カテゴリ:ITALIAN( 21 )


あけましておめでとうございます。

みなさま、どんな年末年始をお過ごしでしたか?
我が家は今年どこにも出かけない年末年始でした。
いつぶり?いやもしかしたら、我が家史上初かも037.gif

そんなわけで?!
ワタシ、初めておせち料理に挑戦してみましたよ。
オードブルのように、とか
1種類だけ、とか
そんな挑戦はいままでにもありましたけど、
こんなにたくさんの種類をつくるのも、
そして、お重につめたのも、はじめて。

で、出来上がりがこちら↓
f0208017_1137930.jpg

お重が、新婚当初にいただいたもので、とっても小さくて042.gif
今年は、いいお重を探したいと思います。

今回のおせち料理作りにおいては、
子どもたちが、小学校を受験するときに活躍した、
『和の行事えほん』が、大活躍072.gifでした。
f0208017_15485066.jpg


おせち料理って、何をつくればいいの?
お重って、どうやって詰めるの?
などなど、分かりやすく教えてもらいました012.gif

ちなみに、今回つくったものは、
栗きんとん、田作り、紅白なます、松前漬け、海老のうま煮、八幡巻き、たたき牛蒡、金柑甘煮、黒豆、鰤の照り焼き、お煮しめ。
がんばったね、ワタシ006.gif
つぎは、鴨肉のローストと、伊達巻きも我が家でなんとかしてみたい!

あと、作ってみて分かったのですが、
とにかく、砂糖の量が凄い。
どうにかならないものかと。
塩分糖分にも配慮できればいいなぁ。
といいつつも、やはり、美味しい物は美味しく食べたいし。
伝統も大事だと思うし。
ジレンマですね。
ダイエットはこれから、にしますか006.gif

大晦日は一日中キッチンにこもりっきりでしたが、
紅白歌合戦を見ながら年越し蕎麦などを食べていると、
なんだか子どもの頃を思い出しました。
って、私の世代はきっとあの紅白だとみんなそうなのかも006.gif

我が家の年越し蕎麦は、
夏休に訪れた沖縄をおもいだして、「もずくのかき揚げ」とともに。
f0208017_15494510.jpg


さて、お正月も3日すぎると、
ムスコくんは、塾の冬期講習後半戦がスタート。
ムスメも今日から学校の午前授業がはじまりました。
2016始動!です。

というわけで、なんとなくあっという間に過ぎたお正月。
でも、冷蔵庫のなかには、なんとなく中途半端におせち料理が。
それを使ってのパスタ。
f0208017_11371267.jpg

オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、水菜、えのき、数の子、なると、
でペペロンチーノを作り、
最後に松前漬けで和風の味付けを。

なんだか、ヘンテコな感じするでしょ?
でも美味しかった011.gif
数の子は、火が通った部分が白くなったりして、
へぇ〜って思ったり。
ニンニク、鷹の爪、えのき以外は、10%ぐらいしか火が通っていないので、食感も楽しいパスタです。

あと、残ってるのは、
黒豆と、田作り。
どちらも冷凍しちゃいましたけど。

ところで、2015年はとってもいい年でしたが、
本当にいろいろなことがありまして。
いいことばっかりだったんだけど、忙しすぎたなぁ。
ちょっとまだ、消化できてないところも多いんですよ。
だから、2016年はそんな未消化の部分を反芻しつつ、
さらに良い年にしていきたいなぁと、思っています。

年賀状に、ブログ更新してねって、書いてくれた友達がいて、
嬉しかった001.gif
ので、今年はなるべく更新しよう!と思った次第です!

