カテゴリ:冷たいお菓子( 12 )



今日は「イチゴの日」
なのでデザートもイチゴにしてみたのだけど・・・

フレッシュなイチゴをたくさん頂いたので、
贅沢なムース作ってみました。

f0208017_23191494.jpg
イチゴだけだと風味が少し足りないかも?
と思い冷凍ラズベリーも足してみました。

卵を使わず、
イチゴ/ラズベリーの他には、
ゼラチン、グラニュー糖、生クリームのみのシンプルなムースです。

グラスデザート風にWECKに入れて冷やすので、
ギリギリのゆるさのゼラチン量で。

子ども達はフィンガービスケットですくって食べてました011.gif

ところで今日は「イチゴの日」
「苺の日」は1月15日なんだって。
違うの?今日は?
高校受験を控えた15歳(イチゴ世代)の若者を応援する日なんですって!
すっかり誤解してましたよ。
でもこの時期、受験生を応援というなら
12歳の中学受験生じゃない?!


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




ようやく梅雨らしいお天気057.gif
毎日晴れてくれるのは嬉しいんだけど、
やっぱり梅雨に雨降らないと、いろいろ心配しちゃいます056.gif

じめっと空気が重たいときは、
ひんやりつるりとしたジュレでおやつタイム♪

『枇杷のジュレ』
f0208017_954508.jpg


繊細な枇杷の香りと甘味を損なうことのない様に、
ギリギリまで押さえたお砂糖。

結果、とってもフレッシュで爽やかなジュレができあがりました♪

<レシピ(4人分)>
枇杷 2パック(12〜14個分)
レモン汁 1個分
グランマニエ 大さじ1

アガーパウダー 15g
グラニュー糖 50g

水 500cc


=作り方=
1 枇杷を縦半分にカットし、皮をむき、中の種と渋皮を取り除きます。
そして、すぐにレモン汁とグランマニエをまぶしておきます。
(すぐに茶色く変色してしまいますので)

このジュレの最大のポイントがココ。
とにかく手早く!
皮を剥き、レモン汁をまぶすことです。

2 鍋に、水をいれ火にかけ、よく混ぜ合わせたアガーパウダーとグラニュー糖をいれて溶かします。
ふつふつしてきたら、1の枇杷を全部(出てきた汁も)いれてかき混ぜます。

ぐらぐら煮立たせると、灰汁がでたり、ゼリー液が濁ってしまいます。

3 火をとめて、あら熱がとれるまでそのままにしておきます。
あら熱がとれたら、器にいれて、冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

f0208017_9544886.jpg

さっぱり072.gif美味しい

レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



f0208017_16231590.jpg

シンガポールで毎日毎食飽きることなく、トロピカルフルーツを食べ続けた私011.gif
あ〜、はやくも禁断症状。

見かけるとつい、買ってしまいます。
今日も、COSTCOでマンゴー買ってきました♪

ところで、ライチ味のデザートは、本当にはずれがなかったシンガポール。
ライチのソルベ、キャンディー、ジュース、クッキー、などなど。
こんなにバリエーションがあるんだぁと、新しい発見でもありました。

お家でもつくってみよう♪
そう思ったのは、cuocaさんのサイトで、ライチシロップと、ライチピューレを発見したから。

さっそくムース仕立ての、『ライチプリン』作ってみました。


=レシピ(カップ6個分くらい)=
ライチピューレ 120g
グラニュー糖 40g
板ゼラチン 6g(マルハニチロのゼラチンリーフ4枚使用)
生クリーム 200cc(35%のもの)
牛乳 200cc
ライチシロップ 少々

(飾り用)ライチのシロップ漬け(缶詰のもの) 少々
ライチシロップ、または、ライチリキュール(DITA使いました)


作り方
1 板ゼラチンをたっぷりの水でふやかしておきます。
2 3分の1量のライチピューレと、グラニュー糖、1のゼラチンを小鍋にいれ、火にかけゼラチンとグラニュー糖を溶かします。
3 2のあら熱をとってから、残りのライチピューレと、牛乳を加え混ぜます。
4 生クリームを8分だてにし、3と混ぜ合わせます。あればライチシロップも少々加えます。
5 氷水をあてて、とろみがついたら、器に流し冷蔵庫にいれます。
6 固まったら、ライチの実をのせ、ライチシロップまたは、リキュールをかけて出来上がりです。

ライチは、乳製品とも相性がいいんだなぁ、てちょっと発見でした。
ババロアとかムースのようなんですけど、とっても爽やかな味&香り。
暑いとき058.gifにはぴったりです049.gif

上品な香りと甘さは、お持たせにも向いているかも。
フレッシュなライチはつかってないので(残念ながら)、いつでも思いついたら作れるし♪

f0208017_16231159.jpg

ちなみにこちら↓は、シンガポールで食べた杏仁豆腐。
ライチが入っていてすご〜く爽やかな上品なお味。
スパイシーなもの(チリクラブ)をたべた後だったので、さっぱり♪
f0208017_16504647.jpg



