<   2010年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ずいぶん春めいてきましたね056.gif
こうなってくると、食べたくなるのは、『キッシュ』011.gif

というわけで、金曜日の夜、仕込みました066.gif
コチラ↓完成品です。
f0208017_910653.gif


やっぱりホームメードの『キッシュ』は、美味しい072.gif
今回は、特に好評で、歴代最高点いただきました003.gif
(オリンピック風に)

というわけで、ざっくりと、レシピを。
まずは、型。

f0208017_9132584.gif

右は、一般的なタルト型。
左は、それよりも高さのあるタイプ。
私は、たっぷり中身のあるキッシュが好きなので、左のタイプを使っています。
直径20センチで、深さが4.5センチくらいです。

生地は、フードプロセッサーでお手軽に♪
汚れ物も最小限に。

せっかくなので、今回は、型2台分の生地をつくります。
最終的に半分は、冷凍庫へ。

=生地(パートブリゼ)レシピ=
薄力粉150g、強力粉150g、砂糖 小さじ2、塩 小さじ1をフードプロセッサーにいれます。
ちょっと混ぜてから、細かく切った無塩バター150gをいれて、ガガーッと。
バターが細かくなって、粉が目の粗い砂のようになったらOK
(バターが細かくなりすぎないように要注意です。)
さらに、フードプロセッサーを動かしながら、溶き卵2個分を混ぜ合わせます。
生地がまとまったら出来上がり。

打ち粉をしたラップの上にとりだして、まとめて冷蔵庫へ。
しっかり休ませます。

その後、生地を2等分して、残りは、冷凍庫へ。
のばして、型に敷き込みます。
そして、再び冷蔵庫へ。
ここで再びしっかり冷やしてから焼き上げると、焼いても生地が縮まず、きれいに焼き上がります。

底にフォークでピケしてからおもりをのせて、200℃のオーブンで10分焼き、おもりをとって、5分焼きます。
おもりですが、パイウェイトという専用の道具がありますが、わがやはコレ↓
f0208017_9292531.gif

小豆です。小粒なものなので、型のすみずみまで行き渡るので、便利です。

=具の準備=
具は、もうあるものを、お好みで。
今回は、
ブロッコリー、カリフラワー、ジャガイモをゆでたもの。
タマネギをスライスしてレンジでチン♪したもの。
スモークサーモン。
IKEAの冷凍甘エビを解凍したもの。
をいれました。

かつては、具をひとつひとつ、いためて、塩こしょうして、とやっていたのですが、出来上がりが油っぽいのと、ちょっと塩味がききすぎてしまうので、具の準備は、すべて茹でるかレンジでやっています。

=アパイユ(卵液)のレシピ=
卵 3個
生クリーム200cc
塩コショウ 少々
ドライパセリ お好みで

材料をすべて良〜く混ぜてできあがり。

=組み立て=
焼き上がった型に、すこしアパイユを流します。
そこへ、具をならべて、ふたたびアパイユを流します。
最後に、グリュイエールチーズ(すりおろし)をたっぷりと100gほどのせ、モツァレラチーズをちぎってのせて完成です。
180℃のオーブンで焼き上げます。

焼きたては、こんな感じ↓
f0208017_9361134.gif

すぐに切ってしまうと、中身が流れ出してしまうので、しっかり冷めるまでガマンガマン。
温かいうちにたべるときは、小さい型で一人分ずつ焼くといいですよ。

f0208017_9373161.gif

翌朝。キッシュを切り分けます。断面はこんな↑です。

f0208017_9381575.gif

お皿に盛りつけ。
キッシュは盛りつける前に電子レンジで軽く温めました。
簡単なサラダと、昨晩の残り鶏肉のトマトソース煮込みと一緒に。

作り方を文章にして書くと面倒そう021.gifですよね。
でも、意外と簡単にできちゃうんですよ。
タルト型がなくても平気。ケーキの型や、マフィンの型でも焼けます。

次のキッシュはなに入れて焼こうかな011.gif
by casalingaa | 2010-02-28 09:46
必要なものだけ。
今日は、チーズだけ。と、思ったけど。
やっぱり?結局?すんなり、と、でてこられないお店、KALDI。

お買い物リストになかったものたち↓
f0208017_22184357.gif


クッキーは、パケ買い。
おいしそ〜なオーラと、あまりのかわいさに。

赤い方のクッキーは、フランスのガレット。
前から美味しそう!って言ってたんです。私と主人の間で。
月末セールということで、ちょっとお値段が下がっていました。
だから、買い!
f0208017_22214465.gif

