<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

冬休みがはじまりました006.gif
そして!2010年はすぐそこ!!

クリスマスが終わっても、ひといきついている余裕が無い008.gif
年内に終わらせておきたいことの締め切りは、たいていが今日。

こんなとき、私だけなら、お昼など、適当にすませて(というか、パスして)しまうのですが、子供たちがいるお休み中となると、そんなわけにもいきません。

手早く、
手軽にできて、
栄養のバランスも(まぁ)よくて、
子供たちが喜び、
息子もひとりで上手に食べることができる、

そんな(私にとって)都合の良い、ランチメニューって・・・。

そうだ、『のりまき』
コレにしてみましょう。

今日は、海苔の上に、ご飯をひいて、
まぐろのたたき(冷凍庫にあったもの)
サラダミックス
人参の千切り
と、マヨネーズを一緒に巻いたものと、

おなじく、
ハム
サラダミックス
人参の千切り
さけるチーズ
を、マヨネーズと一緒に巻いたものを、

つくってみました。
f0208017_14405360.gif

ガス火も使わず、電子レンジすら使わない。
なんて、お手軽049.gif

ワンプレートに盛りつけて、ゼリーなんかも一緒にのせてみると、
f0208017_1442273.gif

お子様ランチ〜♪と息子のテンションもあがったみたい。
そして、後片付けもラクチン!

これなら、私もつまみつつ、雑事をこなすことができたりして。
(お行儀悪いです・・・。)

『のりまき』
作りながら思いました。すばらしいフィンガーフードだなって。
具の取り合わせにも無限の可能性を感じました011.gif
何しろ今日は、冷蔵庫の有り合わせですから。
by casalingaa | 2009-12-28 14:49
12月25日金曜日068.gif
明日はお休み。
なので、お酒ありでクリスマス072.gifディナーふたたび。

本日のテーブルはこんな感じにしてみました。
f0208017_21115590.gif

クリスマス柄の手ぬぐいをテーブルランナーに。
f0208017_2132716.gif

今回は、赤を少しきかせて、より明るい感じに。
イヴのテーブルよりもクリスマスらしいかも。

f0208017_2151114.gif

メニューは、
スモークサーモンとサラダ
マグロのほほ肉の香草パン粉焼き
(お酒にあわせて、シーフードでまとめてみました。)
f0208017_21133615.gif


そして、
チーズはブリーとパルミジャーノを。
他には、リエットとドライフルーツ、オリーブなども用意してみました。

バゲットもたくさん用意して2度目のクリスマスディナーのはじまりです♪

そうそう、今回は、お酒も。
年に一度のクリスマス072.gifなので、ちょっと奮発したシャンパーニュを。
子供たちは、はじめてシャンメリーに挑戦です。

クリスマスソングをBGMに、時間をかけてゆっくりといただくディナーは格別です012.gif
そしてなにより、あらためて、いろんなことへの感謝の気持ちを言葉で語らうことができるのは、やっぱりクリスマスの力かも。
普段思っていてもなかなか口にできないような
家族への感謝のきもち。
社会への感謝のきもち。
そして、自然への感謝のきもち。
そんなことを娘や主人とゆっくり語らうことのできた夜でした。
(息子くんにはまだちょっと難しい話題が多かったのですが、にこにこして聞いてくれてました。)
by casalingaa | 2009-12-26 21:25
12月24日クリスマスイヴ。
小学校って、イヴもクリスマスも学校なんですね〜。
いまさらながら、びっくり。
(学校にもよるかと思われますが、娘の小学校は、25日が終業式でした。)
翌日学校かと思うと、なんだかゆっくりディナーという訳にも・・・。

ということで、今年は我が家はクリスマスをイヴの夜と、クリスマス当日の夜と2回お祝いすることにしました。って、お祝いっていうか、いっぱい食べたい&飲みたいだけ?

イヴの夜はお酒なし、クリスマス夜はお酒ありということでメニューを決めました。

イヴの日中は、夜、サンタさんに捧げるためのクッキーを焼きつつ、お掃除&テーブルの準備。
お花は、こんなアレンジ↓にいけてみました。
f0208017_20255460.gif

今回は、お花はすべて、スーパーとか地元の産直マーケットみたいなところで買ったものなので、ほんとうにお安く求めることができました。↑で500円かかってません。
テーマカラーは、クリスマスカラーのレッド&グリーンです。
家族だけなので、テーブルはランナーをひいただけの簡単なコーディネート。
お花のとなりのサンタさんは、ブラジルにいる友達が贈ってくれたもの。
先日届いたばかりなのですが、かなり気に入っています。