去年のスタートは、
f0208017_11371738.jpg

ニューヨークでした。
カウントダウンにいったんです!
今から思えば怒濤の年となる前触れがすでにあったのかも。

今年は、子どもたちとゆっくり
お料理したり、
音楽聴いたり、
楽器演奏したり、
歌ったり、
お絵描きしたり、
お習字したり、
百人一首したり。
冬休みって楽しいなぁ。

そして、今年の年賀状を。
f0208017_11412723.gif

昨年末ゲストを招いてのホームパーティーで、
ムスメとムスコが秦基博さんの「ひまわりの約束」を披露したのですが、
それが、非常に心に響いて(親バカですね044.gif
(ワタシなりに)いい写真が撮れたので
大変自己満足度の高い年賀状となりました。

うれしいことに、この年賀状に、
カッコいいとか、いい写真だとか、年始早々感想をいただきまして。
年賀状に感想をいただくのが、初めてのことだったので、
なんだか嬉しく、調子にのって、ここにものせてしまった次第です。
もう、年賀状面倒だし、やめてしまう人が、周りに出始めたので、
我が家も年賀状やめようかと、主人とも相談していたのですが、
年賀状ちゃんと作ってよかったなぁと、思いました。はじめて037.gif

新しい一年の始まりのブログがこんな徒然な内容でごめんなさい。
今年も良い一年になりますように。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




by casalingaA | 2016-01-05 16:35 | ITALIAN

半夏生だった7月2日
関西では蛸を食べるらしい♪
ということで、作ったタコの冷製パスタ

f0208017_1032193.jpg


作り方はシンプル♪
1  ソースのベースをつくります。
2 下ごしらえしてある具材を1であえます。
3 パスタとあわせます。
以上です。

ソースのベースは、
(4人分目安です)
オリーブオイル 大さじ4
白ワインビネガー 大さじ3
レモン汁 大さじ1
お砂糖 小さじ2
塩&こしょう 小さじ1/4ずつ

お砂糖は味を見ながら加減してください。

使用したパスタはカペッリーニ

タコは明石のものを使いましたよ♪
茹でて細かくきります。

オクラやトマト、バジルやお豆腐は地元さいたまのもの。
オクラは塩ゆでして小口にきります。
トマトは小さく切って、バジルは千切りに。
お豆腐は、木綿豆腐を軽く水切りして手でくずしました。

オリーブオイルはフレスコバルディ・ラウデミオのもの。
(我が家ではランニングマンのオリーブオイルと呼ばれてます037.gif
白ワインビネガーはマイユ(MAILLE)のもの。
レモンは広島県のもの。
塩は、ゲランド産。
お砂糖は、鹿児島県のもの。

パスタの水切りについては、前にブログに書いてみたので、
よろしければ、ご参考までに。

【カペッリーニの水切りはコレで】
↑これ2009年のお話ですが、
ここにでてるOXOのスピナーはまだ現役!
使ってます!

丈夫だなぁ。
食洗機もOKだし。
大好きな道具のひとつです053.gif
いつか寿命がきても、多分またOXOの買うと思う。

ところで、2009年といえば、今から6年前。
子どもたちも成長し、
食べ物の好みも、食べる量も、
ずいぶんと変わったなぁ。としみじみ012.gif

今でも、酸味の強いものはまだまだ苦手な子どもたちですが、
このレシピ、お豆腐が酸味をとても上手に和らげてくれるうえに、
お豆腐が苦手な我が子たちも、美味しく食べてくれる♪

半夏生にかかわらず、この夏リピート決定な冷製パスタとなりました。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



by casalingaA | 2015-07-06 11:17 | ITALIAN

近くのファーマーズマーケットで
かなりお手頃に買える『アイスプラント』
f0208017_12385851.jpg

以前、流通したての頃、
物珍しさから購入してみたものの、
独特の塩味と香りがどうも苦手で、
たべきれず007.gif
という経験のあるお野菜です。

しかし、何度もマーケットでみかけるうちに、
なにか美味しくいただける方法があるのではないかと、
思うにいたりました。

だって、キレイなんだもの。
買ってかえりたい。

というわけで、いろいろ考えて
パスタにしてみました。
f0208017_1239520.jpg

これなら美味しくいただける♪

意外と、熱に強いみたい。
シャキッとした食感はそのままに、
少し熱がはいることで、
苦手ポイントだった
「何となく青臭い」
という感じがなくなった!
そして、優しい塩あじも、パスタとよくあう。

