カテゴリ:お料理教室( 8 )

3月のお料理教室
メニューは
菜の花の温かいサラダ
チキンパルメザン
桜のパウンドケーキ
でした。
f0208017_09581250.jpg
菜の花の温かいサラダ
菜の花を、ルクルーゼなどの厚手のお鍋で蒸し煮に。
熱々のものを、卵黄を広げたお皿に盛りつけ、
パルミジャーノレッジャーノをたっぷりと。
よく混ぜてからいただきます。

f0208017_09580961.jpg
チキンパルメザン
イタリアンぽいこのメニュー
実は、アメリカ生まれで、イタリアにはない
って、レシピを作るにあたり、初めて知りました。
鶏胸肉をさっと焼いたら、
シンプルなホームメードトマトソースで
しっとりと蒸し煮。
モッツアレラチーズと
たっぷりのパルミジャーノレッジャーノチーズ
で仕上げます。

付け合わせは、
タリアテッレを茹でて、
バターと、塩レモンで和えたもの。
f0208017_09581628.jpg
桜のパウンドケーキ
ベースのケーキ地には、
桜の葉パウダーと、刻んだ桜の花をまぜこみ、
いちごのリキュールで風味をつけた
ドライクランベリーいれました。
f0208017_10094502.jpg
そのままでも美味しいのですが、
ホワイトチョコレートに、
刻んだ桜の花を混ぜてトッピングしてみました。

春らしいパウウドケーキ。
これからの季節、おもたせに活躍してくれそうです♪

ひな祭りまでは、
f0208017_09583242.jpg
こんな感じにしてました。
いまは、イースターに向けて改装中。

レシピブログのランキングに参加中♪
よろしければクリックしてくださいね♪



ほそぼそと続くわたしのお料理教室。

今回は、『モロッコ料理』

先日、念願のタジン鍋をGET072.gif

どこのにする?
サイズは?
色は?
日本語サイト、英語サイトをたくさん見比べ、
さんざん悩みました。

そして、手に入れたmyタジン鍋
f0208017_17593768.jpg

Emile Henry社のタジン鍋
フラムシリーズ Lサイズ
オリーブグリーン

メインディッシュに活躍してくれました。

さて、レッスンは、
『ひよこ豆のコロッケwithヨーグルトソース』
f0208017_17591064.jpg


『タブレ』
『ケフタタジン』
f0208017_17591493.jpg


そしてデザートは
モロッコとは関係ないんですけど、
『ライチプリン』
f0208017_17591674.jpg

ライチプリンは、これからの季節、
「涼しく手軽に作れるおやつを」
ということで、ご紹介しました。

ちなみに、レシピは、
以前ブログにのせたレシピです。
ご興味のあるかたこちらへ

この日は、娘が塾に通う日。
塾弁も、Moroccanになりました。
f0208017_17591253.jpg

ピタにケフタタジンの具をはさんで。

あとは、タブレやひよこ豆のコロッケをお弁当箱にいれて。

モロッコ料理ははじめてという方ばかりだったのですが、
おかげさまで、大変ご好評をいただき、
今回も楽しくレッスンを終えることができました。

子供たちの定期テストや、
夏休み前の午前授業など、

これから小学生ママたちは忙しくなります。
というわけで、2学期まではお休みのお料理教室。

かわりに、子どもたちむけのレッスンを考えてます。
去年の子供たちのレッスンは、こちら↓をどうぞ
夏休み♪なので、親子でクッキングレッスン☆
ハワイアンパンケーキ♪〜お料理教室なつやすみ企画第2弾!

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




明日は久しぶりのお料理教室@我が家
そのための試作というか、確認作業

その1
f0208017_1543431.jpg

『シェパーズパイ』
パイと名前につきますが、
パイ生地は使わないパイ料理。

もうすぐ、3月のイベント
「St. パトリックスデイ」が近いので、
ちなんでみました。

3・16(SUN)には表参道で、パレードあります。
アイルランドには縁もゆかりもないんですけど、
楽しい♪ものにはのっかっておこうかと。

アメリカ在住のときには、
パレード観にいって、
アイリッシュパブ行って、
って過ごしてたな〜と。

いろいろなバージョンのシェパーズパイのレシピがあります。
呼び名も国や地域や材料によって変わるようです。

我が家の味きまりました011.gif

昨晩の晩ご飯になりました。
f0208017_15433956.jpg

主人曰く、
「もう少しハーブが効いてる方がいい」
そうなので、
ちょっと考えてみようかな。

デザートは、
『小豆のガトーショコラ』
f0208017_15432975.jpg


TORAYA CAFEの「あずきとカカオのフォンダン」
をイメージして作ってみました。
f0208017_15433262.jpg


TORAYA CAFEの方は、こしあんですが、
つぶつぶも面白いかな?とおもって、
あえて、粒あんでつくってみました。
f0208017_1543354.jpg

つぶつぶ見えますかしら?