さて、イヴ024.gifディナーのメニューは、
f0208017_20301388.gif

鶏もも肉のロースト
f0208017_20314316.gif

ブロッコリーのオリキエッテ
f0208017_2032434.gif

トマトのロースト
です。

そして、デザートは、もちろんケーキ。

たくさん食べた〜。満腹です026.gif

あとは、サンタクロースさんを待つばかり。
というわけで、クッキーとミルク(for サンタクロース)、人参(forトナカイ)を準備しました。
クッキーは今年は、みんなが好きないつものホワイトチョコとマカデミアナッツのクッキーに、オレンジジュースでもどしたドライチェリーを加えて、クリスマスっぽくアレンジしたものです。
f0208017_20391516.gif

娘の書いたお手紙といっしょに。
もう、絶対に来てくれる!と信じてるからね〜という気持ちが感じられます。
何しろ、すでにお礼状ですから006.gif

さて、翌朝、ツリーのもとにあったクッキーと人参はなくなり、ミルクもすっかり飲み干してありました。
そして、ツリーの元にはプレゼントが。

よかったね053.gif
by casalingaa | 2009-12-26 20:52
今年のクリスマスケーキは、おこさま仕様と、おとな仕様の2つをつくることにしてみました072.gif
大人も子供も満足のいくケーキを!というのもさることながら、
おこさま仕様のケーキを、娘&息子がデコレーションをする!!
ということが、何より2つ作ってしまおう!という理由です。

そのむかし、実家の近くにお料理教室をひらいてらっしゃるかたが住んでいました。
その方は、クリスマスイヴの日になると、スポンジケーキを焼いて持ってきてくださいました。
そのケーキに、生クリームやイチゴを使って、デコレーションするのは、弟と私。
おそらく私は8歳前後と思われます。

母は、なんにもいわずに、ただただすべてを任せてくれていたと記憶しています。
と、いいますか、母は当時からものすご〜く忙しい人&おおらかな人&豪快な人でしたので、
幼い私たちに、『じゃ、任せたよ!』と言って、本当に任せてしまえる人。(←いまでもそうですが。わたしとは、正反対なので、ちょっとうらやましく思っています、じつのところ。)

弟は覚えているかわかりませんが、私にとっては、いまでも、とっても楽しい子供の頃のクリスマスの思い出のひとつ。

だからこそ、まだ6歳&3歳の子供たちですが、やってみよう!と思ったのかも。

まずは、事前に娘とわたしで、どんな感じのケーキにするか、あらかじめ相談しながら、ケーキに飾るアイテムを、一緒にインターネットでショッピング。

そして、イヴ当日。

2台のジェノワーズ生地をつくるのは、ママのお仕事。
年に数回しか作らないので、いっこうに上達しない私ですが002.gif
今年の出来上がりは、こんな感じ。
(上下にスライスした後)
f0208017_12395187.gif

まだまだキメや、つやなどに課題は残りますが、満足な焼き上がり。
ということにしてしまおう。

そして、この生地をつかって、娘&息子の挑戦がはじまります。
実は、娘は去年も挑戦しているのですが、なんだかんだで、私が手を出してしまったので、今年こそは、任せてみよう!という、むしろ私の挑戦です。

まずは、生地を上下に2等分。
何か言いたい!手を出したい!自分をぐっとこらえ、娘を見守ること数分。

多少のずれは気にしない気にしない。

そして、お待ちかねのデコレーション。
生クリームや、いちご、砂糖細工などをお皿にのせて、道具と一緒に、子供たちへ。
あとは、ただただ見守るだけ。

f0208017_12444530.gif

想像以上に、姉弟仲良く、作業ができて、ちょっとびっくり。

さすがに、ナッペ(生クリームを塗る作業)は難しかったようで、何度もすりすりしているうちに、ジェノワーズがぼろぼろに・・・。
「きれいにしようか?」と聞いてみたところ、「全部自分でやった!っていいたいからいい!」と。はいはい、わかりました。

で、できあがった子供たちのケーキは、こちら。
f0208017_12533276.gif

娘らしい、かわいいケーキが出来上がりました056.gif
(親ばかコメントですみません040.gif

ところで、おとな仕様のケーキですが、そんな子供たちをドキドキしながら見守りつつ、ディナーの準備もしつつで、なんだか気合いのたりないケーキに。
それでも、みんなが褒めてくれたから、いいかっ。
f0208017_12572326.gif

