カテゴリ:和食( 1 )


塩麹が冷蔵庫に常備される日がくるなんて、想像もしてなかったなぁ。
と、思う。

あまりのブームになんだか食傷気味なこともあったけど、
それは、ブームに乗じたインチキな商品やら、
なんでも塩麹と名前を付ける?安易なメニューやら、
同じことが繰り返されるだけの情報に対してで、
結局塩麹そのもに対しては、飽きることもなく、
いつのまにか我が家の定番調味料となりました。

塩麹のおかけで、
日本の食材ひいては食文化について改めて考える良い機会となりました。
発酵食品や、保存食についても日常的に取り入れる頻度がたかくなりました。

そんななか、まだ手つかずの、
マスターしたい食材があります。
そのうちのひとつは、酒粕。

子供の頃の記憶には、
大人達が、(特に冬場)日常的に酒粕をつかったメニューを取り入れていた思い出があります。

そんなとき、手にしたのはこのレシピ本
「こんなに使える酒粕のレシピ」
f0208017_1751296.jpg

私みたいに酒粕初心者にはとてもわかりやすいレシピ本でした。

さっそく基本の粕床をつくり、
コストコで買ってきたサーモンをつけてみました。

基本の粕床は、酒粕、みりん、砂糖、塩、水、生姜の薄切り、赤唐辛子でつくるのですが、
酒粕、みりん、砂糖、塩、水のみでつくっちゃいました。

魚も、塩をして水気をふいてとかいてありましたが、
そのままガーゼに包んで漬けちゃいました。

初めてのくせに乱暴というか、いい加減ですよね037.gif
でも、ここは、祖母や母のやっていたことを思い出して
かってに自分流。

さて、3日たって、たべてみることに。
我が家のガスコンロには、魚用のグリルはないので、
フライパンに、オーブンシートを惹いて焼きました。
f0208017_16381847.jpg

見事な焼き目♪
自画自賛012.gif
あ、サーモン以外に、タコもつけてみたのでした。

味もしっかりしみ込み、
でもお酒臭いということもなく、
大人も子供も美味しくいただくことができました011.gif

タコは、すごく柔らかくなってました!
タコは是非リピートしたい!!

そんなこんなで、メニューは和食。
こんなラインアップでした。
押し麦入りごはん
お味噌汁
f0208017_16382146.jpg

新タマネギ、なす、黄パプリカ、豆苗
アボカドと、ラディッシュのバーニャカウダソースがけ
f0208017_16382734.jpg

ジャガイモの、キビナゴソース炒め
f0208017_16382217.jpg

キビナゴソースは紀伊国屋で買ったこちら
f0208017_1638252.jpg

アンチョビペーストよりも
塩味がやわらかく、魚臭さもマイルドなどで、重宝しています。
いためものや、パスタなど、お醤油やお塩のかわりに使っています。

ところで、からになった粕床。
次の食材を早速漬けましたよ。
次は、鶏胸肉。

どんなになるかな?
楽しみ056.gif

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




by casalingaA | 2013-05-04 17:18 | 和食