カテゴリ:手土産&プレゼント( 3 )

先週の火曜日、
息子の通うプリスクールでポトラックパーティーがありました。
さて、何を持っていこうか?
といろいろ悩み、
結局は自分の食べたいものにしてしまった私011.gifです。


『ニューヨーク チーズケーキ』
私の勝負スイーツです006.gif
f0208017_20221035.jpg

アメリカでゲットしたレシピでつくる
9インチ(約23cm)の大きなチーズケーキ
f0208017_20212184.jpg

シナモンをきかせたクラスとは、サイドの立ち上がりもしっかりめに♪
f0208017_2022148.jpg

一番手間のかかるところといえば、切り分け!
バーナーでナイフをあぶり、
カットの度にお湯でキレイに。
f0208017_2013856.jpg

今回は、取りやすい様に、
ケーキフィルムで巻いて
アルミの上においてみました。
f0208017_2013510.jpg

買ってきたみたい?
と、自画自賛037.gif
f0208017_2013082.jpg

我が家から、スクールまでは車で50分ほどかかるので、
保冷剤でお皿を固定して
f0208017_20131151.jpg

ふたをして、トランクへ。
f0208017_20131453.jpg

実は、内緒でひときれ主人と娘のためにお取り置き006.gif
f0208017_20131834.jpg

娘の大好物ケーキですから053.gif
ものすごく濃厚だけど、
口溶けがよくて、
さっぱり食べられてしまうケーキです。
サワークリームを使わないところもポイントです♪

湯煎焼きでもなく、
生地はフードプロセッサーで。
と、合理的でアメリカ人シェフらしさ爆発072.gifなレシピです。
あ、お砂糖の量だけは調節してますけど。

翌日の水曜日。
この日は、年中クラスのママ達と恒例のランチ会。
大雪だぁ!

娘と主人をそれぞれ、送っていき、
息子と家を出るまでの20分でつくったのは、
『抹茶のティラミス』
f0208017_2037325.jpg

フィンガービスケットを、抹茶シロップにひたし、
マスカルポーネクリームと交互に重ね、
最後に、たっぷり抹茶をふった、ほろ苦い大人味。
ママ友たちにも、気に入っていただけたようです056.gif


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


昨年末、世界No.1のプレッツェル・チェーンAuntie Anne's(アンティ・アンズ)がようやく、日本にオープン!

家族みんなの大好物011.gifが日本でたべられるようになるとは!

と、大喜びしていたのですが・・・。
常に、1〜2時間は並ばないと・・・。という話を聞き、まだしばらくムリかな〜と思っていました。

そ・し・た・ら!
3連休のまんなかの日に都内に出かけていた主人が買ってきてくれました!

『バレンタインのためのお花を買おうとおもったんだけど、こっちのほうが、喜ぶかなぁと思って』と。
色気より食い気なわたし?
(まぁ、遠からず)

f0208017_11304649.jpg

やっぱり並んだそう。その時間は1時間。
寒かったのに、ありがとう〜!

そして、おひとりさま5つまでという決まりがあったとか。

主人のオーダーは、オリジナル(塩なし)2つと、シナモンシュガー3つ。
この内訳には、理由が。

在アメリカ時に上から下まで全部メニューは試した我が家のオススメはこれ!
"Original without salt"
これ、カスタマイズなので、注文するときに、『オリジナル プレッツェルを塩なしで』と言ってくださいね。

主人は、日本のお店で対応してくれるかちょっぴり心配だったみたい。
でもOKでした!
(ただレジの係のひとは、一度奥に聞きにいってしまい、少々待ったそうですが)

ただ、問題は、冷めてしまうと、がっかりなところ。
温め直しもできますが、やっぱりできたてが美味しい。

そこで、どうしても温かい状態でいただけないと、わかっているならば、冷めても比較的美味しいシナモンシュガーがおすすめ。

という我が家の好みを反映した主人のオーダーだったのでした。

久しぶりのアンティ・アンズのソフトプレッツェル。
やっぱりおいしいなぁ012.gif好き053.gif

この味を再現すべく、お家で何度か試作もしているのですが、まだまだな、状態。
でも、久しぶりに味わって、なんだか改良ポイントが分かってきた気が!

2月末には、2号店として、秋葉原店がオープンするとか。
だんだん増えて、クリスピークリームドーナッツみたく、近くで気軽に買える日がくるかも。

ところで、今年のバレンタインデイ当日はというと、雪が降った!
あんまりふっているので、車で主人をお迎えにいきましたところ、
手に、お花屋さんの紙袋。
f0208017_11305270.jpg

お花を買ってきてくれました♪
Thank you, darling016.gif

お花を眺めながら『素敵だねぇ〜』『素敵だねぇ〜』とつぶやく息子くん。
息子くんも、大きくなったら女の子にお花を贈る男子になってね。
息子の幼稚園のママ達とのランチ会に、ケーク・サレを持っていきました♪
f0208017_111113.jpg

最近の我が家の定番は、
にんじん、
枝豆、
ツナ、
ミニトマト、
パルミジャーノ・レジャーノ、
で、つくるケーク・サレ。

枝豆は冷凍庫に常備しているし、ツナは缶。
人参もミニトマトもパルミジャーノもいつも冷蔵庫にあるもの。
ということで、思い立ったらすぐ出来るので、いまや定番となりました。

粉の配合は、小嶋ルミさんのレシピを参考にさせていただいております。
小嶋さんのレシピでつくるケーク・サレは、しっとりしすぎないところが、すごく気に入っています。

いろいろ試したレシピの中には、
水分が多すぎて、なんだか焼き上がりが卵焼きみたいになってしまうものが、ずいぶん有りました。

最近、雑誌などでも写真&レシピを、目にする機会増えましたけど、卵焼きっぽいのばっかりです。
わたし的には、残念002.gif

その点、小嶋さんのレシピだと、粉も感じられる!見た目も、卵焼きじゃない!というところが好きなんです049.gif

f0208017_111275.jpg

ちょこっとおやつ感覚でお味見してもらえるように、
スライスして、ロールケーキ用のフィルムではさんで、
マスキングテープを貼ってみました。

コメント入りのマスキングテープは楽しいです♪

f0208017_111987.jpg

紙のトレイにセットして、出来てしまった隙間は、大好きなハーシーの「クッキー&クリーム」のミニチュアチョコレートで埋めました。

今月のランチ会も楽しかった〜♪