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪

よろしくお願いいたします053.gif

『夏休み子供達と一緒につくるおやつ♪』第2弾011.gif
『懐かしい味056.gifみかんゼリー』
f0208017_15502149.jpg


=レシピ=
(材料)
オレンジジュース 1缶
みかんの缶詰 1缶
粉ゼラチン 1袋(5g)

(作り方)
1 オレンジジュース50ccに粉ゼラチンをふり入れてしとらせます。
2 残りのジュースにみかんの缶詰のジュースを足して250ccにします。
3 1を電子レンジ(500W)で30秒温めます。
4 3に2のジュースを足します。
5 缶詰のみかんをプリンカップに入れて、4のゼリー液を流し入れます。
6 冷蔵庫で冷やし固めてできあがり♪
f0208017_15505646.jpg




今日も混ぜるだけ♪の簡単レシピ。
さすがに簡単すぎて、娘はちょっと物足りなさそうでしたけど。

これは、ガスもオーブンも使わないので、子供だけで挑戦するにはいいかも。

ジュースはお中元でいただいたセットから。
まだまだいろいろな種類のジュースがあるよ。
こんどは、子供達にまかせてみようかな。


今日も暑い058.gifですね042.gif

こんな日は、やっぱり冷たいおやつが、気分です072.gif

ちょっぴりアジアな冷たいおやつ。

『タピオカ入りココナッツ汁粉』
f0208017_17164653.jpg



=レシピ=
材料

ココナッツミルク(140ml)  1缶
牛乳 50cc
茹で小豆 100gほど(お好みで)

ミニタピオカ お好きな量を。

アイスクリーム お好みのものをお好みで。


作り方
1 ココナッツミルク、牛乳を小鍋にいれ、沸騰直前まで温めます。
2 1のあら熱がとれたら、茹で小豆をいれて混ぜます。
3 2を冷やしておきます。
4 鍋にお湯を沸かし、ミニタピオカが透き通るまでゆでます。
5 ミニタピオカをざるにとり、流水でひやします。
6 器に、3をいれ、アイスクリームをのせ、タピオカをのせてできあがり♪


今回、アイスクリームは、ハーゲンダッツの「抹茶のクッキー&クリーム」を使いました。
ココナッツミルク&小豆&抹茶のとっても美味しいコラボレーションです011.gif

このアイスクリームの中に入っているクッキーは、塩味がきいていて、とっても良いアクセントなりました!

暑い夏にはやっぱりエスニックな気分♪


暑い058.gifですね!
でも、これくらいのギラギラした058.gif大好き053.gif

だから今日のおやつは今年初のホームメードアイス。
『豆乳バナナアイスクリーム』
f0208017_18123878.jpg


スターバックスのソイラテは、好きじゃない。
でも、ちょっと前に、「ソイ フラペチーノ」をテイスティングさせてもらったときに、これはアリかもって、思ったんですよね♪
アイスならいけるかも。って、そのとき思いましたっけ。

先日、本屋さんで見かけて思わず買ってしまったレシピ本
「豆乳でつくるアイスって、こんなにおいしかったんだ! 」
f0208017_18292615.jpg

タイムリーでした!

さっそく参考にさせていただき、私なりのレシピで作ったのが、上の写真、『豆乳バナナアイスクリーム』です。

レシピは、
=材料=
生クリーム 100cc
グラニュー糖 60g
塩 少々
豆乳 300cc
バナナ 3本
ラム酒 大さじ1

=作り方=
1 生クリーム、グラニュー糖、塩を入れてしっかりと泡立てる。
2 バナナをつぶして、豆乳、ラム酒と混ぜ合わせる。
3 すべてを一緒にまぜあわせて、アイスクリームメーカへ。
できあがり。

普通のアイスクリームを作るよりも、すご〜く簡単だし、本当にちゃんと作れるのかドキドキしましたが、大成功♪

これなら、手軽だし、リピートしたい!

脂肪分がすくないため、冷凍庫で保管していると、クリーミーというよりは、しゃりしゃりな感じで、アイスクリームスクープで、キレイに器に盛れません。
でも、美味しい!
さっぱりと。

だからか、バナナの味もラムの香りも堪能できます。

次は、なに味で作ろうっかな?


f0208017_11164115.jpg

横浜市内の海近くから、埼玉県北部の田舎まちへと、引っ越した主人の叔父叔母を訪ねました。
都会から田舎へ。
定年後のライフスタイルの選択です。参考にさせていただいてます♪

新築したばかりのお家の前には、おじさまの家庭菜園。
菜園というか、もう立派な畑。

もともと叔父叔母宅には、年に数回おじゃまする間柄。
これから、訪れる回数もぐっと増えそうな、埼玉県北部。

私にとっては全く未知の場所なので、これからもっとリサーチしてみたいと思います。
ここまでくると、軽井沢行きたくなっちゃいますけど。

今回の訪問では、帰り道、農協がやっているマーケットに寄ってきました。

とにかく新鮮な野菜!果物!花!
びっくりしました。その鮮度と価格に。

↑のいちごもそこでGETしました。
これだけはいって、500円。ワンコインです。

完熟したのを摘んできてそのまま、な感じなのでと〜っても甘い011.gif
でも日持ちはしないぞ!