これはいいかも049.gif

それから、パスタをもう一品。
レモンクリームのパスタ。
f0208017_12512925.jpg

このパスタは3月のお料理教室のメニュー。

シンプルだけど、
レモンの爽やかな香りと酸味が、
パルミジャーノレッジャーノのコクと
生クリームのまろやかな甘味と
とっても良くあいます。

そう、どちらも3月のパスタメニュー。
そうこうしているうちに、もうゴールデンウィークがやってくるよー。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



by casalingaA | 2014-04-21 12:53 | ITALIAN

『アボカドクリームパスタ
withアスパラガス&鶏ささみ』
f0208017_1533663.jpg


春の嵐057.gifというようなお天気ですね。
いよいよ春が来た!
って言ってもいいのかな?
どうなんでしょう。

マーケットには春野菜がたくさん並びはじめました056.gif
お野菜の美味しい季節の到来です011.gif

春と言えば、ファルファッレ(Farfalle)でつくる
アスパラガスのパスタは、我が家の定番。

今回は、これを、ちょっとアレンジ。

最近はまっている塩麹をつかってみました。

まず、鶏ささみは、塩麹と一緒にジップロックにいれ
よく揉み込み冷蔵庫へ。
(朝のうちにやっておきました)

パスタを袋に書いてある茹で時間よりも
1〜2分ほど短めに茹でますが、
ゆであがり3分前に切ったアスパラガスも一緒に茹でます。

パスタをあえるクリームをつくります。
ボウルにアボカドをいれてつぶし、
塩麹、パルミジャーノレッジャーノ、生クリームをいれて
滑らかになるまでよく混ぜ合わせます。

フライパンにオリーブオイルをひいて、
一口サイズに切った鶏ささみをいためます。

ゆであがったパスタをフライパンに加え、
クリームをいれ全体に絡めます。

塩で味を調整して完了です。

盛りつけてからお好みでコショウをどうぞ。

写真がキレイに撮れなくて残念でしたが、
パステルグリーンのソースが優しい
春らしい一皿です。

今回は、試作なので、分量をいれませんが、
次回は、
生クリームを豆乳にしてみたり、
鶏ささみも蒸してみたり、
非加熱で仕上げてみたり、
と、いろいろトライしてみたいと思います。

クリームだけど、低カロリー♪
そんなひと皿を目指してます072.gif

ちなみにパスタのお供は、
『新タマネギとスナップえんどうのサラダ』
f0208017_1533947.jpg

春は、サラダが美味しい季節でもありますね♪

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



by casalingaA | 2012-03-31 15:52 | ITALIAN

前から気にはなっていたんです。
『塩麹』
でも、「麹」と聞くと
やっぱり「和」のイメージが強くって。
和食率の低い我が家じゃ無理かな?と
先入観が。

でも、最近読んだ雑誌によると、
簡単に、いろいろなジャンルのレシピに使えることが判明072.gif
早速挑戦してみました。

『鶏ささみと水菜の塩麹パスタ』
f0208017_10131083.jpg


=レシピ=
(材料4人分)
鶏ささみ 1パック(200gほど)
トマト 2個
水菜 3株ほど(3/4袋ほど)
パスタ 320g
刻みニンニク 小さじ2
オリーブオイル 50ccほど
塩麹 大さじ1
レモン汁 1/2個分
お塩 適宜

(作り方)
1 パスタ用のお湯を沸かします。
2 鶏ささみを細く切り塩麹とよくあえます。
3 トマトに十の字の切り目をいれ、1へ10秒ほどいれます。
4 トマトの皮をむき(湯むき)ざく切りにします。
5 水菜はあらって、5cmほどに切っておきます。
6 パスタ用のお湯がわくのを待ちます。
7 パスタを茹で始めます。
8 フライパンにオリーブオイルと刻みニンニクをいれ、火にかけます。
9 鶏ささみを塩麹ごといれて炒めます。
10 トマトをいれて、ゆであがったパスタをいれます。
11 水菜をいれて、レモン汁と塩で味を整えて完成です♪

パスタはタイミングがすべて!
タイミング良くちゃちゃっと。
このパスタの場合は、トマトと水菜の火の通り具合がポイント056.gif

トマトは、火が軽く入った方が、甘さが増し、
水分が飛ぶことで、うまみもUP049.gif
さらに、少し煮くずれることで、パスタによく絡みます。
でも、ほんの少し形&食感を残したい。