早速今日のおやつに。
f0208017_15433771.jpg

このケーキは1日経った方が美味しいので、
明日は、できたてと、
今日作ったのを食べ比べてもらおうと思っています。

あと、もう一品は、
『レモンクリーム・パスタ』
試作しなかったのは、
我が家のレギュラーメニューだから037.gif

春らしい色合いの、
爽やかでクリーミーなパスタです。

さて、

ひどい雨057.gifが降っています。
が、これから、我が家は国立競技場へでかけます006.gif
そう、ニュージーランド戦観戦のためです。
食べること作ることも大好きだけど、
サッカーも大好きなの053.gif

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪





自宅で主宰するちいさなお料理教室。
おかげさまで続いております012.gif

11月は、
生ハムとグレープフルーツのサラダ
ケーク・サレ
林檎のキャラメルソースがけ

でした。

ケーク・サレは、以前流行ったころに、
たくさんのレシピを試作し、
アレンジし、行き着いた我が家のレシピをご紹介させていただきました。

f0208017_14562593.jpg

ベースとなる生地は、小嶋ルミさんのレシピの配合で。
ただ、小嶋さんのレシピはとってもストイックなところがあるので、
そこは、幅を持たせた形でご紹介しています。

我が家のケーク・サレは具沢山。
どこまで、いれるか、何を入れるか、どういう状態でいれるかを、ご紹介。
今回は、クリスマスを意識して、パプリカとトマトの赤を多めに。

その他には、
タマネギ、枝豆、にんじん、パセリなどが入っています。

f0208017_14561932.jpg

まだまだ温かいというか、
少々熱いと感じられるところを切り分けたので、
中は、半熟状態ですが、
時間をおいて、
室温になったところで切り分けると、
もっとケーク・サレっぽくなったかと思われます。

パルミジャーノ・レッジャーノを中の生地にも、外にもタップリ使っています。
チーズのおかげで、
香ばしさと、見た目に美味しそうな焼き色がつきます。
もちろんお味も。
サレという名のとおり、
奥深い塩味をかもしだしてくれます。

少々リッチなケーク・サレのお供は、
さっぱりと爽やかなサラダ
生ハムとグレープフルーツのサラダです。
f0208017_14562317.jpg

ドレッシングには、
グレープフルーツ果汁のほかに、
ホワイトワインビネガーや、ハチミツをつかっています。

爽やかな酸味と、
まろやかな甘味のドレッシングが、

ルッコラの苦みや
生ハムの塩味と
とってもよくあうサラダです。

デザートは、先日ご紹介した
林檎のキャラメルソースがけ。
です。

簡単なのに、みんなビックリしてくれる!と
好評なので、ここでもご紹介しました。

お料理教室は先週の木曜日だったのですが、
週末、お会いした2名の生徒さんたちから、
もう、作ってみたよ♪
という嬉しいコメントいただきました。

「お家に帰ってすぐに作ってみたくなるものを紹介したい!」
というのが私のお料理教室の大きなコンセプトのひとつなので、
とっても嬉しいです003.gif

今年はあと1回、お料理教室予定しています。
いまから楽しみ♪


と、番外編。
今年は保護者会の役員をさせていただいてます。
そして、広報担当であります。
広報を発行するにあたり、何度か学校で集まる日があるのですが、
おやつ持参していってます。

f0208017_14563153.jpg

カプチーノ風味のちびマフィン
f0208017_14562895.jpg


とか、
ホワイトチョコ&マカデミアナッツの抹茶クッキー
f0208017_1519746.jpg


とかとか。

いろいろ忙しくて、ついつい夜な夜なの作業になってしまうんだけど、
楽しい006.gif

最初はちょっと作って持っていく感じだったのですが、
家族に、全部持ってっちゃうの〜?!
といわれ、
結局たくさんたくさん作ってます。
それもそれでなんだかお菓子屋さんになった気分です。
大人のごっこ遊び?