こんな感じのシンプルなかたち。
f0208017_22215763.gif

バターたっぷり、さっくさく。
原材料欄をみると、とってもシンプル。そういうのが、安心。

そして、ライオンとネズミのビスケットは、イギリスのもの。
個人的には、イギリスのビスケットはあまりはずれがない、と思ってます。やっぱりお茶の国だから?
これは、イソップ物語の『ライオンとねずみ』がモチーフなんだとか。
f0208017_22264575.gif

美味しくて、お話をする前になくなりそうです。
見た目は普通のビスケットのようですが、これ、イチゴ味なんです。
濃縮イチゴ果汁がはいっています。

こんなビスケットはじめてです。
子供のおやつのつもりが、大人も美味しい011.gif
ほかにあと3種類あるので、ぜひトライしたいです。

あとは、大好きなアーティチョークと、ドライトマトのビン詰め。
ピザの具にどうかと思って買ってみました。

あぁ、チーズだけと、思ってきたんですけどね。
by casalingaa | 2010-02-27 22:32
f0208017_20474785.gif

ちょっと立ち寄ったスーパーマーケットで、ポピーを発見056.gif
この何ともいえない、茎の曲がりぐあい、つぼみのかたち。
そして、薄紙のような、でも鮮やかなパステルカラーの、華奢なお花。
ラブリー016.gif

f0208017_2048194.gif

最近、外出するたびにお花を買ってきてしまうなぁ。
ポピーにはいろいろ種類がありますが、これは多分「アイスランドポピー(Iceland Poppy)」
(どなたか、よくおわかりになる方ありましたら教えてくださいね)
もちろん、阿片を含まない種類ですよ029.gif

お店にはいろんな色の花の束があったので、どれにしようか、迷っていると・・・。
息子くん:「ママ!大変!お花がよごれてるよ〜」
???
f0208017_20535711.gif

どうやら、茎や蕾を覆っている毛を、カビと、思ったみたい001.gif

ちなみに、娘は、ポピーを見て、
『コレって、虫とか食べちゃうお花でしょう』と。
それって、食虫植物のこと?
いえいえ、違いますから。
この中からは、とっても、きれいなお花が生まれるんだから!

f0208017_211369.gif

今朝見たときは、まだ1輪しか咲いていなかったのに、朝食を済ませてみて見ると、2輪目が咲いてました005.gif
あっ!と思っていると、3輪目のつぼみが開花056.gif
中からきれいなお花が出てきて、ゆ〜っくり開いていく様子を、家族全員で見守っていました。
下を向いていたつぼみも、お花が生まれると、自然と上を向くんですよ。
愛すべき週末の穏やかな時間です。

さて、ここ2、3日のあたたかい日々のおかげで、裏のお宅のミモザが開花しました!
f0208017_2173358.gif

毎年楽しみにしているんです012.gif

ミモザと言えば、『3月8日 はミモザの日』
ご存知ですか?
国際女性デーということで、イタリアではこの日に、男性が日ごろの感謝を込めて女性にミモザの花を贈るとか。

私の技術では、なかなか上手く飾れなくて、ついブーケにしてもらって、買ってきちゃうのですが、多少お値段がはっても、ぜひ飾っておきたい、大好きな春のお花。
主人や息子くんが買ってきてくる日は、いつかくる???

でも、この家に引っ越してからは、お隣のミモザが大活躍。
なにしろ、我が家のテラスドアからばっちり見える場所にあるので、食事をいただきながら見ることができるのです。
感謝感謝です。
by casalingaa | 2010-02-27 21:17
f0208017_1156477.gif

連日、オリンピックが気になって、おうちにいることの多いわたし。
テレビをちらちら観ながらお菓子をつくる→わたしにとっては、幸せな時間です。

今日は、前から作ろうと、材料をそろえておいた
『生姜とホワイトチョコのビスコッティ』

生姜は、フレッシュなものではなく、砂糖漬けになったものを使います。
今回、とてもいいものにめぐりあえたので、さっそくビスコッティに。

f0208017_12091.gif

ひりひりとまでは、いかなくても、ひりっとする、生姜独特の辛みと、
ホワイトチョコのミルキーな甘さのバランスに、はまります。

でも、これは、大人のお菓子053.gif

おこさま用には、生姜をドライクランベリーに置き換えたものをつくりました。
f0208017_1215349.gif

見た目にあまり変わらないので、間違えちゃうと、辛いぞ〜037.gif

生姜とホワイトチョコの方には、ホワイトチョコをつけてみました。
これで、間違わないね012.gif
f0208017_1235466.gif

ビスコッティーなので、コーヒー系の飲み物にもあいますが、生姜ということで、チャイや、ミルクティーにも良く合います。こどもたちは、ホットミルク。
でも、意外と日本茶でもOK。