水菜も、軽く火が通っていた方が、
エグミや苦みが和らぎ食べやすくなりますよね。
でも、あのシャッキリした食感は残したいですよね。

さて、塩麹ですが、
すごい!これ、使えますね!!
何か変わる?と半信半疑でしたが。

まず、鶏ささみの口当たりが柔らかい011.gif
そして、下味がとてもいい具合につきました011.gif

何も言わずに子供達にだしたのですが、
娘が一口たべて、
「今まで食べたお肉のなかで一番美味しい!何これ?」
と聞いてきたので、ビックリ072.gif

いやいや、やるな!塩麹。

今朝、調子にのって、塩麹でもう1品。
f0208017_1013172.jpg

牛肉をまたも塩麹であえて、
スティックブロッコリーと炒めてみました。
これは、全くの他の調味料いらず。
塩いためとも、中華風の炒め物とも違うおかずが出来ました。

簡単に使えるのはいいですね♪

それでは、ちょっとステップアップして、
まぶす&あえる以外の塩麹レシピに
次は挑戦してみたいと思います。

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


by casalingaA | 2012-03-13 10:19 | ITALIAN
1月7日。
1年間の無病息災を願いながら七草粥を頂く日。

しかしながら、おかゆが嫌いな子供達。
でも、食べてもらいたい。

というわけで、リゾットにしてみました♪

f0208017_20323970.jpg

普段、玄米生活なので、まずは、いつもの玄米を精米して白米に。
家庭用の精米機なので、いまいち白さが足りませんが、いつものお米よりは十分に白い072.gif
玄米で2合分精米したので、白米ではそれ以下の量です。

ブイヨンキューブを溶かしてスープを1.5リットル準備。
七草は、パックで売っているものを3パックつかいました。

ニンニクひとかけを、オリーブオイルでいため、ざくざく切った七草をいためます。
その後、洗った白米をいため、油が行き渡ったところでブイヨンを足しながら、煮ていきます。
今回は日本のお米を使っているので、とにかくかき混ぜない様にかき混ぜない様に♪
ねばってしまいますからね。

ご飯が程よい固さになるまで、ブイヨンスープを加えては、様子を見てを、繰り返していきます。

本来ならば、仕上にバターを足すのですが、さっぱりと仕上げたいので、バターはなし。
パルミジャーノレッジャーノだけをたっぷり加えて出来上がりです。

f0208017_20324269.jpg

ローストチキン&ベジタブルと。
f0208017_20324426.jpg

ポン酢をちょっぴりたらしていただくと、とってもいい感じ011.gif

本来ならば、朝食時に頂くべき七草粥ですが、家族がそろう夕食でいただきました。
あ、しかもリゾットだし。

ご利益あるかしら?

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


by casalingaA | 2012-01-08 20:46 | ITALIAN
f0208017_9491789.jpg

カラダに優しそうなパスタでしょ?

ミートボールみたいだけど、鶏ソーセージと呼んでます。
バルク(ソーセージの中身)のつもりなの。

作り方は、鶏胸肉一枚と食パン8枚切り1枚、卵1つ、ガーリックソルト、ドライセージをまとまるまでフードプロセッサーにかけます。

沸かしたお湯にお団子状にして落とし、千切りの白菜&玉ねぎと一緒に煮込みます。コンソメで味付けしたら豆乳を加えて出来上がり♪

少し細めのパスタ(フェデリーニとか)と相性GOOD049.gif

実はフェデリーニは、パスタ好きダイエッターの強い見方。
細い分いつもより少しの量でも見た目は同じ♪
茹で上げ時間も5分そこそこ。だから主人の分だけ後から作る時も、手軽です。

さぁ、これから走りに行ってきます!