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




暑いです。
先日、バケーション先のシンガポールから戻りましたが、
シンガポールより確実に暑い埼玉です。

さて、かえってからすぐ、
我が家でお教室開催♪

先日好評だった、お嬢様方向けの、
なつやすみ企画第2弾でございます。

なつやすみということで、
ハワイのリゾート気分を味わおう♪
と、テーマは
『ハワイアンパンケーキ』
にしました。

マカデミアナッツソース
f0208017_15201866.jpg

と、
グァヴァソース
f0208017_15202114.jpg

2種類のソースを用意しました。

今回も、レシピは
f0208017_15202540.jpg

英語で。
英語レッスン的な要素も盛り込みつつ、
楽しくお教室を終えることが出来ました。

『マカデミアナッツソース』
f0208017_15203151.jpg

材料(4人分)
マカデミアナッツ 10〜15粒
生クリーム 200cc
砂糖 大さじ3
無塩バター 大さじ1
薄力粉 大さじ2
牛乳 240cc
練乳 大さじ3
塩 小さじ1/2
レモン汁 小さじ1/3
バニラエクストラ 小さじ1/4

作り方

1 フードプロセッサーでマカデミアナッツをこまかくします。
  2重にしたビニール袋にいれてたたいて細かくしてもOK!
2 1で細かくしたナッツをいれて炒めます。
  (ナッツは最後のトッピング用に少し取り分けておきます。)
3 ナッツの香りがでてきたところで、バターをいれ、溶けてきたら薄力粉をいれて炒めます。
4 牛乳をすこしずつ入れて溶きのばし、ホワイトソースの様になったら火をとめます。
5 練乳、塩、レモン汁、バニラエクストラをいれて混ぜ、あら熱がとれるまで置いておきます。
6 生クリームとお砂糖で、八分だてのホイップクリームをつくり、5と混ぜ合わせます。
7 できあがったパンケーキの上からソースをタップリかけ、トッピング用のマカデミアナッツを散らして完成です。


グァバソースは、
成城石井で購入した
ピンクグァバジャムをお水で溶きのばし、
レモン汁をいれて、味を整えたものです。
とってもシンプルで簡単です♪

一緒にいただいた飲み物は、
コンビニで手に入るものを駆使した、
ティーカクテル。
f0208017_15202793.jpg


お気に入りは、
リプトンのティーソーダと、
グレープフルーツのゼリーをミックスしたもの。

ほかにも、
ライチジュースや、
パイナップルのジュース漬けなどを
アイスティーと合わせていただきました。

そうそう、フレッシュミントはたっぷりと!
そして、氷は、冷蔵庫の製氷機能でできるものではなく、
大っきめのロック氷で!

f0208017_15403116.jpg

先日購入したちょっと背の高いDURALEXのグラスに
淹れて、カラフルなストローをさすと、
カフェ気分がさらに増しました♪

まだまだ暑い日が続きそうですね。
みなさまご自愛くださいね。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪





夏休みということで、
いつものお料理教室を
親子で参加するタイプのレッスンにしてみました♪

いつもレッスンに参加してくださっている方々と、
それぞれのお嬢さんたちと一緒に、
(我が家の長女も参加です)

『ガレット・コンプレット』
作ってみました006.gif

お嬢様がたは、5年生と8年生。
日頃学んでいる英語を、楽しんでほしいと、
レシピを英語で書いてみました。
f0208017_11574345.jpg

何カ所か、スペルミスというかタイプミスあり007.gif

レッスンそのものは、日本語です037.gif
英語のレシピを読むときのポイントや、
レシピに使われる独特の言い回しなども含めてのレッスンでした。

その後、
ママ&娘のペアで、
2人で一つ、
『ガレット・コンプレット』
を焼き上げてもらいました。
f0208017_11574647.jpg

温かいうちが美味しいメニューなので、
出来あがったペアから順番に試食していただきました011.gif

みなさんに気に入っていただけたみたいで
良かった良かった053.gif

きっと、夏休中に、
お嬢さんたちがブランチに作ってくれるはず♪
つくれぽが楽しみです006.gif

母娘が、仲良く肩を寄せ合い
一つのお皿をシェアして食べているのをみてると、
なんだかとっても幸せな気分に012.gif

皆さんの試食がおわってからは、
同じそば粉のクレープ生地をつかって、
「お砂糖だけのシンプルなガレット」
や、
「自家製のアプリコットコンポートを添えたガレット」
などをお味見いただきました。

お砂糖は、今回は、ココナッツシュガーを使いました。
とにかく、濃厚で風味の強いお砂糖ですから、
シンプルながら、とっても味わい深いひと皿に。

とても良い機会だったので、
GI値のお話や、
精製されている食品、されていない食品
などなどについても、
少しお話させていただきました。

もう一回、この親子でクッキングレッスン☆
予定しています。

次回は、ハワイアンな感じでいきたいなぁーと。
せっかくの夏休なので、気分だけでもトロピカルに058.gif

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




およそ10年ぶりに、お料理教室再開。
先日、2回目のレッスンを無事終えることが出来ました001.gif

今月のメニューは、
「洋風ちらし寿司」
f0208017_1175344.jpg

以前に書いたレシピをファイルから出してきました♪
f0208017_11213137.jpg

あ、こっちも2回目になってる037.gif
懐かしいなぁ012.gif

いろいろな思い出が053.gif

当時は、ピッツバーグに住んでいました。
日本の食材を扱うお店もありましたが、
お高いし、それなら、現地のグロサリーでそろうもので!
と試行錯誤で生まれたメニューです。