おとな仕様のケーキは、ジェノワーズ生地のあいだに、イチゴではなくて、キルッシュ漬けのチェリーをはさんでみました。
洋酒の香りがたっぷりのケーキです。

さて、15cmの小さめのケーキとはいえ、家族4人で2台というも。
ということで、主人の両親をお招きして、食後のひとときをすごしました。

我が家らしいイヴの夜となりました。
by casalingaa | 2009-12-26 13:04
クリスマス072.gifイヴのこの日は、2学期最後のおべんとうの日。
2学期は、娘には、週3日。息子と主人には、週2日おべんとうをつくる毎日でした。
毎朝、あさごはんを準備するのとおなじくらい、日々の家事の一部となったおべんとうつくり。
で、ブログに登場するのもめっきり少なくなってしまいました。

なんとなく気分で、一生懸命な日もあれば、とっても手抜きな日もあるおべんとう。
それでも、毎回『おいしかったよ!』っていってくれる息子、娘、主人に感謝感謝053.gifです。

さて、そんなこんなで、2学期最後のおべんとう。
この日は、クリスマスイヴ。
『え?イヴもクリスマスも学校ってあるの?』
いまさらのように、驚いてしまいました。
すっかり忘れてました。

娘のおべんとう
f0208017_1151995.gif

主人のおべんとう
f0208017_11512320.gif


寒くなってから、温かいご飯のいただけるお弁当箱にかわりました。
ごはんが温かいだけで、ずいぶんおべんとうは違うみたい。
最近のおべんとうブームで、保温効果のあるお弁当箱もいろいろ選べて、助かりました。

余裕がなくて、実行できなかったのですが、3学期はこの保温効果を利用して、ご飯以外のおべんとうメニューに挑戦したいな〜と、ひそかに思案中です。

3学期は、み〜んなお弁当日を週2(火&木)に統一。
朝が寒いので、っていうか、最近真っ暗だし(まだまだ真夜中な感じです)
すこし、楽させていただきま〜す006.gif
先日大量に作ったアップルソース。
それをつかって、アップルソースケーキをつくってみました♪
f0208017_1724191.gif

ブラウンシュガーとシナモンをつかって、濃い色合いの生地に、たっぷりのアップルソースを混ぜ込んで焼き上げたケーキです。

色を濃く出すため、今回はベーキングパウダーではなく、ベーキングソーダを使っています。

ちなみに、仕上げの粉糖をかける前は、こんな感じ↓
f0208017_1744250.gif


見た目も、お味も" The Homemade"な感じのケーキです。
ママのつくるおやつ♪です。

f0208017_1763597.gif

by casalingaa | 2009-12-21 17:08
f0208017_1636093.jpg

蕎麦を辞書でひけば、"buckwheat noodles"
それでも、日本食が世界的に知れ渡った最近は、蕎麦を、"soba noodles"と表記しているレストランや、レシピがとっても多い気がします。

昨日眺めていた海外のレシピ本にも"soba noodles"レシピが。
お出汁じゃなくって、サラダっぽく食べる、アメリカ西海岸系のレシピでしたけど。

ところで、話はかわって、『セロリ』
小さいときは食べられなかった、大嫌いだった野菜のひとつ。

いまは、大好き053.gif
あの、独特な食感、そして香りがたまりません♪
そう、冬はセロリの旬。
いつも冷蔵庫にストックしてます。日持ちがいいのも魅力のひとつ。

そして、今日のお昼。
あ〜セロリたべたいな。
お蕎麦とセロリでひと皿つくってよう。

ベーコンと、セロリ(薄切り)、ネギ(千切り)をいためて、茹でた蕎麦と合わせ、オリーブオイルと出汁醤油で味をつけ、ごまをぱらり。

お手軽和風パスタもどき?の完成です。

蕎麦って、意外と油となじまないので、油の量が少なくていいことは、わたしとしては、新発見。

そして、ついさっき知ったのですが、セロリ&蕎麦の組み合わせは、高血圧予防、血中コレステロール値低下に有効な食べ合わせだとか。
母に勧めてみよう(父のため)
by casalingaa | 2009-12-21 16:53
だいすきな週末あさごはん。の時間です♪

今朝は、子供たちと一緒に起きてきたので、スピード仕上げの朝ご飯メニューです。
(主人が不在だったため、遊び相手がいなくて、起きてすぐから、ごはんごはん!な子供たち)