走った日のひとりごと・・・。
by casalingaa | 2011-11-02 09:33 | ITALIAN
f0208017_1485814.jpg

夏の日の夜ごはん。

具沢山パスタサラダ
f0208017_149244.jpg

と、

レモンチキン
f0208017_149694.jpg



そして、
ゴーヤのピクルス
f0208017_1485289.jpg


パスタサラダは、
なす、オクラ、トマト、モッツアレラチーズ、バジルを、
オリーブオイル、ホワイトバルサミコ酢、塩、コショウであえた
シンプルなサラダ。

なすは、揚げずに、片栗粉をまぶしてゆでました。
手間と、カロリーをオフ♪

パスタは、その形の可愛さに思わず買ってしまったかぼちゃのショートパスタ。
ここのパスタはほんとうに大好きで、つい買ってしまいます。
(わたしは、いつもは、DEAN & DELUCAか、そごう大宮で買っています。)

レモンチキンは、
ささみを開いて平らにしたものを、オリーブオイルと塩こしょうでソテー。
7割くらい火が通ったところで、白ワインを多めにいれて、おろしニンニクとパセリを入れて蒸し焼きに。

最後にレモン汁をまわしかけて、できあがり。

ほんとうは、チキンに軽く小麦粉をはたくことによって、ソースにとろみがつくのですが、
面倒だったので、仕上がったチキンをお皿に移した後に、
「とろみちゃん」(顆粒片栗粉)を直接いれて、とろみつけちゃいました。

レモンの酸味で、さっぱり♪

気づいてないとおもうわ。
私以外の家族は。
小麦粉と片栗粉の違いに037.gif

お供は白ワインで。
ゴーヤのピクルスが、おつまみ。ヘルシーですね。

お酒は、最近、毎晩グラスでいただくことになってます。
ワインもそうですが、最近おうちカクテルに凝っていて、ついに、シェーカー買ってしまいました。
使えるのかな、わたし。

あ、炭水化物控えめの夜ごはんがコンセプトなんですよ。
というわけでパスタサラダのパスタもちょっと少なめにしてみましたよ。
バゲットもなしです。


by casalingaA | 2011-08-26 14:23 | ITALIAN
f0208017_17131263.jpg

6月最後の週末に、大学時代の友人達と京都にいってきました♪
暑い暑い058.gif週末でしたが、楽しかった!
初夏の京都も、いいですね〜。

宿のほかは、何も決めずにふらりふらりと。
予定はその都度、ホテルのコンシェルジュと相談して、決めるみたいな、ゆる〜い旅。

気心の知れた女友達との旅だからこそですね。

大好きなお店、『京野菜 かね松』では、旬の京野菜を買いました。
帰宅にあわせて配送をお願いしました。

帰宅後、さっそく、「伏見とうがらし」を使ってパスタを作ってみました。
f0208017_17131797.jpg


「伏見とうがらし」は、とうがらしと、いう名前がついていますが、全く辛みはありません。
ししとうや、ピーマンと同じ仲間らしいのですが、ししとうのような辛みはなく、ピーマンのような青臭さもありません。

美味しい夏野菜です。

といっても、子供達は、苦手なようなので、大人用に。

サーモンと、小ネギを使ったペペロンチーノを作り、
その上から強火でさっと焼いた伏見とうがらしをトッピングしました。

そして、丹波産黒豆の枝豆。
贅沢な枝豆です。

こちらは、私が帰宅する前に、主人が茹でておいてくれました。
(はじめて枝豆をゆでることになった主人はインターネットで茹で方を調べたみたいです006.gif

味の濃い、ほんとうに美味しい枝豆でした。
(写真取り忘れちゃいました。みかけは普通の枝豆です。)

ビールが美味しかったです068.gif

今回かね松で購入した「伏見とうがらし」や「万願寺唐辛子」は、最近は関東のスーパーマーケットでも見かける様になりました。

でも、ちょっと違うんですよね。

味が薄く感じます。

やっぱり京都で買わないと?

