っている『こしあぶら』で、違うメニューに挑戦してみようと思います。
by casalingaa | 2010-05-24 12:45
f0208017_1731769.jpg


蕎麦湯に唸る三歳児
by casalingaA | 2010-05-22 17:03
f0208017_16582999.jpg


くるみだれのせいろ
美味しい!
by casalingaA | 2010-05-22 16:58
f0208017_1212459.jpg



軽井沢タリアセンに食材を持ち込んでピクニック
バゲット&メレンゲはフランスベーカリーで
その他はツルヤで

子供たちはカモにパンをあげるのに夢中
by casalingaA | 2010-05-22 12:01