メニューは、
全粒粉の食パントースト
生ハムのサラダ
ミニトマト
いちご

子供のお皿、
f0208017_14291535.gif


私のお皿、
f0208017_14323113.gif


昨日作ったアップルソースも入れて、トーストのお供は、これら↓
f0208017_14333356.gif

毎年春から夏にかけて、軽井沢で大量に買っては、冬に備える我が家のジャムやコンポートたち。ところが、今年は、もう足りない!
そうか、息子がしっかり食べるようになったからか。
成長を感じました012.gif
来年からはもう少し買っておかないと。

というわけで、最近は美味しいジャム、お気に入りのジャムを探していろいろお試し中。
当たり外れが少ないので、買う機会の多いのは、成城石井のオリジナルもの。
いまは、みかんとオレンジのジャムが開いてます。
これは、息子のお気に入り♪

トーストにアップルソースをたっぷりのせて↓
f0208017_14381477.gif

そして、これからの季節は、コレ↓
f0208017_1439227.gif

トーストにNutellaとイチゴをのせて。
イチゴの季節になると、まず思い浮かぶ我が家の定番のイチゴの楽しみ方です。

朝食後、子供たちはそれぞれ、遊びはじめたので、
私は、新聞片手に、コーヒータイム063.gif
至福のときです。

いつもは、主人のしているJapan Timesのクロスワードですが、
今日は私が挑戦してみました。
by casalingaa | 2009-12-20 14:45
ストックしていた紅玉(りんご)♪
そろそろ、使いきらないと。
なにに変身させましょう。

といっても、キッチンに立つ時間もままならない、師走のこの時期。
手軽で簡単、そしていろいろ使い回せるアップルソースを作ることにしました。

そして、登場したのが、新兵器。
Super Apple Peeler/Corer Machine
昨夏、ピッツバーグのスーパーマーケットで購入したものです。
ちなみに、お値段は、27ドル99セント。
(お値段シールがそのままになってました。)

f0208017_1333153.gif

先の尖ったところにリンゴをさして、ハンドルを回すと、
皮がむけ、さらに、リンゴがスライスされ、芯もとれる。
という、便利グッズです。

たくさんのリンゴを準備するときは、ほんとうに便利。
今回は、7、8個のリンゴを使ったのですが、5分あれば、(子供でも)準備完了です。
アメリカのものなので、日本のおっきなリンゴだと、上の部分をすこしカットしないとはまりませんが、普通サイズのものや、紅玉ならば、まったく問題ありません。
(アメリカのリンゴどれも紅玉(小さめ)サイズなんです。)

ハンドルをまわすと、くるくると皮がむけてくる感じが、子供たちにはたまらないようす。
大人もたのしいです♪

さて、このたくさんのリンゴを鍋にいれると、
f0208017_13372671.gif

あふれそうなくらい。

(強引に?)ふたをのせ、火にかけて、しばらくすると
f0208017_13385277.gif

こんな感じに、カサが減ります。
ここで、お砂糖と、シナモンスティック、バニラビーンズ(さやごと)、カルヴァトスを加えて、さっと、火を通したら、できあがり。
ふたをしたまま、室温になるまで待ちます。

ジャムのように煮込みません。
これを、フードプロセッサーで滑らかにしてアップルソースとなるのですが、個人的には、リンゴが残っている方が好きなので、このままで。

このまま食べてもいいですが、コレをつかって、
マフィンを焼いたり、ソースにして、ローストポークと合わせたり、
と、お楽しみはこれからです♪
by casalingaa | 2009-12-20 13:47
昨日は、春日部駅東口にある神明神社で、酉の市がありました。
嫁いでくるまで、知らなかったこの風習。
いまでは、毎年この日が来ると、年の瀬を感じます。

酉の市といえば、『熊手』
熊手は「福をかき込む」と言われ、商売繁盛や、家内安全などのご利益がある、縁起物なんだとか。

毎年大きくしていくものだそうで、初めて買う年は小さめのものを買った方がよいとか。
といっても、我が家はここ数年同じサイズですけど。
だって、神棚に入らなくなりますもん。

熊手商さんとの駆け引きも、面白いです。
今の世の中、値段交渉して値段が決まるって、そんなことあまりないですものね。
f0208017_16493877.gif

商談中の主人と主人の母。

商談が成立したら、手締めで!
これが、恥ずかしくて今回はお留守番した我が娘。
でも、今年は、してくれませんでした。
どうしてでしょうか・・・。

昨年買った熊手は、(我が家の場合は)左義長のときに、おさめています。
しばらく、新旧ふたつの熊手が、我が家に。

間違えないようにしなくては。
by casalingaa | 2009-12-15 17:03