市販のもののように、ちょっと、噛むのに力がいるような固さではなく、さくっと噛める固さに仕上げてます。なので、飲み物にディップしちゃうと、くずれちゃう〜
でも、安心して、おじいちゃんおばあちゃんにもおすそわけできます。

一緒においてあるのが、今回の主役、生姜の砂糖漬け。
ひとかけで、ほんとうに、体が温まり、元気になるのです♪
by casalingaa | 2010-02-25 12:11
f0208017_1136115.gif

レシピには、『マドレーヌ』とありましたが、バターなし。
菜種油でつくるレシピです。

う〜ん026.gif
やっぱりバターが香らない『マドレーヌ』は、違う気がする。

カロリーは高くなるかもしれませんが、発酵バターをたっぷりと。
が、好きだなぁ。やっぱり。

でも、これを、焼き菓子、小さなレモンケーキと考えれば、
レモンの皮のすりおろしが、とっても優しく香って、
オイルのしっとり感や、クセのなさ、
粉の風味が感じれられる、美味しいおやつ011.gif

今回は、↑のように、バラのお花のかたちにエレガントに。
そして、↓のように、半球状の型で可愛らしく、焼いてみました。
f0208017_1144456.gif


今回は、レシピ通りに菜種油を使いましたが、たぶん、オリーブオイルのほうが、美味しくなりそう。
いいフレッシュバジルが手に入る季節になったら、レモン&バジル&オリーブオイルで南イタリア風のケーキにアレンジしてみたいと思います012.gif
by casalingaa | 2010-02-25 11:49
オリンピックご覧になってますか?
私は、こんなに観ているのははじめて、ってくらい、観てます。
はまってます♪
ありがたいことに、主婦がTV観戦しやす時差ですよね。

さぁ、明日は、いよいよ女子フィギュアスケートですね072.gif
楽しみです。

f0208017_20551239.gif

春野菜のフリットをならべて、オリンピックムードを盛り上げてみました。
五輪マークのつもり。
新タマネギとアスパラガスのフリットでした。

春野菜もいろいろお店に並ぶようになりましたね。
春野菜大好きなので、待ち遠しいです。
by casalingaa | 2010-02-23 21:01
f0208017_9323524.gif

『オーブンミトン』の小嶋ルミさんのレシピで、コーンブレッドを焼きました。
すご〜い。美味し〜い。

甘さ控えめなのも、表面のぱりっも、コーングリッツのつぶつぶも、全部ぜ〜んぶ美味し〜い011.gif

ちょっと、コーンブレッド、見直したな045.gif

f0208017_9385369.gif

オーブンじゃなくって、フライパンで焼きました。
コーングリッツの黄色がとてもきれいで、なんだか、絵本「ぐりとぐら」をおもいだしちゃいました。
カステラじゃないけど。

f0208017_9411467.gif

蜂蜜をかけていただきます。
今回は、コーングリッツの香りや味わいを大切にしたかったので、蜂蜜は、クセのないアカシヤのものを。
お供は、生ハムのサラダとイチゴです。

f0208017_9444070.gif

コーヒーというよりは、ミルクティーな気分♪
チャイをいれました063.gif

そういえば。
f0208017_9462351.gif

かつて、すご〜く安くなっていて、よくわからないまま、買ってみたお魚の型。
これ、コーンブレッド用のものです。
キャストアイロンなので、大きさのわりに、すご〜く重いです。

アメリカの伝統的なものらしいんですけど、使いこなせてないです。
いろいろ調べてみると、いまは、実際に型として使われているというよりかは、インテリアとして使われていることの方が多いとか。

こんどは、コレで焼いてみよう。
by casalingaa | 2010-02-22 09:51
ずっと、気になっていたお店『Maison romi-unie』
ちょっと遠いな、と思っていたんですけど、住所をよくよく見てみると027.gif
月いちで、でかけるお菓子教室と、番地をのぞいて同じ。

ということは、近いはず!
地図で確認すると、やっぱりご近所。

さっそく、先日行ってみました。
f0208017_1155341.gif

カトル・カール・メゾン
ケイク・オランジュ
サブレ・ブーランジェ(四角いクッキー)
バター・ガレット(丸いクッキー)
を、買ってみましたよ。

f0208017_1159098.gif

↑カトル・カール・メゾン
カトル・カールは、卵、粉、砂糖、バターの4つの材料を1/4ずつ使うお菓子です。
この名前で売っていても、実際は、違う配合で作られていることの多いこのお菓子。
この通りの配合で作るカトル・カールにこだわったそうです。