日本人以外の方を招いてのパーティーでも、
やっぱり〆はお米で011.gifという日本の方々を招いてのパーティーでも、
よく作りました♪
f0208017_118914.jpg

とってもさっぱりしたお味の一品です。

今回は、何かと集まる機会の多い夏休みにむけて
「大皿料理」
が、テーマでしたので、
このように大きなお皿にどさっと盛っていますが、

これを、くりぬいたトマトにつめて、
バーベキューやピクニックに
持参した思い出もあります♪

それから、
f0208017_118362.jpg

「生春巻き」

夏なので、さっぱりと。
f0208017_1175727.jpg

中身は、
大根とにんじん、大葉、サニーレタス、香菜、生ハム、マンゴー
です。

今回は、大皿ではなく、ケーキスタンドに盛りつけました。
乾燥が大敵のこのメニュー。

ケーキドームタイプなら、多少の乾燥対策にはなりそうです。
ガラス越しに、みえるのも、涼しげでしょ?

あと、テーブルにたくさん大きなお皿が並ぶようなときには、
すこし、高低差があると、見栄えもしますしね。

そして、
デザートは、
f0208017_118036.jpg

「ティラミス」

このレシピは以前にこのブログでも紹介しています。
こちらをどうぞhttp://casalingaa.exblog.jp/14647000/

甘さ控えめで、リキュールたっぷり。
大人のお味ですが、子どもたちも大好きです011.gif

ティラミスは、このレシピを2倍量3倍量にしても、
混ぜるときの重さは気になりますが、
失敗することがないので、
いらっしゃるゲストの人数に対応しやすいメニューだと思います。

あと、テーブルにおいて、セルフで召し上がっていただけるのも、ポイントです。

残ってしまったら、即冷凍。
半解凍でアイスクリームの様にいただくレフトオーバーもお楽しみ♪
のはずなのですが、最近、残った試しがない037.gif

今回は、暑い暑い夏のキッチンも涼しく過ごしたい!
楽しいパーティーは、準備も楽しく!
との思いから、
なるべく火を使わないレシピで構成してみました。

そんなこんなで、
今回も無事終えることができたお料理教室でした♪

試食しながらのお話タイムがとっても楽しい053.gif
ほんとうに、幸せなひととき。

あ、せっかくなので、前回のものせちゃいますね。
先月は、
「アスパラガスのグリル、ポーチドエッグ添え」
f0208017_118739.jpg


「トマトの冷製パスタ」
(初回で余裕がなく、写真撮り忘れ・・・)

「ラズベリーとリコッタチーズのムース」
f0208017_118575.jpg

でした。

すでに、お家で作っていただいたみたいで、
嬉しいです!

レッスン後、グロサリーによって、すぐ作る!
と思っていただけるようなメニューを
今後も提案できたらいいなぁと、思ってます。

もうすぐやってくる夏休みには、
いつもきていただいているみなさんの、
お嬢さま対象のレッスンを予定しています072.gif

とっても楽しみ♪

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪





『新タマネギのタルト』
f0208017_14194614.jpg


お菓子が基礎科、本科と終了したので、
続いてお料理も藤野真紀子先生のところで習うことにしました。
一回目のお教室は、ゴールデンウィーク初日。

今月は、
アミューズ3品、
新玉ねぎのタルト、
鶏肉の赤ワイン煮、
シャンパン、ワイン、フロマージュ、

マドレーヌアラメゾン、コーヒー

というレッスンメニュー。

この『新タマネギのタルト』
あまりの美味しさに、帰ってからすぐに新タマネギを買いにいき、
早速復習してみたという次第です。

f0208017_14194754.jpg

欲張って、厚みのあるタルト型(キッシュ型)で焼いたのは間違いでした。

先生のレシピ通りに、これは、薄く焼くのが正解です。

なぜなら、タマネギの甘さとタルトの塩味のバランスが崩れてしまうから。

↓は、先生のおつくりになった、いわば、お手本。
f0208017_1419561.jpg

f0208017_14195396.jpg


新タマネギがマーケットにあるうちにもう一度焼きます!


あ、そうそう、
実はわたしフロマージュって苦手だったんです。
だから、試食に結構不安があったんですけど、
食べてみて、美味しい!って初めて思ったフロマージュ。
あぁ、こういうことかって、いろいろ納得。

お料理もがんばります!!
レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