というわけで、いちごづくし。

その日の晩は、そのままフレッシュないちごを堪能し、

翌朝は、お砂糖をちょっとふりかけて湯煎にかけたフレッシュなコンポートを、
パンケーキにたっぷりかけて。
f0208017_11164588.jpg


さらに、その晩のデザートには、
たっぷりいちごのゼリーをつくってみました。
f0208017_11164684.jpg

フレッシュないちごの甘さや風味を生かすために、
加熱は最小限に。
f0208017_11165277.jpg

(相変わらず、日が暮れてからの写真は難しい。我が家が暗すぎるから?)
ごろごろいちごが入っています。

いちごの花にみたてて、白いエディブルフラワーとミントでデコレーション。

このまま食べても美味しかったですが、白ワインの中に、クラッシュゼリーをいれた特製ドリンクもかなりGOOD049.gifでした。

それでも、まだあるいちご。
残りで、贅沢なストロベリーシロップを仕込んでいます。

こちらは、あと3日ほどで完成かな?
完成したら、こちらで報告させていただきますね。

いちごだけでなく、お花や、お野菜もどっさり買い込んで帰ってきました。
軽井沢から戻ってきてからというもの、なんちゃってベジタリアンな毎日です♪


f0208017_15235486.jpg

ようやくお気に入りの味で作ることができるようになりました!
ティラミス!!

レシピはコチラ。
=====材料=====
=チーズクリーム=
卵黄 2個分
粉糖 50g

マスカルポーネチーズ 250g
ラム酒 40ml

生クリーム(脂肪分47%のもの) 200cc

ビスキュイ 1袋

=エスプレッソ液=
エスプレッソ 400cc
グランマニエ 大さじ2
グラニュー糖 大さじ2

ココアパウダー 適宜

=====作り方=====
1 卵黄と粉糖をよく混ぜる。
2 1に、マスカルポーネチーズとラム酒を混ぜる。
3 生クリームを泡立て、2と同じくらいのとろみにする。
4 エスプレッソに、グランマニエとグラニュー糖をいれ混ぜる。
5 冷めたエスプレッソ液にひたしたビスキュイ→チーズクリーム→ココアパウダーと重ねる。
6 5の作業を繰り返し、最後にココアパウダーをふって冷蔵庫へ。
7 冷蔵庫でしっかりおちつかせたら、完成ですよ♪

f0208017_15235929.jpg

今日、幼稚園ママとのランチ会に持っていきました。
なかなか好評で、うれしかったです012.gif
(Aちゃん、Mちゃん、Eちゃんありがとね〜。)

ほのかに香るグランマニエと、しっかり主張するラム酒風味のチーズクリーム。
そして、エスプレッソと、ココアのほろ苦さ。
大人のデザートです♪

※掲載写真は、ちょっと前につくったときのものです。

カルピスをずいぶん久しぶりに買いました。
5年ほど前に一度いただいたことがありますが、自分で買ってきたのは・・・。
もしかしたら、はじめてかも。
キッチンに置いておいたら、主人に、「これど〜したの?!」と、驚かれました。

パッケージによると、『5倍希釈』
でも、私は、もっと、濃いめが好き011.gif

今回は、子供達のおやつに、『カルピスゼリー』をつくってみました。
私好みの、濃い〜ゼリーですけど。

パイナップルをのせて、南国テイストに♪

f0208017_16521259.jpg

=レシピ=
(材料)
粉ゼラチン 5g(1袋)
水 200cc+20cc
カルピス 170cc

冷凍パインアップル 適宜
グラニュー糖 適宜
(作り方)
1 水20ccに粉ゼラチンをふり入れて、ふやかしておきます。
2 水200ccと、カルピスを鍋にいれて火にかけます。
3 2が温まってきたら、1をいれ、完全に溶かします。
4 器にいれて冷やし固めます。
5 パイナップルにグラニュー糖をまぶして、解凍します。
6 固まったゼリーの上に、パイナップルをのせて出来上がりです♪

久しぶりのカルピス。
あっという間に無くなってしまいました。


f0208017_11392417.jpg

残暑の厳しいこのごろ042.gif
ごまパワー066.gifで夏バテ解消!

抹茶ソースで、苦みをプラスして、後味もさっぱり♪

=レシピ(プリンカップ5個分)=
〜材料〜
牛乳 300cc
生クリーム 150cc
グラニュー糖 60g
練りごま 50g
粉ゼラチン 8g
※練りごまは、10gずつ分包されているタイプのものを使うと、計量いらずでお手軽ですよ。

〜作り方〜
1 ゼラチン以外の材料を小鍋にいれて、沸騰させない様に温める。
2 1の鍋が沸騰直前になったら、火をとめて、粉ゼラチンをふり入れる。
3 氷水にあてて、とろみがつくまで冷やしたら、器にいれて冷蔵庫で冷やし固める。

抹茶ソースは、抹茶大さじ1と砂糖小さじ2をまぜ、お湯大さじ2をすこしずつ足しながら、溶かして出来上がりです。
f0208017_11391714.jpg

ごま特有のねっとりした感じもありますが、ゼラチンのほどよい口溶け感で、するっと入っていきます♪