ちょうど、お菓子教室で、
「美味しい焼き菓子は、その切り口をみれば、味を見なくてもわかる」
と、教わってきたところ。

たしかに。なっとく。

本当に美味しい。
素材選びや、お菓子の作り方、そして、お店そのもの。
すべてにおいて、焼き菓子への愛情あふれる空間&お菓子です。

焼き菓子いいな〜やっぱり。

先日買った雑誌に、レシピがのっていたので、今度、挑戦してみたいと思います。

お菓子教室に通い始めてあらためて、強く感じたこと。
『レシピ通りにつくっても、同じ味が再現できているとは限らないということ』

やっぱり、どんどんでかけて、美味しいもの探訪!
不可欠です!!

このカトル・カール・メゾン。
老若男女を問わない、美味しい手土産になること間違いなし。
日持ちもいいし。(1週間ほど)
さっそく、我が家の手土産リストに仲間入りです。
by casalingaa | 2010-02-20 12:10
ちょっと前になりますが、実家のある富山で、ブリがたくさんとれました。
ハイ、氷見産天然ブリです。

今年は、あまりとれないとか。
お天気が悪い日が多いし。

さっそく母が手配してくれ、いつもお願いしているお魚屋さんが、ブリを送ってくれました。

海のない埼玉の我が家でいただく、きときと(富山弁で、『新鮮』という意)なブリ。

皮がついたままの、かな〜り大きな塊でとどいたブリを、よいしょと、さばきます。
こんなときは、『有次』の出刃包丁が大活躍。
なんだか気分は魚屋さん♪

スーパーではありえない厚みにスライス011.gif
f0208017_20193330.gif

贅沢です053.gif

そして、今回は、お刺身だけでなく、「ブリしゃぶ」にも挑戦。
といっても、いままで食べたことないんですよね。
だから、こんな感じ?っていう、想像。
つまり、我が家オリジナルの「ブリしゃぶ」です。
f0208017_20221680.gif

土鍋に、お出汁(出汁パック)と、ほうれん草、ねぎ、大根&人参(ピーラーでリボン上にスライス)をいれてひと煮たち。

そこで、ブリをしゃぶしゃぶと。
表面の色が白くなったら、すぐ引き上げます。

薬味は、いろいろ出してはみましたが、
やはり、紅葉おろしがいちばん。

大根に、菜箸で穴をあけ、鷹の爪をうめこんで、一緒におろします。
f0208017_20224255.gif


f0208017_20223195.gif

ポン酢と紅葉おろしでいただくと、最高072.gif

最初は、
「そうはいっても、お刺身がいちばん美味しいのでは」
と、思っていたのですが、
食べて、びっくり005.gif

脂の味がとっても上品になって、しかも、甘みが増しました。
ほんとうに、いくらでもおなかに入る、感じです。

翌朝。
そうはいっても、残ったスープはお魚臭いかな?と思っていたのですが、
そんなことは、ありませんでした。

というわけで、雑炊に。
雑炊というか、シーフードリゾットなお味。

のこさず、ぜ〜んぶいただきました!
やっぱり、ブリは、氷見のブリ。

「ブリ食べに、里帰りしようか?」by主人
by casalingaa | 2010-02-18 20:52
f0208017_17531719.gif

お花屋さんにも、春のお花がたくさん並ぶようになりました♪
春はすぐそこまでやってきた?
と思ったら、雪。

20代は、ゴージャスなお花が、一番だった。
バラや、ユリなど。
たくさん、どさっと、いけるのが、好きでした。

近頃気になるのは、どちらかというと、野の花系056.gif

ヒヤシンスは、球根ごと売られてました。
おもしろ〜い。
花言葉は、『悲哀』

パンジーは、あまりの愛らしさに、おもわず、手が伸びました。
花言葉は、『私を想って』

なんだか寂しすぎる花言葉ですが、
外出から帰ったとき、
朝いちばんにリビングに入ったとき、
ヒヤシンスのやさし〜い香りに気づきます。

癒されます012.gif

子供たちと、お散歩帰りに雑草と呼ばれる類のお花を持ち帰れるのは、まだ先のこと。
あ〜待ち遠しいな。

といいつつも、バラは、いまでもよく買います。
でも、すこしだけ。

そして、最期まで。
f0208017_1861213.gif

花びらが、落ちるかな・・・。
というあたりの色合いが、いちばん好き。
by casalingaa | 2010-02-18 18:09