あと、「かね松」の店員さん達はみなさんほんとうに、お野菜についての知識が豊富で、お話させていただくだけで、訪れたかいがあったと、毎回思います。

「かね松」のお野菜が、普通の八百屋さんで買うよりも高いのは確か。
でも、野菜についての知識をわけていただく分と思って、私は、それでも「かね松」に行ってしまいます。

今回は、着物で訪ねたからか、お店の方々に、京都のひとと間違われてて、なんだかうれしかったです。

ところで「かね松」のある京都の錦市場は、食いしん坊の私にとってはパラダイス♪

必ず訪れるお店は、「かね松」と「有次」。

「有次」は、刃物のお店です。
今回は包丁は買わなかったのですが、前回こちらで出刃包丁を購入したときには、その場で名前を入れてもらうことができました。
包丁だけでなく、いろいろな抜き型や、お鍋、調理小物が売っていて、とても楽しい場所です。
こちらも、店員さんがとても豊富な知識をお持ちで、話をするのもとても楽しいです。

子供達の期末スケジュールで、ばたばたしていて、ゆっくり振り返ることすらままなってない今回の京都旅行でしたが、京都ってほんとうに、いつ訪れても良い場所ですね♪

日本人で良かった012.gifとつくづく思いました。

来年もまた、どこか旅した〜ぁい。
友よ、来年もよろしくおつきあいくださいませ♪
by casalingaa | 2011-07-06 17:44 | ITALIAN
f0208017_1513142.jpg

野菜づくしのディナー♪
バーニャカウダ、
山菜とハーブの天ぷら。

お家でバーニャカウダソースを作ってみよう♪
でも、手間がかかる&面倒なのはいや。

ということで、考えついたのが、このお手軽バーニャカウダソース。
f0208017_1513313.jpg


材料は、
にんにく 5かけ
アンチョビ 10フィレ
オリーブオイル 60ccほど
生クリーム 100cc

作り方
1 にんにくは2かけをおろしにんにくに。3かけを、包丁の腹でつぶしてからみじん切りにします。
2 鍋に、1のにんにくと、アンチョビ、オリーブオイルをいれてまぜながら火にかけます。
3 アンチョビがとけ、ニンニクに火が通ったら、生クリームをいれます。
4 絶えずかき混ぜながら少し煮込みます。
完成♪

塩味が薄いときはアンチョビをたし、
濃いときは、生クリーム(牛乳)を足します。

これを作るにあたり、いろいろなレシピを見比べたのですが、
ニンニクを牛乳で1時間煮込む。
とか、
裏ごす。
とか、

気軽に出来るものがなかった。
ので、それっぽくアレンジしたものでつくったのですが、

それでも美味しく出来ました♪

アンチョビの種類(ブランド)によって塩味が違ってくるので、そのあたりはお味見をしながら調整してくださいね。

この日、つけあわせたのは、
蒸した人参、エリンギ、小松菜、アスパラガス、ブロッコリー
f0208017_1513078.jpg

ちょっとみえているのは、味噌ディップ。
子供達はお野菜をこれやケチャップと一緒に食べていました♪

生野菜で、エンダイブ、トマト、キュウリ、かぶ
f0208017_1513053.jpg


それから子供達用に、じゃがいもと鶏胸肉も蒸しました。
f0208017_1513876.jpg


ちなみに、蒸すお仕事は、ぜ〜んぶティファールのスチーマーにおまかせ。
一度にたくさん蒸せるうえに電気式なのでラクチンでした。

さて、いろいろソースにディップして食べ比べてみたところ、
このソースは生野菜との相性が一番ということがわかりました。

主人が、バーニャカウダポットも買おうか?と、提案してくれたので、
早速買って参りました。
f0208017_15131117.jpg

昨晩は、春キャベツ、スナップエンドウ、キュウリ、大根と一緒にいただきました。

ポットがあると、最後までソースが熱々でした。

もう、あっというまにお野菜がなくなります。

本当は冬メニューなバーニャカウダですが、我が家ではしばらく定番となりそうです。


追伸
我が家の庭で、フレンチパセリがすご〜く繁殖しています。
どうしようか〜と思って山菜の天ぷらをつくるときに、一緒に天ぷらにしてみたら、これがすごく美味しい011.gif
強い香りや苦みがどこえやら。
ほんのり香るパセリのかおりと、パリッパリの食感がとても良かった049.gif
ならば、と、冷蔵庫に残っていたフレッシュバジルも茎ごと揚げてみました。
こちらもほんのり香る美味しい天ぷらになりましたよ〜。


by casalingaa | 2011-05-15 15:37 | ITALIAN